仲良し姉妹の中学受験

言い切り

後期になって、「算数しかしてない」(しかも1日1問レベル)日が多かったので、穴があきまくりですが、ここへ来て、国語の文法に重大な問題があることが判明しました。

後期の語句は、品詞を立て続けにやってましたが、副詞・連体詞が分からないとかいうレベルではなく、もう全部分からないということが判明。。。

名詞すら判定できないので、かなり重症です。
噴水が名詞って分からないの・・・。

でもって、「言い切りってなに?」と来た。
「動詞の言い切りは『う段』で終わる」「形容詞の言い切りは『い』で終わる」「形容動詞の言い切りは『だ』で終わる」という説明はできるのに、言い切りの形が分からないので、結局判定できない。
ついでに「活用ってどういうこと?」状態。

「たとえば、「走らない」「走ります」「走った」「走る」「走るとき」「走れば」「走れ」「走ろう」「走った」って、後ろが変えられるのが活用。この場合だと、最後に「。(マル)」をつけて文章が終わる形になる「走る」が言い切り」という説明では、いまいちピンと来てない様子。

しかし、このへん、本科でもサラーっと説明してあって、「言い切りぐらいわかるだろう」的な書きっぷりなので、どうすれば理解できるのか???

授業を受けている間に、先生に聞いてきてほしかった!
と、今更言っても仕方ないので、ちびまる子ちゃんの文法教室を引っ張り出し、再読してもらうことにしました。
これはこれでいいんだけど、説明が詳しすぎて、結局頭に入らない恐れが・・・。

このへんで躓いてると、将来古文を習うようになると、そのまま、「カンで解いた」系に移行しそうで恐ろしいです。

もしかして、動詞・形容詞・形容動詞あたりは4年生でやってるのかなぁ?

もうすぐ冬期講習

もうすぐ冬期講習が始まります。
今回もパスです。

1日、どうしても習い事と日程がかぶってしまい、もうすぐ6年だし、これを機に習い事を辞めて、受験に全力投球!をオススメしてみたところ、走子は「習い事辞めない
」ほうを選択。
本気で受験するんなら、今の成績と志望校から考えるに、「受験に全力投球」しか道はないと思うんだよ。
しかし、「冬期講習か習い事」の選択を迫ると「習い事」になってしまうので、やむを得ず、冬期講習をパスすることに。

冬休み中は、私もほとんど家にいるので、ママ塾で乗り切る予定。
相変わらず基礎が身についてないので、みっちりやりたいと思います。

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント