こたつたま子の女子中高一貫校生活

ゾーンに入る!

スポーツ選手などが言う

「ゾーンに入る」

『超集中状態で、120%の力を出せる状態』

のようなことです。

 

たま子は、1月の受験は 驚くほどダメな状態で

持ち偏差値からすると “押さえ校” なんて

考えていた学校に不合格。

過去問で点が取れなかった学校に合格。

もう何がなんだかわからない状態でした。

 

受験校の合格・不合格で 全パターンのマトリックスを作り、

出願予定やかかる受験費用をまとめていましたが、

考えていなかった欄を通ることになりました。

 

結局最後は 「ゾーンに入り」  今の学校におさまりました。

ゾーンに入ったのは1校だけ。

途中で気持ち悪くなり、学校から出られないと思ったそうです。

「お母さんに 抱っこしてもらって帰ればいいや。」

と思って最後の科目を受けたそうです。

多分、最後の科目は十何点。

でも、それまでの科目は「自分じゃない」くらいできたそうです。

 

その日は夕方までお茶をしてから帰ったのですが、

全くそんな話をしなかったので、私はたま子が具合が悪くなっていたなんて

ずっと後になるまで知りませんでした。

当時 たま子は自分の  『受験テリトリー』に 誰も入れなかったので、

試験当日のそんな状態も 親には話しませんでした。

 

ゾーンとは どんな状態だったか たま子の説明では、

「ものすごく冷静で、問題が 頭の中に直接入ってきた。

心が冷静なのではなく、頭が冷静。

雑念が一切ない。 受かりたいとか全くない。

興奮状態ではなく、冷静状態。

頭の中は自分とは別の人って感じ。」

ということです。

よく言われる ゾーンと 似ているような似ていないような・・・

 

その後よくないのは、あるスポーツ漫画の中でも言われているように、

ゾーンをアテにしてしまうこと。

たま子は、中間テストでも期末テストでも

ゾーンに入らないか、ゾーンに入ればなんとかなるかも・・・

と雑念にとらわれて、ゾーンに入ることができないので、

深海魚のままです。

それでも自分が望んだ 深海魚ですので、毎日楽しく学校に通っています。