こたつたま子の女子中高一貫校生活

ズバリ!6年生でかかったお金

 
転塾の際、大手の塾は全てまわりました。
パンフレットに月謝などが書かれていないことがあり、
たずねてみると、最初に2,30万円も払わなければならない塾があったのでおどろきました。
私にはわかりづらい料金体系の塾が多く、
正確な金額が知りたいと言っても、季節講習の金額はまだわからないと言われることがほとんどでした。
それでも 「大まかでもよいから」 とねばって教えてもらいました。
 
入会金、月謝、季節講座、志望校別講座、その他オプション、毎月の模試代。
施設費や事務費用か会費のようなものがある塾もありました。
それと 通塾日・授業時間/週 をざっと表にまとめました。
5月から1月までの9ヶ月でいくらかかるか計算してみて、
「軽自動車が買える!」と 改めて驚きました。
軽自動車だって、買うときにはよく吟味して買うはず。
塾もよく考えなきゃと思いました。
 
 
下記はそのときまとめたものを、私の分類で大体の金額で計算したものです。
 
 
  入塾時費用      月謝    季節講習・オプション     合計
(入塾金・テキスト等) (テスト含)   (夏・冬学校別)
 
①   6万        42万    19万+7万+15万     89万
②   6万        38万    20万+6万+22万     92万
③   5万        45万    18万+6万+12万+?  86万
④   3万        44万    21万+6万+21万     95万
 
*③はオプションが多くてよくわかりませんでした。
    金額はだいたいで正確ではありません。
 他にもオプション講座やその他費用があるかもしれませんが、
 入塾していない塾の本当の費用はわかりません。
 
 
 高い塾、安い塾、どこも結局同じ と、先輩お母様方からいろいろな話しを聞いていました。
確かに金額に違いがあります。
大きな違いと取るか、小さな違いと取るか、感覚の違いでもあると思います。
 
①~④のうちの一つに入塾したので、9ヶ月でかかった金額は、
そのうちの一つです。
6年生2月からの3ヶ月分の月謝と春期講習費用を足せば、
6年生1年間の費用となります。
3か月分は24万円ほどでした。
110万円から120万円となります。
 
繰り返しますが、6年4月に塾からもらった資料から、
ざっと計算したものです。
間違いや勘違い、私のいい加減さも加わっています。
 
 
次に受験にかかった費用です。
受験にかかった費用もかなりです。
わが家は受験料、合格手続き時支払金ともにかかったほうではないかと思います。
先輩お母様方に聞くと40万円から80万円でした。
1月中旬からの約20日間でこの金額が出て行くわけです。
受験料に8万円から13万円。
合格手続き時支払金に25万円から70万円。
 
受験校と支払う金額をうまくいったパターンとうまくいかなかったパターンで計算してみると、
何十万円もの違いがあります。
80万円なんて、いろいろな意味で恐ろしすぎるパターンでしたので、
やはりそれは考えたくないというか、考えちゃいけない気がして、
受験パターンと準備するお金の見積もりは甘くなりました。
どうか想定内で収まりますようにと祈りました。
実際には想定内には収まりませんでした。 
 
 
最後に入学準備から入学直後にかかるお金です。
これも先輩母達に聞きました。
受験が終わっても、大きなお金の支払いは終わりません。
むしろここから始まるのですから、きちんと把握しておかなければなりません。
学校によって金額が違うので、受験校全ての金額を計算しました。
合格手続き時に支払う金額がそれほどでもない学校でも、
2月中に支払う金額が結構大きい学校もありました。
10万円から90万円でした。
学費の納入方法が年一括と毎月払いとで、4月に学校に支払う金額が違うため、
入学する学校によって全く違ってしまいます。
学校選びの際に、1年間にかかる金額は見ていましたが、
2月から5月に支払う金額として整理してみると、学校の特徴を感じました。
 
それに、制服代(指定のセーター・靴下・体操服・鞄・靴など)、定期代です。
制服代は学校によって細かくわかる場合もありますが、“5万円くらい” と大体の金額で書かれている場合もあります。
5万円と書かれていてもそれは制服だけで、体操服や鞄・靴が含まれていませんし、
大抵、夏服まで一緒に注文するので10万円以上かかるはずです。
 
 
先輩お母様方に教えていただいた中で、私が甘く見ていたのは交通費でした。
交通費について 「意外とかかるから気をつけて」 と、何人もの方に言われていましたが、
それでも1回二人で500円くらいから3000円くらいなので、
計算するほどでもない金額と思っていました。
まさか万単位になるとは思っていませんでした。
学校が会場になっている模試、他の塾の模試、志望校別講座、
願書取り寄せ、出願、受験。
はじめはそれほどでもないと思っていましたが、
何度も子どもに「チャージしないと!お金入ってない!」と言われ、
自分もチャージしたばかりなのにもう残高ないっ!となり、
交通費の大きさを感じました。
さらに模試の帰りにお昼を食べたり、学校周辺のことが知りたくてうろうろしてお茶を飲んだりしてしまいました。
先輩母達が言うように、交通費とお茶代は結構かかりました。
 
 
さらにわが家はカリキュラムの穴を埋めるためにお願いした家庭教師代もかかりました。
家庭教師は1時間あたりの金額に大きな違いがあります。
体験したのは4000円から21000円でした。
4000円は経験浅い大学生。 21000円は経験豊富なプロ。 
お願いしたのはちょうど真ん中くらいの金額のプロ家庭教師でした。
4月から転塾先が決まるまでと考えていましたが、結局最後までその先生にはお世話になりました。
理系教科で未習が多く、転塾後の先生にも家庭教師の先生にも同じ未習単元を指摘されることがあったからです。
たま子はみんなが知っていて、自分だけが知らないことに焦っていました。
「受験の最後まで、家庭教師の先生を放さないでほしい」
と言うので、秋以降1月末までスケジュールを組んでしまいました。
 
 
 
ここまでで1年間の総合計はいったいいくらでしょう・・・