仲良し姉妹の中学受験

環境の違い

現在、私たちの住む地域は、東京近郊。

私が中学受験した当時に住んでいた地域は、田舎なので、通える範囲にある中高一貫校は片手で数えられるぐらいしかありませんでした。

そんな田舎の公立小学校にいたのに、なぜかクラスの4分の1が中学受験し、合格発表を学校の先生が見に行ってくれて、学校の中で一人ずつ合・不合を教えてもらえるという環境にありました。

この環境で育ったため、「都会ではもっとすごい受験戦争が繰り広げられているに違いない。きっとクラスの8割が中学受験するんだわ」と信じていました。

 

ところが、都会育ちの夫は、「家族は誰も中学受験していない」と言います。

子供たちの小学校でも、中学受験するのはクラスで数名。大半が公立中学へ進学します。

この環境で中学受験に向かうのは、ものすごい労力を使いそうだなぁと思います。

 

この環境の違いが、吉と出るか、凶と出るか?それは今後のお楽しみ?!

はじめまして

この2月に、やっと中学受験塾に通い始めた、5年生の娘を持つ母です。

まずは子どもたちの紹介から。

小5の長女、走子。ペーパーテストは苦手。学校の宿題で、頼まれていないところまで調べて提出するあたり、高校受験のほうが向いているのでは?と思わせるものがある。なのに、本人はどうしても地元の公立中学に行きたくないらしい。無謀な志望校を設定している割に、ほとんど勉強しない。日能研の最下位クラス在籍。

小2の次女、喋子。勉強するのが趣味。友達も誰も通っていない学習塾に、自ら行きたいと志願して、通っている。算数が好きで、「計算が早くなりたい」といつも言っているが、公文とそろばん教室はなぜか断固拒否。1年生の時点で、すでに中学受験する気満々で、志望校も勝手に決めている。

この子たちの母(つまり私)は、田舎で中学受験し、私立中高一貫校から私立大学へ進学。小学生のころは「国語が得意。算数が苦手」だったのに、中学で数学が好きになり、理系の大学に進学。IT系企業に就職し、そのまま現在に至る。

 

・・・と、こんな感じです。

自分の中学受験を思い出し、しんみりしたりする今日この頃ですが、子どもの理解力のなさに「きーーーーっ」となっているお母様がたが、「ウチだけじゃなかった!」と思っていただけるものになれば・・・と思っています?!

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント