仲良し姉妹の中学受験

通常授業再開

昨日から通常授業が再開しました。
久しぶりなせいか、「学校行って塾に行くと、何も勉強できない」状態に・・・。
2月からはさらに1コマ増えるんだけど、3コマ目の授業は寝てるんじゃなかろうか?

久しぶりに行くと、どうやら冬期講習から参戦となっている子が何人かいるようです。
この時期に入るので、「準備万端でGクラス」か、「準備なしでW1クラス」だろうと勝手に思っていたら、なぜか中間のW2クラスに入ったようです。
Gクラスレベルだけど、とりあえず1クラス下げて様子見ってところ?
・・・とか、他人の心配はどうでもよく、「走子よりデキる子だけが増加」したことになるので、今後の成績がさらに下がるんではないかと・・・。

新6年直前に入塾する人なんていないと思ってたけど、結構いるんですね。
5年まで自宅学習で、最後の追い込みを塾に託すってことなのかな?

<その他最近の出来事>
○走子1
pre合判前に紹介されたすべり止めオススメ校を見に行きました。
女子校なので、共学志望の走子は乗り気じゃなかったんだけど、実際に行ってみると、先生が熱心にフォローしてくれてることとか、学校の教育理念を大切にしていることとかがわかり、走子にとっても、「結構良かった」という感触だったようです。
「第三志望校以下全部やめて、この学校でもよい」と言うほどの、気に入り度。
あとは文化祭を見て、どう思うかですね~。

○走子2
家の中を片づけていると、4年生のときにため込んだ、ベネッセの中学受験講座のテキストが出てきました。
確か、最初にもらった無料のテキストを数ページやって、その後はほぼ白紙。
いつかやる気になるかと思って、入塾まで契約してましたが、結局やらずじまい。
それを今見ると、「ちゃんと説明書いてあるね~。ちゃんとやればよかった」となってしまうわけで。
1年遅れでやるとちょうどよかったのかもね。(新しい項目は5年1月で終わるカリキュラムなので)

○喋子
2月からの予科教室が却下となった喋子は、代わりに通信教育をすることに。
もうやらなくてもいいぐらい、いっぱい契約してるんだけど。(当然、どれも半分以下しかこなせていないし、添削なんて気が向いた時しか出さないし)
同じ学校で、四谷大塚のじゅにあくらぶをやってる子がいるので、最初はそれを希望していましたが、国語の長文を見て、「国語は絶対やらない」と拒絶。しかも、ジュニア予習シリーズがメイン教材なのに、「ホームワーク(ドリル的なもの)だけやりたい」と言う。
ホームワークだけのために契約するのはもったいないよー!
そこで、我が家では禁断のZ会(まずこなせないと思うから!)をチラ見。
3年からは1科目の契約も可能。中学受験コースは3年からカリキュラムスタート。じゃあ、算数だけやってみるのはどうか?ということになりました。
Z会の雰囲気に慣れるために、2月からの2年コースも契約しましたよ。(これは、算数しかやらない予感)
一人で取り組むのはハードルが高そうなので、私と一緒にやるという約束ですが、喋子は、走子以上に、親の介入を嫌うので、本当にできるかどうかは怪しいです。

ちなみに、明後日のオープンテストも受ける予定ですが、「いい成績取りたいから、(前回の)テストの見直しする!」と殊勝なことを言っております。今の時期、走子から聞きたいセリフですが~。

さらに、「デキる子のノートの取り方」みたいな本を、学校の図書館で借りてきました。
私と一緒で、実践に難ありなところが、玉に瑕。

おうぎ形も記憶の彼方

冬期講習はパスしましたが、ありがたいことに、「家での学びシート」という算数プリントを頂いていました。
冬期講習のカリキュラム通り10回分あります。
内容は、基本的な問題のおさらい。
ちょうどよいので、チマチマ取り組んでいます。1回分を2日がかりで取り組むという、スローペース!

その中で、久々登場の「おうぎ形の弧の長さと面積」問題。
見事に公式を忘れてました・・・。
夏期講習でもお見かけしたような気がしますが~。
当時はできてたような気もしますが~。
模試で点数出ないのも当たり前だわ・・・。

円周と円の面積の公式を確認し、そのあとのことはなんとか思い出しましたが、なぜか、「半径×半径」と「半径×2」が同じ値だと思っています。なぜ~?どこでそんなことになったの~?
掛け算自体の意味すら理解できてないってこと??
ショーゲキの年明けであります。

なんか、いろいろぶっ飛んでるということだけは分かりました。
これで2月から新6年・・・やっていけるのか非常に不安。

ついでに、算数好きな喋子さんも、掛け算が導入されたせいか、このところ、引き算がめちゃめちゃです。
繰り下がりないのに、繰り下がったことになってたり、繰り下がりがあったのに、無視して計算してあったり。
ひどいときは、一の位は引き算したのに、十の位は足し算したりする。

2人とも、先が思いやられます。はぁぁぁぁ。

ハッキリした姉と、優柔不断な妹

喋子のことにもたまには触れてみましょう。
いつもべったりな姉妹ではありますが、タイトル通りの性格の違いがあり、同じ習い事でも状況はかなり違った感じになってきます。

二人ともずっと続けている音楽教室。
走子は、4年生の時に「ダンスを習いたい」と言い出したので、お試しでダンス教室に入れたことがあります。「ダンスか音楽教室か、どちらかを選んで」と言ったところ、ダンスはすっぱり諦め、音楽教室を続けています。
他にも、一時期スイミングスクールに行っていたのに、入塾を機に「スイミングか音楽教室」の選択を迫られ、「音楽教室」を選択。
「続けられるところまで、音楽教室は続ける」つもりのようです。
日能研も「絶対やめない」って言うしね。
そんな感じなので、本人が「やめる」と言った時には覚悟できていて、後からウダウダ言うことはありません。
「やめれば?」と言うと、「ぜったいやめないから!」と奮起する、わかりやすいタイプ。

一方、喋子は、一筋縄では行かない子で、親にも駆け引き技術が必要。
とりあえず、本人はなんでも走子と同じにしたいので、スイミングスクールも行っていたのですが、走子が辞めたタイミングで、相当悩む。
「一人じゃ行けないからやめる」「友達がいるから行く」と日替わりで気分が変わる。
「音楽教室をやめれば、その時間に親がスイミングに連れていける」状況だったので、「音楽教室をやめれば?」と持ち掛けたところ、ここでも、音楽教室とスイミングとどっちをやめるか相当悩む。
「音楽教室をやめる」と1週間以上言い続けたのを見て、音楽教室をやめる手続きを始めていたところ、「やっぱり音楽教室やめない!」と言い出し、結局、スイミングをやめることに。
スイミングをやめてからも、往生際が悪く、ときどき「やっぱりスイミングにすればよかった。音楽教室やめたい」とブツブツ言っております。
そして、今行っている塾は、自分で行きたいと言い出したくせに、最近「やめたい」と言う。
でもって、他の塾をどこからか探し出してきて、「こっちの塾にしたい」とか言う。
もともと、今の塾は「日能研に入るまで」と自分で言っていたはず。
本人は3年(つまり来年2月)から日能研に行くことを熱望してるので、あと半年弱しかないのに、ここで塾を変える必要って。。。
こんな感じなので、「やめれば?」と言うと「じゃあ、やめる」と言いつつ、内心やめたくないので、ウジウジしているタイプ。
ウジウジするだけで、特に奮起しない。
なので、喋子には「よほどの理由がないと、やめさせません」と言うほうが効果的。
(今度は、「絶対やめさせてくれないし」とイジけてますが)

同じ親から生まれた同性で、こんなに違うもんかと驚きの毎日です。

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント