仲良し姉妹の中学受験

楽しい算数?

一応、毎日無理やりこなしている、「計算と一行題」と「計算」。

走子の場合、「解答を持たせると、何も考えず、答えを丸写し」「丸つけは自分でやりたい」「計算ミスを自分で発見できない」という問題があるため、ものすごく手間がかかります。

まず、解答は私が保管していて、簡単には持ち出せない状態にしてあります。
丸付けのときにも、解答を渡してしまうと、途中式をすっ飛ばして答えしか写さないので、本人が出した回答を言わせて、私が○か×か言う。
計算の直しは嫌いなので、「バツ」と言うと、それだけで「絶対合ってるし!」とバトルモード。
(以前は、計算の直しは私がやって、解説していたのですが、それをやると、話を上の空で聞いていて、全然身につかないので、直しも本人にやらせるようにしました。)
ひとしきり、悪態をついた後、ようやく、計算やり直しに取り掛かる。
しかし、だいたい、間違えた個所を見つけられないので、「絶対合ってるよ!」と、再度キレる。
仕方ないので、私が途中式を確認。これが、ページは飛ぶわ、下から上に計算式が移るわで、ものすごく見づらい。テストは大人が採点するので、大人にわかるように途中式を書くように何度も言ってますが、「自分がわかればいいの!」と一歩も譲らず。
だいたい、走子の間違いは、「式の写し間違い」「自分が書いた途中の答を写し間違い」が圧倒的に多く、あとは普通に計算ミスがちらほら。
きれいに書けば、自分が書いた途中の答を写し間違えるのは減ると思うんだけど。。。

一行題については、線分図を自力で書けないので「わかんない」で済ませていることが多く、こちらで全部解説です。
毎日塾に行ってるんだから、塾で聞いて来てほしい。

そんなこんなで、大半の問題に、私も取り組んでいます。
そうすると、私は楽しいんだが、走子には、その楽しさが伝わらないという事態に。

「比を使えば解けるけど、まだ習ってない今の段階では、こうやって解くのか!」という発見があって、楽しいんだけどな~。
(算数は苦手でしたが、なんでも比で解く小学生だったもんで)

夏期講習後半戦

夏期講習も後半になりました。

結局2科目受講している走子です。
2科目だと、2日のみ、授業終了が20時台になりますが、他は17時台に終了。
健康的な生活リズムで過ごしています。

で、家での学習は、算数メインで考えたので、以下のメニューです。
 1.授業やテストがあったら振り返り(提出があるので・・・)
 2.計算と一行題 大問1つずつ
 3.計算 大問1つずつ
 4.漢字と言葉 1回分ずつ
 5.国語の基礎力を養うプリント1枚ずつ
 6.理科 1回分ずつ音読
 7.社会 1回分ずつ音読

算数については42問ずつ用意されており、サボると遅れを取り戻すのが大変そうなので、死守!
他は、日によっては全くやらなかったり、途中で行き倒れになっていたり。。。

今のところ、算数の間違いが減ってきた!という効果が見られます。
文章題と図形は相変わらず苦手。

あと、計算ミスをすると、自分で間違えた個所を見つけられない。。。
これは、本番で見直してもどうにもならないってことなので、なんとか見つけられるようになってほしいところです。

数字に対する感覚も弱いので、「1.8÷60」を「3」と答えていても、違和感を持ってくれないのがイタイところ。
「1.8の中に60は3個も入らないだろう!」とか思ってほしいんですが。

そして、算数メインにしたせいか、国語の取り組み方がひどい。
漢字と言葉は2周目に入りましたが、9割がた覚えていません。
辞書で調べて満足しているらしく、「覚えるんだよ」と声かけしているにも関わらず、ほぼ覚えていない。
次の日にざっと見るとかすればいいのに、全くやらないので、忘れて当然といえば当然。
仕方ないので、「前の日に間違えたところをもう一度やる」ルールを追加しました。
やること増えてブーブー言ってますが。。。

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント