みんなの中学受験満足度向上委員会

東大合格者数の高校ランキングに何故浪人を含めるの?

【4079405】東大合格者数の高校ランキングに何故浪人を含めるの?
を見ての感想です。

それぞれの学校がいろいろなカラーを持っていて、様々な特徴を持っているので、それを一本のものさしに乗せちゃうとかそんな(^^;;
無理なことに決まってるのですが、それでもやっぱり目安として何か指標がほしいってときに、
まぁいろんな考え方がありますが、指標として使いやすいものになるための条件って何でしょう?

・幅広い学校についてデータを得やすいこと
・直接比較しやすいこと
・知りたい「何か」になるべく近いこと

「東大」がランキングに使われやすいわけは、
東大が一番すばらしい大学だからではなく、
指標として優れているからです。

入るのが難しいといったって、東京芸大とか、東京医科歯科大とか、そういう一部の人しか目指さないものじゃ指標として使いにくいですね。東大ならいちおう理系文系揃ってる総合大学ですし…

早慶とかじゃ一人の人がいくつも合格稼いでわけわからんことになります。合格ではなく進学先についてのデータを出してくれる学校も限られていますので、重複を除くのはやっかいです。

現浪含めて東大合格者というのは、それやこれやで、安直に比較しやすい、使いやすい指標なのですね。

ところで今、あえて話を前後させて、「何を知るための指標なのか」を言わずに使いやすい指標といってしまいましたが(本来意味ない)
、こういうのって、何を知るための指標なんでしょうね…

このスレ主さんの疑問点は、このへんに起因しているものだと思います。この方が知りたいのはおそらく「高校が生徒たちを合格させる能力」みたいなもので、そしたら浪人入れたらわからなくなるということですね。

現浪含めて東大合格者数という指標が何を表しているかということを強いていえば、
そういう(ある程度勉強すれば東大に行けるという)素質のある生徒が何人いる学校か
を比べているという感じでしょうか。

別に学校の教育が優れているかどうかではなく、そういう子をどれだけ集めたかという話。
中高で伸びたのかということも問わないし、
学校で勉強したのか塾で勉強したのかも問わない。

もちろん、この指標も固有の歪みを持っています。

そういう素質をもった生徒のうち、実際には東大を目指さない生徒の率が高いと、この指標では低く出ます。

具体的にいえば、東京が遠い場合、浪人をしたがらない場合、価値観が多様な場合(笑)

まぁ指標なんてそんなもんです。

どういう指標を作っても、集計しにくいとか、わかりにくいとか、歪みがあるとか、なんだかんだあるものです。
限界をわかって見ないとえらく意味不明なことになります。

空飛ぶアンダンテ

三人の受験について書いていたブログ:
アンダンテのだんだんと中受日記
そのブログをまとめた本:
「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」ダイヤモンド社
2歳から高専受験まで、またろうのまったり成長の記録:
「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社

注目校の素顔(開成・麻布・武蔵・女子学院・豊島岡・鴎友・海城)

おおたとしまささんの著書で、「注目校の素顔」というシリーズがあります。

その紹介記事を書いたのが溜まっているのでインデックスを作りました。

私の手元にある本については全部書きましたが…
まぁたぶんお読みいただくとわかるように、好きな学校とそうでもない学校がありますので、熱の入り方は違います(笑)

01: 開成流の「自由」と、結果として東大合格する教育

02: 麻布の自由、JGの自由

03: 武蔵の「ゆとり教育」

04: 女子学院今昔: コンテンツの充実
女子学院今昔: 変わらないこと、その先へ

06: 「運針」と「礼拝」(豊島岡)

07: 伝統校のような新興校のような(鴎友)

08: 管理教育からの大転換(海城)

ともかく、シリーズ中、一定のフォーマットで多様な学校をスパッと切り、非常にわかりやすく比べやすいというか、
それぞれの学校の良いところが出ています。

基本的に悪いことは書いてませんが(取材させてもらう以上そうなる)でも、魅力として書かれていることでも、読む人によって、お好みのことと、そうでないことってのがどうしてもあると思うんですね。

人によって、ひかれる学校というのはけっこう違うものじゃないかなと思います。

空飛ぶアンダンテ

三人の受験について書いていたブログ:
アンダンテのだんだんと中受日記
そのブログをまとめた本:
「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」ダイヤモンド社
2歳から高専受験まで、またろうのまったり成長の記録:
「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社

ママブロガー募集

ママブロガー名:アンダンテ

中学受験で全落ちして公立中学に通うが、半年後の欠員募集によって女子学院に転入。大学受験では全勝し現役で東京大学理科二類に入学。同大学院修士卒。現在はメーカー勤務。
国語が苦手な次男、算数が苦手な長女の中学受験生活を綴ったブログ「アンダンテのだんだんと中受日記」は「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」(ダイヤモンド社) として出版された。