2016年春合格祈願!~リケジョ母のお受験な日々~

夏期講習たけなわ

みなさんこんにちは。毎日、暑いですね!暑い中息子は今日も、夏期講習に通っています。

息子の通う四谷大塚の提携塾は、夏期講習は直営校よりも日数、時間数共に少ないです。(なのでたぶんお安いです)でも、使用するテキストはおそらく直営校と同じ物を使用しているのか、フルに16日分のページがあります。塾では、そのなかからピックアップして授業を行っているようです。

8月末の組み分けテストは、前期半年分が範囲なのですが、直営校の皆様はこの分厚いテキストを日々網羅しているんだよな・・というわけで、我が家では算数強化!としてコツコツ別のページも解いております。

暑いのでモチベーションの維持が難しいので、45分を1サイクルとして、45分頑張れたら15分休憩~、さらに算数については私と、早解き競争をしています。

中学受験をしていない私にとっては、面積図や差集め算など新鮮すぎてクラクラします。だいたい、慣れている息子が、私が問題を理解しようと図とか書いているうちに「出来た!」といっているのですが、たまーに、私がコッソリ方程式で正答に先にたどり着くと大変悔しい様子。一緒に問題を解いていても、正答を解説するときには解答を見ながらなので、私も1からやり直しです。息子と並んで問題を解けるのもきっとこの時期ならではの幸せなんでしょうね。。私も頑張ります。

サムネイル-2

 

 

息子とのバトル

通塾をはじめて5ヶ月ほど。息子も塾通い生活に慣れ、ペースが出来てきました。基本的には土日に次週の予習をすませ、塾のある日は塾の前に計算2ページ、学校の宿題、塾から帰宅夕食後は寝る前に暗記教科の理科社会をクイズ形式で確認という流れです。そうすると、塾のない平日はすべて復習をする時間に出来るため、週テストに向かっていきやすそうです。

先日はいつも授業が6時間のところ、短縮5時間授業だったので、塾前に先週の週テストの解き直し確認をさせたいところですが、本人的にもスケジュールの心づもりがあるようで、帰宅後猛然と宿題、明日の用意をした後は数日ぶりのマリオカート・・・うーん、まあ、しょうがないですか。解き直しは夜にしますか。

息子は昔から頑固なところがありまして、やりたいことはなんとしてでもやりたい、という性格です。低学年の時は先生や友達にもずいぶんご迷惑もかけました。高学年になって、少しはKYなところを押さえる場面があるということは理解しているようですが、基本的には頑固なマイペースぶりは変わりません。これがいつも母子バトルの原因になります。この日もやっちゃいました。。

息子の塾は、家から自転車で10分、徒歩だと20分くらいでしょうか。バスがすぐ来れば停留所3つの距離です。息子は自転車が大好きで、塾へも自転車で通っています。最近、スピードが早くなってきて、車道を走行するときもヒヤヒヤします。本来は自転車は車道通行なのですが、大通りで車のスピードも速いし、歩行者用通路も広く、親としては歩行者用通路をゆっくり走って欲しい。いつも心配です。

この日は夕方から雨の予報でした。朝から、「出るときに降っていたら歩いていく」事は了承済みだったのですが、出る時間帯は微妙~に霧雨でした。

ここで、親子バトルでした。ぎりぎりまでマリオをやりたい息子、そして自転車で行きたい息子、このくらいの雨ならいいんじゃないか的な。親としても必死です。雨ですべって後ろから車がきたらどうするの!安全第一、譲れません。。町内会中にバトルの声が響いたことでしょう。車は夫が仕事に乗っていっているので、送ることもできません。勝手に乗っていこうとする息子、鍵をとりあげる母、隣の大人用自転車に乗ろうとする息子、「ほんとに乗っていったら今後自転車禁止だからね!」と叫ぶ母。。しかし・・バトルしているうちに、雨が完全に止んで日も差したたため、最後は私が譲って自転車を許可しました。

息子には息子の論理があるのは理解するけれど、それを押し通すだけでは社会ではやっていけない。親としてそれをどうやって導いていくのか。母の技量が毎日試されます。

サムネイル-2

 

ママブロガー名:赤ずきん

母:赤ずきん 公立中から県立トップ高校に進むが、高校時代は部活に熱中。一浪して私立大理学部へ。卒業後は化学メーカーにて開発職。1人息子を出産後は両立を目指して職場復帰したものの、ワークライフバランスに悩んで息子が小学校低学年の時に退職。
息子:一人っ子ゆえのマイペースが持ち味。YT提携塾通塾中。
2016年春の中学入試を決意した息子との、二人三脚をつづります。

最近のコメント