【後編】東京大学大学院理学系研究科教授 三河内 岳先生

共同研究を行っているNASAのポスターなどが貼られた三河内研究室(鉱物研究室)の入り口。
共同研究を行っているNASAのポスターなどが貼られた三河内研究室(鉱物研究室)の入り口。

inter-edu’s eye
「地球も含む太陽系の惑星の起源を解明する」という壮大なテーマの研究に取り組んでいる三河内研究室。前編では、その研究内容についてお話をうかがいました。後編では、見学させていただいた分析装置や、貴重な試料などについて、その一部をご紹介。また、三河内先生と学生の皆さんが地球惑星科学という学問にたどり着くまでの経緯とあわせて、これから大学進学を考える皆さんへのメッセージをいただきました。

東大キャンパス内で、研究室と実験室を行き交う毎日

研究室の電気炉。
研究室の電気炉。

インターエデュ(以下、エデュ):普段の皆さんの研究活動は、それぞれに割り当てられた研究室で分析や実験の結果のまとめや考察、そのための実験を実験室の装置で行っているということなのでしょうか。

三河内岳先生(以下、三河内):そうですね。例えばこの電気炉では、先端に隕石をくくりつけ、1,000℃以上の高熱を加えて組成を調べるような実験を行います。

先端にあるのは隕石。
先端にあるのは隕石。
実験のようす。
実験のようす。
加熱ステージ付偏光顕微鏡
加熱ステージ付偏光顕微鏡

識名さん(以下、識名):こちらは加熱ステージ付偏光顕微鏡です。隕石や岩石の薄片を拡大して観察することができます。

エデュ:「はくへん」とは何ですか?

阿部さん(以下、阿部):このように、切断した岩石や隕石のカケラを、スライドガラスに貼りつけて、紙1枚ほどの厚みまで薄くしたものです。

阿部さんが見せてくださった薄片(はくへん)。
阿部さんが見せてくださった薄片(はくへん)。
スライドガラスに貼りつけられています。
スライドガラスに貼りつけられています。

識名:下のステージを回転させて、少しずつ角度を変えながら組織を観察します。これは探査機アポロによって月面から持ち帰られた石なのですが、観察するといろいろなことがわかります。見てみてください。

観察できるように調整してくださいました。
観察できるように調整してくださいました。
顕微鏡を覗くと想像を超えたものが!
顕微鏡を覗くと想像を超えたものが!

エデュ:すごく綺麗ですね!

大野さん(以下、大野):実験装置はこの建物にもありますし、理学部の実験室も使っています。ときにはここにある隕石などを空気に触れないように密閉して、歩いて7分の理学部の実験室に持っていくというようなこともあります。

1gあたり5,000円くらいの価値がある貴重なもの。
1gあたり5,000円くらいの価値がある貴重なもの。
大気圏突入の名残を見ることができます。
大気圏突入の名残を見ることができます。

三河内:この隕石は、1969年にメキシコに落下した「Allende(アエンデ)」という隕石です。普段は真空状態にして保存しています。およそ45億6,700万年前、太陽系が生まれた頃にできたものだということがわかっています。

林さん(以下、林):小惑星帯のどこかから飛来した隕石です。表面が沸騰したような凹凸状になっていますよね。これが隕石の特徴のひとつで、大気圏への突入時に融けた名残です。

三河内:本学総合研究博物館には、他にも膨大な研究資料があります。耐震工事と臨時休館が終了したら、ぜひ多くの皆さんに足を運んでもらいたいです。(2019年3月7日取材)

エデュ:こんな貴重なものを自分の目で見ることができたら、本当に知的好奇心が刺激されますね。そこから興味を深め、自分がやりたい学問分野を見つけていけたら最高だと思います。

東大教授への原点は小学校時代に

論文指導中の三河内先生。
論文指導中の三河内先生。

エデュ:さて、三河内先生が、地球惑星科学の研究職に就かれるまでの経緯を教えてください。

三河内:もともと星を見るのは大好きでしたが、その最初のきっかけは何だったろう?と考えると、小学生のときの体験が大きいと思います。

実は僕の父は医師なのですが、僕が小3の時に半年間、仕事でアメリカに行くことがあったのです。その最後の2か月間だけ、家族でアメリカに渡って父と合流したんですね。滞在期間中に、NASAのあるヒューストンにも行きました。ちょうど、初めてスペースシャトルが宇宙に打ち上がるというタイミングでした。

その当時、初の日系人宇宙飛行士のエリソン・オニヅカという人がいたのですが、この人の奥さんと僕の母が知り合いだったらしく、オニヅカさんがNASAの中を案内してくださるという、本当に貴重な体験ができたんです。月の石も、展示の裏側から、見せてもらいました。

その時の僕は9歳か10歳だったと思うんですが、子ども心に「NASA、スッゲー!」「大きくなったら僕もNASAで研究する人になってやる!」と、ものすごく憧れましたね。

それ以来、星を見るのはずっと好きでした。でも他にも興味のあることはあって、石も好きだし、化石を掘るのも好きだし……と、何か一つに絞り切れてはいませんでした。

そんな僕のもう一つの転機は高校1年生のときに訪れました。伊豆大島の三原山が大噴火したのです。テレビに映る火山の噴火。自然の脅威と、地球という惑星のものすごい力に圧倒されました。そして、ニュース映像には、噴煙をあげる危険な噴火の現場に向かっていく研究者たちの姿。そのヘルメットには「東大地震研究所」という文字が。「この人たちはすごい!」と。

それで東大に入ったのですが、1、2年生の頃は天文部にどっぷりでしたね。「学部は?」と尋ねられて「天文部〜」と答えるくらい。

ご存知のように、東大では3年進級時に進む学部を決めます。宇宙のことも火山のことも化石のこともできるということで、僕は迷わず理学部地学科を選びました。今の地球惑星環境学科に当たります。

このとき、隕石の研究者に、たまたま同じ岡山県出身の武田弘先生(現・東京大学名誉教授)という方がいらっしゃって、NASAと月の石についての共同研究をしていたのです! その方に師事し、大学院時代には僕自身も研究でNASAへ行けました。また、それ以来今でもずっと研究や仕事でNASAとは関わりがあります。

少年時代の夢を叶えることができたことになりますね。

エデュ:原体験となるような出来事をずっと追いかけて来られたのですね。

好きなことを突き詰めれば道は拓ける

談笑する4人のようすから、仲の良さが伝わってきました。
談笑する4人のようすから、仲の良さが伝わってきました。

エデュ:大学院生の皆さんにも、この学問を選ぶまでの道のりと、これから進路について考える中高生へ向けてのメッセージをお聞かせいただきたいです。

「『隕石って、宇宙から落ちてきてる! これだ〜!』と、気づいた瞬間、自分でも驚きました」と語る大野さん。
「『隕石って、宇宙から落ちてきてる! これだ〜!』と、気づいた瞬間、自分でも驚きました」と語る大野さん。

大野:私は、小さい頃から星が大好きで、よく親にプラネタリウムなどに連れて行ってもらっていました。うちの親は私に何かを押し付けるというようなこともなく、「やりたいことは自分で見つけなさい」という教育方針でした。

宇宙の研究がしたい!と思って、学部時代は物理学科で学んでいたのですが、「地球物理学」の授業で三河内先生との出会いがあり、隕石の研究をしたいと思うようになりました。

宇宙を手にとって調べることはできないですが、隕石なら実物を手にとって研究することができます。それがいちばんの魅力です。

これから進路を考える皆さんには、「自分がやりたいこと」を見つけることが大事だよ、と伝えたいですね。損得とかじゃなくて、自分が本当にやりたいことは何?って考えていけば、自ずと進むべき道も見えてくるのではないでしょうか。

林さんが抱えているのは、この大きさで25kg以上もある隕石。この日、展示用に貸し出していたものが戻ってきました。
林さんが抱えているのは、この大きさで25kg以上もある隕石。この日、展示用に貸し出していたものが戻ってきました。

:僕は小学生の頃からキレイな石が大好きで、近くで拾った石を集めたり、出身は岡山の倉敷なのですが、地元の博物館で「ステンドグラスを作ってみよう!」という名の、石で薄片を作らせてもらえるようなイベントに参加したりしていました。水晶や翡翠といったキレイな石から、だんだんと鉱物へと興味が移っていき、これを研究したくて東大理学部に進みました。大学に入ってからは、全国各地の石を収集、研究するように。

石の研究を深めることができる学問は鉱物学か地質学なのですが、より一つひとつの石そのものを深く研究できるのは鉱物学なので、この研究室を選びました。これからもずっと石の研究に邁進したいと思っています。

好きなことがあったら、それをとことん突き詰めていってください!

「修士課程の2年間、やりたい研究をやり尽くして楽しかったです!」と話す識名さん。
「修士課程の2年間、やりたい研究をやり尽くして楽しかったです!」と話す識名さん。

識名:私は、元々は自然全般に興味があったんです。博物館に行って、「キレイだな〜」って飽きずに石を眺めたり、星を見たり。植物も好きでした。

自然界のすべてが興味の対象だったので、自然界の基本になるのは何だろう?と考えた結果として宇宙物理を選んだのですが、そこで、理論よりは実際の物に興味がある自分に気づきました。そんな時に、三河内先生の講義で隕石研究の魅力に目覚め、今に至ります。

高校生ぐらいで進路を決めるときって、どうしても将来の就職に強いとか、周囲の大人の勧めとかが気になってしまうと思います。でも、受験勉強でも、大学に入った後の勉強でも、大変なことはたくさんあります。そんな時に、自分が本当にやりたいことじゃないと、挫けてしまうんじゃないかと思います。「自分がやりたいこと」を見つけて、頑張ってください。

「野球をやっていた頃のことを思い出すと、今でも『楽しかったな〜』と心から幸せな気持ちになるんです」と笑顔の阿部さん。
「野球をやっていた頃のことを思い出すと、今でも『楽しかったな〜』と心から幸せな気持ちになるんです」と笑顔の阿部さん。

阿部:実は僕は、小学校の時は一切勉強をせず、野球ばっかりやっていました。5年間、ショートのポジションで、本当に野球に熱中して。当時、活字は大嫌いだったのですが、野球の本だけはしっかり読む、みたいな感じで。

理学部に進学したいと思って勉強を始めたとき、全然関係ないはずの野球での経験がすごく活きていると感じました。

だから、熱中するものは勉強につながることじゃなくても構わないと思うんです。何かに熱中することができたら、集中力は身についています。そうしたら、「やるべき時」がきたら勉強にも絶対に熱中できるはずです!

エデュ:皆さん、好きなことを極めた子ども時代があって、その結果としての今なのですね。本日はありがとうございました。

終わりに…

三河内研究室の誰もが、子どもの頃、何かに夢中になり、それが今につながっていました。
子どもに原体験となりうるような体験をさせること、子どもが興味をもったことを応援すること、その大切さを改めて実感する取材となりました。

自分の夢を叶えた人は、輝いて見えるものですね。