仲良し姉妹の中学受験

壊滅的だったに違いない

6年のカリテも2回目となりました。

算数の基礎問題のアップダウンが激しすぎますが・・・。
前回、基礎問題がなんとヒトケタ点数という驚きの状況でしたが、今回は満点だそうで。

そして、前回の算数は、クラス全体として壊滅的だったと見えます。
来週から、W1クラス限定で、「算数特訓」が開始されることになりました!
「前週のカリテ基礎問題が30点未満の場合必修」だそーで。
30点以上の場合は希望すれば受けられるようです。

W1なのに、木曜算数という、授業の組み方が問題な気がしますが、授業の後、30分、基礎問題の特訓だそうです。
明らかにカリテ基礎問題対策でしょう。

それと、理科も、クラス全体として壊滅的(走子は常に理科壊滅的ですが)のようで、土曜授業で、翌週のカリテの範囲をやってるはずですが、「カリテ前日理科基礎確認」みたいなものが実施されるようです。
よーするに、授業としては前週にやったところですね。
これも、ストレートにカリテ対策のように見えます。

Wが2クラスだけなのに、W1が5列あり、2列目がすでに偏差値30台の世界なので、校舎として危機的状況と判断したに違いない・・・。
一番下のクラスにここまで手を入れるのは珍しいのでは?よくあることなのかなぁ?

ま、走子は、算数と理科の特訓、当然受けますけどね。
今回、算数基礎問題満点とはいえ、ダメなときはダメだし。
帰りが遅くなるけど、基礎は大事。

宿題

これまで日能研では宿題が出たことがなかったのですが、6年生カリキュラムに入り、初の宿題が出されました。
ノートを提出しなくてはならなくなったので、宿題用のノートを用意。
とはいえ、1日で終わっちゃうような分量の宿題です。

が、「自己採点で」と言われ、意味がわからない走子・・・。
自己採点って、自分の感覚で採点することじゃないから・・・。
ぶつぶつ文句言う走子に、「自分で丸付けして、提出するんだよ!」と何度も言って、やっと丸付けして提出。

なんだか、いまだに勉強の方法が身についてなくて、がっくり来ます。

新6年生

昨日、新年度のガイダンスが行われました。
同時に、各教科の先生も発表。

校舎の看板講師は、上位クラスを担当することになっていて、走子のクラスは「誰だかよくわからない先生」だそうで・・・。
「上位クラスを目指して、もっと頑張れ」ということでは?という割り当てに見えます。

ここ2週間、授業がなかったせいか、家庭学習もダラダラしがち。
1月末にもらった特別授業の問題をチマチマ解いてますが、最近、算数が白紙です!
これはよくない状況。
「問題文からわかる部分を、まず図に書く!」と毎日言ってますが、線分図の線だけ引かれているとかいう状態で、何もやっていないに等しい・・・。
日曜日は公開模試なんだけどな~。
この調子だとひどい成績に違いなし。

明日から本格的に授業が始まるので、これからどうやって家庭学習を進めるか、テキストを眺めながら考えてましたが、分量が多すぎて、どうすればいいかわからない!
しかも、火曜日と木曜日は帰りが遅くて、帰宅後には到底何もできない見込み。
1週間、算数だけで終わりそうなんですが。

いつも通り、「栄冠をやるように」言われたようですが、走子は授業の振り返りすらできるかどうか怪しい・・・。
隙があれば、遊んでいる、この状況をなんとかしたい・・・。

1年

あと1年で、本当の受験。

新5年から通塾開始したので、入塾からもちょうど1年です。
最初の成績がひどかったので、前期の平均偏差値より、後期の平均偏差値のほうが高くなりましたが、それも「気持ち程度」。

日能研の授業について行けてるとは到底言えない状況なので、「中学受験を辞めたい」と私が思ったことは数知れず。

本人は、どうしても地元の公立中学行きたくないので、受験だけは辞める気なし。
もうちょっと本人のレベルに合った塾に変えたいところですが、成績順の席が、実は、モチベーションアップの鍵になっているので、辞めにくいのでした。

この1年で気付いたこと。
○塾の勉強が、実質、学校の先取りになっているので、学校の成績は格段によくなった。
○走子は丸暗記が得意。思考力がないので、今の入試には向いていない。このまま行くと、高校受験でも大学受験でも苦労しそう。
○成績順の席は私は嫌いだったけど、抵抗なし。
○カリテのほうが範囲が狭くて勉強しやすいと思ってたけど、走子の場合、2週間では新しいことが身に付かない。定着に時間がかかる。
○新4年から入ればよかった!どうしても、基礎部分に抜けがある。
○宿題以外を、自分で勉強する習慣がなかった。

そんなこんなで新6年スタート。
もう少し、自分から勉強するようになってほしいです。

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント