2016年春合格祈願!~リケジョ母のお受験な日々~

学校、友達、塾、Wii

気がつけば9月も終盤、あと3ヶ月で2014年が暮れたら、受験本番まで一年ということになる、五年生中盤です。

本当に月日のたつのは早いものです。

息子の学習生活は、塾の予習復習をベースに、おおむね予定通り進んでいます。学校のいろいろな行事も次から次へとあるのですが、あらかじめ代休や振替テストを予定に組み込み、前倒しで予習復習を終えるよう、予定表作りをしています。

ここへ来て、息子は、友達とやる野球が楽しくてたまらないようです。平日も5時台に起きて友達とキャッチボール、土日も朝から夕方まで。先日の週テストの土曜日は、やっと呼びに行って帰宅させるという有様。

今までは、親が球技が苦手なこともあり、家族では登山、水泳などのスポーツを楽しんでいましたが、友達との野球、そっか~男の子だよね、、。塾の予習復習のあとは、図書館やゲームが中心だった休日の過ごし方が変わってきました。

やることをやるなら、親としては反対する気はないのですが、やはりやることをやりきらずに眠くなってしまう日があるので、今後どうするか、ですね。来年、6年生になったらこのような事は出来なくなるでしょう。親子でしっかり話し合っていきたいと思います。

我が家の「WiiおよびTV、PC使用に関する家族会議」も3回目となり、だいぶ決めごとのリストも長くなってきました。今まで、あまり勉強とはリンクさせたくなかったのですが、「週テストの日以外の休日には朝食前の使用を認める」代わりに「週テストの日は少なくとも30分朝食前に勉強する」、そして「平日に朝食前に30分以上勉強したら、5分間券を発行する」というのをはじめて導入したら、効果てきめんです。こういうニンジンの使い方は気が引けるのですが、、、。来週は四谷大塚提携塾での組み分けテストがあります。がんばってもらいたいものです。

 

サムネイル-2

 

 

 

 

 

反抗期モード

2学期がはじまり、学校と塾の平日モードにも、やっと慣れてきました。

夏期講習期間、息子の通う四谷大塚提携塾は、課題も授業時間も、直営校の半分以下の分量でした。。そのため、いつも夏休み明けのテストでは直営校に差がつく。。ということを聞いていたので、夏休み中も「夏期講習テキストの残った単元も網羅」、そして算数の強化として「前期の応用演習問題集の解き直し(A問題)」をテーマに掲げてがんばってきました。様々な情報を拝見すると、勉強に対する気持ちを切らさない方が事が大切、(親も子も!)ということだったので、旅行先でも、帰省先でも、基本的に毎日短時間でも問題に向かうようにしました。そして迎えた休み明けの組み分けでは、何とかSコースをキープすることが出来ました。Sの中の順位はやや下がりましたが、まずまずだったのかなと、親子で胸をなでおろしました。???な応用演習問題集に取り組んでいたおかげで、組み分け問題が簡単に見えたそうで、それは一つの成果なのかなと思っています。
そして始まった二学期、社会はいよいよ「歴史」に突入、国語も文法が本格化して、どの教科も正念場の単元があり、気が抜けない日々が続きます。

そんな中、息子は塾に慣れたせいか、よく言えば要領が良く、悪く言えばちょっと勉強に対してやっつけになってきているようです。元々、一日のやることを終わらせてゲームをやることが毎日のニンジンだったのですが、最近は、読書、友人との野球なども生活に入ってきて、ますます勉強が後回しになってきています。

母としては当然イライラ、、声かけの声もだんだんヒートアップしてきて。。。息子にとって、家庭でほっと出来る時間も大切なのに、母としては悩みます。

これからどんどん自由時間が無くなっていく毎日、息子のモチベーションをいかに笑顔でアップさせていくのか。一枚も二枚も上手にならないと、、。反抗期モードの息子と同じ土俵に乗らないように、気をつけていきたいと思います。

サムネイル-2

ママブロガー名:赤ずきん

母:赤ずきん 公立中から県立トップ高校に進むが、高校時代は部活に熱中。一浪して私立大理学部へ。卒業後は化学メーカーにて開発職。1人息子を出産後は両立を目指して職場復帰したものの、ワークライフバランスに悩んで息子が小学校低学年の時に退職。
息子:一人っ子ゆえのマイペースが持ち味。YT提携塾通塾中。
2016年春の中学入試を決意した息子との、二人三脚をつづります。

最近のコメント