2016年春合格祈願!~リケジョ母のお受験な日々~

毎日のやる気の出し方

塾での新6年生が始まってはや一ヶ月、息子はさっき、週テストに出かけました。
新6年生になり、息子の通う四谷大塚提携塾ではクラスが細分化、今のところ5年生の時よりも少人数になったせいで、授業の密度が濃くなったようです。
息子は、算数が他の教科に比べて偏差値が10くらい低く、算数の底上げが課題だったのですが、先日読んだ受験サイトで「算数の勉強は、他の3教科をあわせた時間よりもかけるべきである」という意見を目にしてハッとしました。そんなにやってない!1/4くらいだった。。理社が暗記要素が多いこともあり、どうしても算数が後回しになっていたのでした。
そのサイトでは「算数が課題の生徒で、家での国語の学習をしないで算数に特化した」という子の事例も紹介されており、他に比べれば国語の好きな息子に、あえて家では国語よりも算数を優先してみました。
国語をやらなくて良いというよりは、算数に力を注ぐ、というニュアンスなのですが、何でも省力化したがる息子は、「読解はやらなくて良いはずじゃなかったの?」ということになるのがネックなのですが。
ともかく、2月からは算数優先。毎日の割合でも、算数:他教科が1:1以上になるように取り組んでいます。
机になかなか向かう気にならないようなので、夕ご飯を早めに5時台にしてみたり、(友達と遊んで!)疲れている日は、8時に寝て、早起きして取り組んでみたり。
あとは私との問題解き競争。ほぼ私の負け負けですが、大きく自分の分の正答の正の字を書いていくのが優越感なのかな?(夫からは、たまには予習しておいて勝ってみたらといわれましたが、そこまでは。。)
ありがたいことに、効果がすぐに表れ、算数がちょっと偏差値浮上。そうだったんだ?こんなにみんな算数に時間を割いていたんですね!
この調子でがんばって行けたらいいな。。
来週の組み分けテストに向けては、理科の物理分野も課題です。
滑車、そして電気。悪戦苦闘しております。

サムネイル-2

ママブロガー名:赤ずきん

母:赤ずきん 公立中から県立トップ高校に進むが、高校時代は部活に熱中。一浪して私立大理学部へ。卒業後は化学メーカーにて開発職。1人息子を出産後は両立を目指して職場復帰したものの、ワークライフバランスに悩んで息子が小学校低学年の時に退職。
息子:一人っ子ゆえのマイペースが持ち味。YT提携塾通塾中。
2016年春の中学入試を決意した息子との、二人三脚をつづります。

最近のコメント