仲良し姉妹の中学受験

宿題

これまで日能研では宿題が出たことがなかったのですが、6年生カリキュラムに入り、初の宿題が出されました。
ノートを提出しなくてはならなくなったので、宿題用のノートを用意。
とはいえ、1日で終わっちゃうような分量の宿題です。

が、「自己採点で」と言われ、意味がわからない走子・・・。
自己採点って、自分の感覚で採点することじゃないから・・・。
ぶつぶつ文句言う走子に、「自分で丸付けして、提出するんだよ!」と何度も言って、やっと丸付けして提出。

なんだか、いまだに勉強の方法が身についてなくて、がっくり来ます。

新6年生

昨日、新年度のガイダンスが行われました。
同時に、各教科の先生も発表。

校舎の看板講師は、上位クラスを担当することになっていて、走子のクラスは「誰だかよくわからない先生」だそうで・・・。
「上位クラスを目指して、もっと頑張れ」ということでは?という割り当てに見えます。

ここ2週間、授業がなかったせいか、家庭学習もダラダラしがち。
1月末にもらった特別授業の問題をチマチマ解いてますが、最近、算数が白紙です!
これはよくない状況。
「問題文からわかる部分を、まず図に書く!」と毎日言ってますが、線分図の線だけ引かれているとかいう状態で、何もやっていないに等しい・・・。
日曜日は公開模試なんだけどな~。
この調子だとひどい成績に違いなし。

明日から本格的に授業が始まるので、これからどうやって家庭学習を進めるか、テキストを眺めながら考えてましたが、分量が多すぎて、どうすればいいかわからない!
しかも、火曜日と木曜日は帰りが遅くて、帰宅後には到底何もできない見込み。
1週間、算数だけで終わりそうなんですが。

いつも通り、「栄冠をやるように」言われたようですが、走子は授業の振り返りすらできるかどうか怪しい・・・。
隙があれば、遊んでいる、この状況をなんとかしたい・・・。

1年

あと1年で、本当の受験。

新5年から通塾開始したので、入塾からもちょうど1年です。
最初の成績がひどかったので、前期の平均偏差値より、後期の平均偏差値のほうが高くなりましたが、それも「気持ち程度」。

日能研の授業について行けてるとは到底言えない状況なので、「中学受験を辞めたい」と私が思ったことは数知れず。

本人は、どうしても地元の公立中学行きたくないので、受験だけは辞める気なし。
もうちょっと本人のレベルに合った塾に変えたいところですが、成績順の席が、実は、モチベーションアップの鍵になっているので、辞めにくいのでした。

この1年で気付いたこと。
○塾の勉強が、実質、学校の先取りになっているので、学校の成績は格段によくなった。
○走子は丸暗記が得意。思考力がないので、今の入試には向いていない。このまま行くと、高校受験でも大学受験でも苦労しそう。
○成績順の席は私は嫌いだったけど、抵抗なし。
○カリテのほうが範囲が狭くて勉強しやすいと思ってたけど、走子の場合、2週間では新しいことが身に付かない。定着に時間がかかる。
○新4年から入ればよかった!どうしても、基礎部分に抜けがある。
○宿題以外を、自分で勉強する習慣がなかった。

そんなこんなで新6年スタート。
もう少し、自分から勉強するようになってほしいです。

新6年時間割が…

2月からの新6年生の時間割が配布されました。

なんと算数3コマが木曜日の設定です!
土曜午後に翌週のカリテ範囲になる理科社会の授業を受け、日曜朝にカリテ。
土曜の午前中と夕方の時間の使い方がキモですね。

が、走子は土曜午前中の習い事をギリギリまで続けるつもりだし、金曜は学童に行っちゃって、ほとんど勉強しないだろうし、「算数いつやるの?」状態です。

5年の間は金曜が算数で、丸々2週間使って勉強できていました。
一番下クラスだから、たっぷり算数に取り組めるようにしてあるのかと思ってて、6年の時間割も土曜が算数だろうと勝手にふんでいましたが、そういうことじゃなかったのねー!

そろそろ習い事は潮時ではないかと思うんだけど、習い事の先生に、「6年の12月から2月の間だけお休みして受験する子もいますよ」と言われ、すっかりその気に…。

志望校の大半は土曜授業があるから、結局続けられないと思うんだけど。

なぜか習い事を辞めないほうが重視されていて、「じゃあ、2科目受講で!」と言っております。
受験は4科目ですが…。

通常授業再開

昨日から通常授業が再開しました。
久しぶりなせいか、「学校行って塾に行くと、何も勉強できない」状態に・・・。
2月からはさらに1コマ増えるんだけど、3コマ目の授業は寝てるんじゃなかろうか?

久しぶりに行くと、どうやら冬期講習から参戦となっている子が何人かいるようです。
この時期に入るので、「準備万端でGクラス」か、「準備なしでW1クラス」だろうと勝手に思っていたら、なぜか中間のW2クラスに入ったようです。
Gクラスレベルだけど、とりあえず1クラス下げて様子見ってところ?
・・・とか、他人の心配はどうでもよく、「走子よりデキる子だけが増加」したことになるので、今後の成績がさらに下がるんではないかと・・・。

新6年直前に入塾する人なんていないと思ってたけど、結構いるんですね。
5年まで自宅学習で、最後の追い込みを塾に託すってことなのかな?

<その他最近の出来事>
○走子1
pre合判前に紹介されたすべり止めオススメ校を見に行きました。
女子校なので、共学志望の走子は乗り気じゃなかったんだけど、実際に行ってみると、先生が熱心にフォローしてくれてることとか、学校の教育理念を大切にしていることとかがわかり、走子にとっても、「結構良かった」という感触だったようです。
「第三志望校以下全部やめて、この学校でもよい」と言うほどの、気に入り度。
あとは文化祭を見て、どう思うかですね~。

○走子2
家の中を片づけていると、4年生のときにため込んだ、ベネッセの中学受験講座のテキストが出てきました。
確か、最初にもらった無料のテキストを数ページやって、その後はほぼ白紙。
いつかやる気になるかと思って、入塾まで契約してましたが、結局やらずじまい。
それを今見ると、「ちゃんと説明書いてあるね~。ちゃんとやればよかった」となってしまうわけで。
1年遅れでやるとちょうどよかったのかもね。(新しい項目は5年1月で終わるカリキュラムなので)

○喋子
2月からの予科教室が却下となった喋子は、代わりに通信教育をすることに。
もうやらなくてもいいぐらい、いっぱい契約してるんだけど。(当然、どれも半分以下しかこなせていないし、添削なんて気が向いた時しか出さないし)
同じ学校で、四谷大塚のじゅにあくらぶをやってる子がいるので、最初はそれを希望していましたが、国語の長文を見て、「国語は絶対やらない」と拒絶。しかも、ジュニア予習シリーズがメイン教材なのに、「ホームワーク(ドリル的なもの)だけやりたい」と言う。
ホームワークだけのために契約するのはもったいないよー!
そこで、我が家では禁断のZ会(まずこなせないと思うから!)をチラ見。
3年からは1科目の契約も可能。中学受験コースは3年からカリキュラムスタート。じゃあ、算数だけやってみるのはどうか?ということになりました。
Z会の雰囲気に慣れるために、2月からの2年コースも契約しましたよ。(これは、算数しかやらない予感)
一人で取り組むのはハードルが高そうなので、私と一緒にやるという約束ですが、喋子は、走子以上に、親の介入を嫌うので、本当にできるかどうかは怪しいです。

ちなみに、明後日のオープンテストも受ける予定ですが、「いい成績取りたいから、(前回の)テストの見直しする!」と殊勝なことを言っております。今の時期、走子から聞きたいセリフですが~。

さらに、「デキる子のノートの取り方」みたいな本を、学校の図書館で借りてきました。
私と一緒で、実践に難ありなところが、玉に瑕。

おうぎ形も記憶の彼方

冬期講習はパスしましたが、ありがたいことに、「家での学びシート」という算数プリントを頂いていました。
冬期講習のカリキュラム通り10回分あります。
内容は、基本的な問題のおさらい。
ちょうどよいので、チマチマ取り組んでいます。1回分を2日がかりで取り組むという、スローペース!

その中で、久々登場の「おうぎ形の弧の長さと面積」問題。
見事に公式を忘れてました・・・。
夏期講習でもお見かけしたような気がしますが~。
当時はできてたような気もしますが~。
模試で点数出ないのも当たり前だわ・・・。

円周と円の面積の公式を確認し、そのあとのことはなんとか思い出しましたが、なぜか、「半径×半径」と「半径×2」が同じ値だと思っています。なぜ~?どこでそんなことになったの~?
掛け算自体の意味すら理解できてないってこと??
ショーゲキの年明けであります。

なんか、いろいろぶっ飛んでるということだけは分かりました。
これで2月から新6年・・・やっていけるのか非常に不安。

ついでに、算数好きな喋子さんも、掛け算が導入されたせいか、このところ、引き算がめちゃめちゃです。
繰り下がりないのに、繰り下がったことになってたり、繰り下がりがあったのに、無視して計算してあったり。
ひどいときは、一の位は引き算したのに、十の位は足し算したりする。

2人とも、先が思いやられます。はぁぁぁぁ。

言い切り

後期になって、「算数しかしてない」(しかも1日1問レベル)日が多かったので、穴があきまくりですが、ここへ来て、国語の文法に重大な問題があることが判明しました。

後期の語句は、品詞を立て続けにやってましたが、副詞・連体詞が分からないとかいうレベルではなく、もう全部分からないということが判明。。。

名詞すら判定できないので、かなり重症です。
噴水が名詞って分からないの・・・。

でもって、「言い切りってなに?」と来た。
「動詞の言い切りは『う段』で終わる」「形容詞の言い切りは『い』で終わる」「形容動詞の言い切りは『だ』で終わる」という説明はできるのに、言い切りの形が分からないので、結局判定できない。
ついでに「活用ってどういうこと?」状態。

「たとえば、「走らない」「走ります」「走った」「走る」「走るとき」「走れば」「走れ」「走ろう」「走った」って、後ろが変えられるのが活用。この場合だと、最後に「。(マル)」をつけて文章が終わる形になる「走る」が言い切り」という説明では、いまいちピンと来てない様子。

しかし、このへん、本科でもサラーっと説明してあって、「言い切りぐらいわかるだろう」的な書きっぷりなので、どうすれば理解できるのか???

授業を受けている間に、先生に聞いてきてほしかった!
と、今更言っても仕方ないので、ちびまる子ちゃんの文法教室を引っ張り出し、再読してもらうことにしました。
これはこれでいいんだけど、説明が詳しすぎて、結局頭に入らない恐れが・・・。

このへんで躓いてると、将来古文を習うようになると、そのまま、「カンで解いた」系に移行しそうで恐ろしいです。

もしかして、動詞・形容詞・形容動詞あたりは4年生でやってるのかなぁ?

もうすぐ冬期講習

もうすぐ冬期講習が始まります。
今回もパスです。

1日、どうしても習い事と日程がかぶってしまい、もうすぐ6年だし、これを機に習い事を辞めて、受験に全力投球!をオススメしてみたところ、走子は「習い事辞めない
」ほうを選択。
本気で受験するんなら、今の成績と志望校から考えるに、「受験に全力投球」しか道はないと思うんだよ。
しかし、「冬期講習か習い事」の選択を迫ると「習い事」になってしまうので、やむを得ず、冬期講習をパスすることに。

冬休み中は、私もほとんど家にいるので、ママ塾で乗り切る予定。
相変わらず基礎が身についてないので、みっちりやりたいと思います。

迷走志望校

一応、今のところ志望校として検討している学校は、全部見に行きました。
で、第一志望校は不動。
すごーくしっくり来るのは確かなんだけど、本人の実力と合ってない・・・。

第二志望校も、まぁ、当初の予想通り。
この次が、候補が2校あり、どっちか選ぶのが難しいところ。
なーんて、第二志望校以下、やっぱり、本人の実力から行くと「チャレンジ」なわけです。

実力相応校は、全然眼中になく、「合格しても行かない」と言っているので、こういうところで意志の強い走子は、ゼッタイ行かないであろうことは予想できます。

なんだかな~。
せっかく近隣にたくさん学校があるのになぁ。

もうちょっと本気で勉強に取り組むか、志望校のレベル祖を下げるか、どちらかをやってほしい。

志望校登録

12月のプレ合格判定テストに向け、志望校登録が始まりました。

これが、入試日程が重ならないように志望校を入れるという、超面倒な入力方法になっている。
同じ学校でも日程によって、入りやすさが変わってくるので、仕方ないとはいえ、日程ごとに入れるのは面倒なんですが。。。
まだ再来年の日程なんて確定してないから、来年の日程を参考に入試日が決められてるし。

今の段階だと、「志望順位が高い学校から、重ならない限り受ける」パターンになっちゃうけど、実際は「もっと下げて受けるか」とか臨機応変に対応するんだろうなーと思うわけで、この非現実的なパターンでいいのか?悩ましいところ。

だいたい、第一志望校の前日の午後入試は受けないと本人が宣言しているのに、バリバリ突っ込んでみたし。
でもって、志望順位順に埋めたので、今の実力よりはるか上の学校しか入ってないし。

参考になるのかなー?
「この日はどっちを受けるべきか?」とか考える材料にしたいんだけど、同じ日程に複数校設定できないので、比較もできず。

「本人のモチベーションアップのためのツール」という位置づけなんだろうか?

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント