みんなの中学受験満足度向上委員会

秋近し 登り損ねた 天王山

受験生は夏が勝負、みたいなことをいわれて、
長時間の夏期講習、家にいる間もがんがん勉強、
そういうことをできた人も、できなかった人もいるでしょうが…

感触からいうと、夏にものすごい長時間勉強したのと、さぼっちゃったというのと、
秋に思ったほどの大差はついてない、
といったところではないかと思います。

こじろうが六年生のとき、夏は体調・気分ともダラ下がりで、長時間勉強どころか、
夏期講習さえ休みがちなまま終わってしまいました。

それなら秋に恐ろしいほど成績が急落するかっていうと、
秋の公開模試でもほとんど上下なく、年間平均どおりでした。

逆に、猛勉強を実行したからといって、目覚しく上がったという話はわりと稀で、
逆に急降下して親真っ青という話ならあったりします。

(もちろん、急降下といっても、たっぷり勉強したあげく「実力」が下がるわけはなく、たいていは単に疲れていてテスト結果が出せないだけなので、しばらく思い切ってペースダウンすれば戻りますけどね。つまり、さぼれば戻るんです。ココ重要)

別に、夏はさぼっちゃっていいなどと主張しているのではありません。
コンスタントに勉強できたのと、
だらんだらんになっちゃったのと、
何かは確実に違うはずなんです。

「実力」といっていいのか、特別ひっかかりなく解けたときの偏差値というものは、ひととおりの学習さえしてあれば、あとはわりと地頭で決まるというか、努力したからって天井知らずにいくものではないです。

でも、直近の数ヶ月で、コンスタントに勉強できていたかどうかというのは、広い意味での安定性につながると思います。

・苦手分野が出て焦ったとき
・どうしても結果を出す必要のあるテスト(含む本番入試)で緊張したとき
・体調が悪いとき
・気がかりなことがあるとき
・問題が難しくて手が付けにくかったとき
など、何かしら「アレッ」となったときに大崩れせずさっと戻せるかどうか。

ひらめかなくても地道に書いて整理する食いつきをみせられるかどうか、あるいは逆にこれは今はできないと見切りをつけて後回しにできるかどうか、そんなあたりに効いてくるんです。

だから、模試はともかく入試にそんな危うい「実力」で臨むわけにもいかないので、
夏にさぼっちゃった人は、
秋から地道に「裏打ち」していけばまぁまだ十分安定性を高められると思いますからがんばりましょう。

一番いいのは、さぼっちゃったり、だらだらやるんでもなく、がりがりやりすぎて(というか、親がやらせすぎて)疲れるのでもなく、無理ない範囲に決めた課題をきちんとこなして、「ちゃんとやれてる」感覚を積み重ねることです。

「天王山」もそんな感じで、平坦なちょっと遠回りな道を、堅調な足取りでたったったったっと小走りしてきたならば、
実力はじわっとアップで、
安定性もずっとよくなって、
理想的な状態になっていることでしょう。

わが家で二度目の中学受験、はなひめのときの六年生夏はまさにこんな感じでした。睡眠たっぷり、息抜きの時間もとって、決めた課題をたんたんとこなしていく。解いてる問題も基礎中心ですらすら、すらすらいくのをベースにたまに難問も鑑賞。夏が終わったときは、なんとなく、勉強がスムーズにいくようになったと感じましたし、模試の偏差値も自己ベストを出しました。

「天王山」ってほどでなくていいです。着実に。ここからもね。

空飛ぶアンダンテ

三人の受験について書いていたブログ:
アンダンテのだんだんと中受日記
そのブログをまとめた本:
「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」ダイヤモンド社
2歳から高専受験まで、またろうのまったり成長の記録:
「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ママブロガー募集

ママブロガー名:アンダンテ

中学受験で全落ちして公立中学に通うが、半年後の欠員募集によって女子学院に転入。大学受験では全勝し現役で東京大学理科二類に入学。同大学院修士卒。現在はメーカー勤務。
国語が苦手な次男、算数が苦手な長女の中学受験生活を綴ったブログ「アンダンテのだんだんと中受日記」は「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」(ダイヤモンド社) として出版された。