みんなの中学受験満足度向上委員会

付属校経由、進学校経由

今、中学受験でも大学付属が人気だと聞いて、まぁ~確かにこの状況ではね。。と思いました。

大学受験が、先行き不透明で…不安になって、それならどこか確保しておけるほうが、と思いますよね。

でも、確保する(選ぶ)ということは別の可能性を捨てるということでもありますし、やはり慎重に考えたほうがいいです。
つまり、〇〇大学付属に行くことで、〇〇大学には行きやすくなり、他の大学には行きにくくなるわけです。
(行けないわけではないけれども)

わが家の場合、三人の子どもが
・高専を出て大学編入
・系列大学へ内部進学
・進学校から一般受験
と、バラエティーに富んだコースを歩んでいます。

どれがいいかといっても…まぁそりゃ一概にはいえません…

振り返ってつらつら考えますに、なんだかんだいってそれぞれ非常に自分に合ったコースを歩んだとはいえると思います。

長男は、得意不得意の凸凹が激しいですから、それにピタリと合った高専というフィールドがあったことはとてもよかったですし、一般の大学受験にはあまり適性がない(不注意が服を着て歩いているようなキャラクター)ため、センター試験もなく設備のよい国立大学に行けたのはラッキーだったといえます。

次男は、三人の中では一番「受験」に適性があると思われますが、逆に、自分がやりたいこと(好きなこと)というのはハッキリせず、進学校に入れてしまうと「大学受験」だけで間が持ってしまって何がなんだか肝心なことがわからないまま大学生になる危険がありました。じっくり六年間過ごして、好きなこともみつけたし、自分に合っている学科も探し、人付き合いもこなれてから大学生になれたのはほんとうによかった。

娘は…大学受験(一般受験)に特に適性があると思ったわけではないけど、とにかく雰囲気ぴったりの女子校がみつかって六年間楽しそうだから入れてしまいました。確かにめいっぱい楽しそうでよかったけど…え、勉強は?? 間に合うの?? みたいなところからなんとか辻褄合わせた。結果オーライ(^^;;

この間、受験の資料をいろいろ捨てていて、河合塾発行のデータ本があったのでぱらぱら見てみたら、次男の進学したところと、娘の進学したところが、(次男は受験してないけど)大学受験偏差値上はピタリ一致で、笑ってしまいました。

結局、中学受験時に似たような成績だった場合、大学も似たようなレベル感に落ち着くことが多い、というごく「あるある」な状態に収まったわけです。それを考えれば、先(大学)のことはさておき、充実した六年間を過ごせそうなところをシンプルに選ぶのが吉といえるかもしれません。

空飛ぶアンダンテ

三人の受験について書いていたブログ:
アンダンテのだんだんと中受日記
そのブログをまとめた本:
「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」ダイヤモンド社
2歳から高専受験まで、またろうのまったり成長の記録:
「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ママブロガー名:アンダンテ

中学受験で全落ちして公立中学に通うが、半年後の欠員募集によって女子学院に転入。大学受験では全勝し現役で東京大学理科二類に入学。同大学院修士卒。現在はメーカー勤務。
国語が苦手な次男、算数が苦手な長女の中学受験生活を綴ったブログ「アンダンテのだんだんと中受日記」は「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」(ダイヤモンド社) として出版された。