仲良し姉妹の中学受験

中学受験に向かう理由それぞれ

走子と喋子は、どちらも共学希望で中学受験に向かいましたが、そもそも「なぜ中学受験か」というところが実は違ってたりします。

走子の場合。
地元の公立中学回避が理由。(確かに荒れてるけど、「自分もそっちに行っちゃいそう」という理由・・・。それもどうかと思う)
なので、最低希望ラインはかなり低めでした。
生徒数の多い共学志望だけど、最悪、こじんまりした女子校でもよいという感じだった。
学校に友達は多いし、内申もそこそこ取れそうなタイプなので、高校受験のほうが楽そうだったんだけどなぁ。

喋子の場合。
行きたい私立(共学)がある。
女子校に行くぐらいなら、公立に行くつもりでいるらしい。
姉がいるせいか、「最低ラインは姉の学校」みたいな生意気な感じ。
まだ新4年生の時期なので、無謀なレベルの学校を志望校に設定してもいいはずなんだけど、ピンと来ないと、さっさと志望校から外すので、実はあまり志望校のレベルは高くなかったりする。(これが吉と出るか、凶と出るか・・・)
ちなみに、内申は期待できないタイプ。なので、親としては、高校受験を回避したい。

私自身は公立回避が最大の理由だったけど、その割に、余裕で入れそうな学校を受けませんでした。
今思うと、結構危険な受験だった・・・。

お受験?

さすがに、2/1から、最悪の場合5日まで仕事を休むので、受験するという話を職場でもしなくてはいけなくなったのですが・・・。
中学受験のことを「お受験」って呼ぶ人が結構いる。
特に中学受験が珍しい地域の出身者。
そして、東京・神奈川の中学受験が2/1スタートで短期決戦ってことも、当然知らないので、「受験だからって、連日休むってどういうこと?」みたいな話になり、いちいち説明しなければならなくなりました。
入試当日に合否結果が出ちゃうのも驚かれる。(これは私もびっくりしたけど)

「お受験」と呼ぶ件以外は許容範囲ですが、中学受験って「お受験」じゃないよなーと思う。
親の力がそんなに及ばないし。
最終的には「本人の意志」っていう形に持って行かないと、動かない年齢だし。

「お受験」と言われるたびに悶々としている私です。

アクティブラーニングとiPad

とある私立中学のアクティブラーニングをやってる授業風景の映像を見て、走子が「ああいうの、学校でやってるよ」と一言。
「iPadを使ってるところは違うけど」。

色んな私立の学校で、「公立ではやってないと思いますが~」って言われるけど、よく考えると、公立小学校でも、グループで話し合うとか、クラス全体で車座になって話し合うとか、授業参観でよく見かける。

最近、「生徒全員にiPad持たせます」という学校が増えてきてるけど、公立と私立の違いはそこだけ?
中学受験する家庭だと、むしろ、iPadを持たせたくないっていうご家庭も多いんじゃないかな?

で、たまたま日能研で入手した、キッズレーダーが、アクティブラーニング特集を組んでいて、ちょっと腑に落ちた。
公立小学校が、アクティブラーニングを実践していることについては掲載があります。
中学校については、私立だけが掲載されています。
日能研の出版物なので、意図的なものもあるのかもしれないけど、「公立小学校ではアクティブラーニングをできてるけど、公立中学校ではできていない」ということのよう。

でも、今後は、公立中学でも広がっていくんだろうなーという気はする。
ただ、「すでに知っていること」の範囲が違うので、議論の広がりやすさとかに差が出るんだろうなぁとは思う。

走子に聞いても、グループワークは班のメンバーによって、ものすごく活発な場合もあれば、誰かの意見に全員同調して「それでいいんじゃない?」で終わっちゃう場合もあると言うし。

てことは、私立としては、どれだけ意見を活発に言える子を揃えられるかにかかっている?
たぶんこれから、公立中学もアクティブラーニングに舵を切っていくはずなので、差別化としてiPadを導入している?
iPadは確かに持ち運びやすいし、調べものもしやすいし、個別に問題を出すとかの対応もしやすいしね。

昨年度見に行った時には、iPadの影もなかった学校が、「iPad持たせます!」みたいになっていて、変化の速さに驚く今日この頃。
今年度、iPadについて何も言ってない学校も、来年度にはiPadの話をしてたりするんだろうなーと思ったりしています。

走子自身は単純に「iPadを全員が持てる学校がいいなー」と安易に言ってますが。
そのうち、どこの学校でもiPadを持てるような気もするけどね~。

R4(合格可能性80%)

志望校、どうやってもR4(合格可能性80%)に届きません。

こんなんだったっけなぁ?と思いつつ、先日の保護者会でいただいた言葉。
「R4を超えて合格する子は、入学後、だいたい真ん中より上位です。ときどき、R4に全然届かなかった子が合格して『やったー!』と大喜びしてますが、全然よくないです。全然届かなかったということは、学内で下位になってしまうので、入学後が大変です。学校生活、楽しくないかもしれません。ぜひ、自分の偏差値をR4以上に持ってきてから、合格してください」

確かに、そう考えることもできる。

というのも、自分自身を振り返ると、中学受験時、第一志望校はおそらく合格可能性50%以下だったと思われます。
第二志望校は常に合格可能性80%以上にぎりぎり乗るぐらい。
結局、第二志望校に進学しまして、後日「入試の時の順位はほぼ真ん中でした」と言われました。
真ん中なので、普通に楽しく生活できていたとも言える。

でもって、大学受験です。
これは、第一志望校の判定がひどかったのはよく覚えています。
判定だけ見ると、まず無理。ただ、過去問との相性は良くて、合格者最低点ぐらいは行けそうだった。
入試問題との相性が非常に良かったので入れたような気がします。
そして入学後・・・。まぁ、大変でした。
大学受験の勉強より、入学後のほうが勉強してました。それでも単位落としたりしてたし、苦労しました。
4年で卒業できただけでも奇跡的。

そんなわけで、自分の実体験からしても、R4超えてないと、入学後が大変だろうなぁと思うわけで。
大学のときは「なんとかして卒業して、就職だ!」と思って乗り越えましたが、中学でコレだと6年きついなぁと思うわけです。

で、走子です。
現在の第二志望校を2/1午前に持ってくれば、R4超え。
これを外すと、どこもR4超えない・・・。
2/1午前は第一志望校受験の予定ですが、ここで第二志望校を受けると、「第一志望校はほぼ無理」と言われる始末。
そんな学校に入ったところで、苦労するだけだと思うので、2/1午前に第二志望校を受けて、楽しい6年のほうがいいと思うんだけど・・・。

成績が思った以上に伸びなくて、併願を組むのに苦労しています。

学校で習うと分かる

ヨウ素液をデンプンに垂らすと何色になるか?

大人だと深く考えなくても反射的答えられそうですが、走子は全然頭に入っていませんでした。
それが、学校で習うと一発で頭に入ったようです。

理科は、学校で実物を見ないと頭に入ってこないようです。

この前も、顕微鏡の使い方が全く分かっておらず、学校で実物も見たことがないことが判明。
一度触れば、どういう手順で使うか分かりそうなんだけど、わざわざ自宅に顕微鏡を用意するほどのことでもないし、学校で使う日が来るのをひたすら待つのみ。
いつ出てくるのかなあ。。。
出来れば早く出てきてほしいです。

3.14地獄

日能研5年生の皆様、3.14を使って面積や外周を求める問題が出てくる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

案の定、円周と円の面積の公式がぐちゃぐちゃになっている走子です。
でもって、複合図形なんか出てきた日には、円も扇形も出てこない図形の計算式にどういうわけか「3.14」が出てくる。
この3.14は何のために???

もう、3.14にうなされているとしか思えません。
なんとなーくイメージで公式を覚えちゃってるんだろうなー。
公式じゃなくて、考え方を理解してほしいんだけど。

考え方は「難しくてわからない」と言われること、しばしば。
この状態で、これからやっていけるんだろうか?

もうちょっと、「分からないことを、わかるようになりたい」気持ちがでてきてくれればいいなーと思うんだけど、いつになることやら?!

夏期講習

GWが終わったと思ったら、もう夏のお知らせです。
夏期講習。
案内が早すぎない?

走子は全然、期間講習を受ける気がないので、春と同じ調子で「今回も受けない予定です」と軽く言ってみたところ、「今回は長いので、2科目でもよいので、受けませんか?」と引き留められました。
5年の夏にして、お盆しか休みにならないという日程感。
あと1年以上あるのに、きつくない?

しかも、走子の校舎では、「15:05~20:20」が5年生の枠のようです。
帰りが遅いよー。
弁当必須だよー。

いまだに学童に行ってる走子は、夏休み中、お昼は弁当です。
弁当2個持ち?
夏なので、夜食べるものを朝から持たせるのはいかがなものか?
私が頃合いを見て、弁当を差し入れするのか?
コンビニ弁当を自力で買ってもらうのか?(←お金を持つと余計なものを買ってしまうと、本人が自覚しているので、これは避けたい)

本人は、スタッフに言われたこともあり、「2科目受けたほうがいいのかな?」という気になってきました。
受けるのはいいけど、本当に「受けるだけ」になってしまいそうなところが恐ろしい。

4月から、リズムが乱れまくってて、最近なんて、通塾のない日でも、1日の勉強量が「計算数個、漢字10個」レベルです。
もはや、受験勉強ではなく、ただの基礎学習に成り下がっております。
このレベルなら、夏期講習不要じゃない?

そんなわけで、受けるのか、受けないのか、受けるなら2科目か、4科目か?と、このところ毎日悩んでいます。

学校が多すぎるという悩み

さっさと志望校を決めた走子ですが、「まだ5年生だし、もうちょっと上を目指したほうがいいのでは?」ということで、母は、分厚い学校案内本を眺めていました。

とりあえず、条件としては、自宅から1時間以内での通学です。
首都圏はとにかく電車が入り乱れているので、近そうに見えて意外と通いづらいとか、遠くに見えるけど案外すぐ着くとか、まぁ、調べるだけで一苦労。
路線図を見ながら、乗り換え案内のサイトで、かかる時間を調べ、「50分で着く駅」に印をつけ、その駅までにある学校を絞り込みました。

それでも、まだまだたくさんある学校。
とはいえ、本人は「共学に絞る」と言っているので、共学だけに絞って、学校案内本を隅々まで読んでみました。
こういうのだけでは雰囲気は分からないと思いますが、それでも、各学校、アピールのポイントが違ったりして、何校か見ているうちに、「この学校は、走子の雰囲気かな?」とか、うっすら見えてくるようになりました。(気のせいかも?)

少なくとも、「女子校より共学向きである」というのは、ハッキリしてきました。(汗)

学校の数自体がそもそも多い上に、各学校、受験機会が複数回あり、スケジュールを組むのが大変そうだなーと今から気が遠くなりそうです。
これは、1校だけに絞って、ひたすら受けるみたいな人もいるんだろうなぁ・・・。
うちはどうするんだろう?

私自身は、田舎の受験生だったので、当時、選択肢は5校しかなかったし、各学校1回しかチャンスはなかったし、あまり悩むこともなかったのになぁ。

2年女子の志望校

走子が志望校を変えた横で、なぜかもう一度志望校を練り直す2年女子喋子。
今から練り直し不要だから・・・。

喋子は、学校の設備などに目を奪われていて、「男子が多い」という点が見えていなかったようです。
「男子多いのやだー」とのことで、結局女子校に落ち着く。
これも、以前の走子と同じく、「この制服がいい」という不純な動機で選定。

走子の当初の志望校も女子校でしたが、そことは別の女子校が希望らしいです。

まだまだ先は長いし、この志望校が現実的なものかどうかも、今からでは全然見当が付きませんが、走子の志望校より、入りにくいのは確か。

「勉強頑張るんだよ」と、喋子にアドバイスする走子。
いやいや、今は、君が一番頑張らないと!

現実的な志望校

走子の志望校はあまりにも無謀で、母としては、もう少し現実を見てほしいところ。

いや、望みが高いのはよいことだと思いますよ。
現実の状況を考えて、「もっと頑張らなきゃ!」と思って、勉強やるんなら・・・。

走子の場合、勉強に関しては、そういうタイプではなく、「無理でしょ」と戦線離脱するタイプ。
志望校も、半分無理だと思いつつ、かといって、他に行きたい学校も特になく、でも公立は行きたくないという複雑な心境だったわけです。

で、先日、「現実的な志望校を決めよう!」という目標のもと、合同相談会なるものに行ってみました。

予備知識ほぼナシで向かったので、「どの学校が、うちから通える圏内なのか?」から分からず、苦労しました。
一応、路線図に学校がプロットしてあるものがあったので、それを見ながら、通えそうな学校のブースを手あたり次第訪れました。

当然、当初の志望校のパンフレットももらいました!
ま、レベル高い学校なので、相談したい方も多く、全然話を聞ける状態にはなく、走子も早々に「やっぱ無理だね」とあきらめた模様。
母としては、一安心です。
この、走子では、箸にも棒にもかからないような学校は、強気の2/1のみ受験日設定。
ここを2/1に受験するのはあまりにももったいない。

さんざん見て回った結果、どこがよかったか聞いてみたところ、うちから電車に乗らずに通える学校がよかったとのこと。
これまた相当レベル下げてきましたが・・・。

あと1年以上あるし、もうちょっとレベル高めの設定でよくない?という母の言葉もむなしく、「ここがいいの!」と譲らず。
しかも、複数回受験できる学校なので、「全部受ける。ほかの学校は受けない」と言い出しました。

本人がそれでいいんなら、それでもいいですけど。親も楽だし。
もうちょっと欲張ってもいいんじゃないか?とも思いますが。

あっさり現実的な志望校に変更しましたが、今度は現実的すぎて、「受験塾に行く必要があるのか?」と悩ましい母です。
たぶん、基礎的な問題を落とさないことがポイントだと思うので、どちらかというと、地元の個人塾みたいなところのほうがよくない?

本人は、「絶対ほかの塾には行かない」と言ってますが、あんなに成績悪いのに、辞めたくないって、いったいどんな魅力があるんだろう?

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント