仲良し姉妹の中学受験

もっとゆっくり?

4年生、算数だけだと思えば、十分ゆっくり進んでると思うんだけど、1週間では消化しきれない今日この頃。
1週間の内容を2週間かければ、ようやく一部つかめてくるレベル。
結構厳しいなぁと思うわけです。
走子は、4年生のカリキュラムを受けてないけど、面積で苦労したことがないので、なんでかなー?と思ったけど、たぶん、学校だと、周りの長さってあまり重要視されてなくて、「とにかく面積」だったんだと思うのです。
だから、単純に面積の公式を叩き込まれていて、あまり悩まず入った気がする。
円周が出たあたりで初めて混乱してたなぁ、そういえば。

この前のカリテは、長方形の面積・逆算あたりなんだけど、苦戦してる子は多いんだなぁという印象。
正方形は特殊な長方形なだけだし、長方形の面積しか出てこないんだから、そんなに難しい話ではないと思うんだけど、面積っていう概念が理解できてないんだろうなぁ~。
1cm×3cmの長方形だと、1cmの正方形が3個入るっていうのが、瞬時に理解できてない・・・。
そして、不意打ちで出てくる周りの長さに惑わされる。

明日は公開模試だけど、どうなることやら・・・。

面積と周りの長さ

予想通りの展開ですが、周りの長さの次の週が面積なので、大混乱となっています。
長方形の面積の求め方が「縦×横×2」という謎の公式になっている様子。

よく考えたら、今まで、数直線上の数量しかなかったのに、いきなり二次元ですからね。
面積って何?っていうところから、ピンと来ないんだろうと思います。

「一辺が1cmの正方形の数が面積だよ」と言ったら、長方形の中に、一辺が1cmの正方形をぎっしり書いて数えようとする。
それって、掛け算の概念もつかみきれてないってことだよね・・・。

面積の単位換算は、走子も最後まで苦戦したので、これは今は身につかなくてもいいや。
・・・としても、そもそも面積自体がよくわかってないんだから、どうにもならない。

さらに、予想通り、今週は面積の逆算ですよ。
もう、全然追いついてない感じです。

走子は、学校で面積の概念を習うほうが先だったから、「面積とは?」みたいなところはすんなり入ったけど、喋子は日能研のほうが先に習ったので、なかなか入りづらい感じ。

ふと思ったけど、初めての子を新小4から入れて、喋子みたいな状態だったら、「この子は中学受験に向いてないんじゃないか」と思っちゃうかも。
我が家は、1年遅れで受験勉強を始めて、終了した子がいるから、最終的な見通しがなんとなく立っていて、「4年は何もしなくても、5年で食らいついていけば追いつける」と思います。だから、今習ってることが全然身についてなくても、「仕方ない」と思える。

新小4から入る利点は、できない子のほうが大きくて、「どっかで追いつくために必死でやる時期」を作らずに済むってことだと思うのです。
必死にやらないから、ダラダラやってて、気が付くと6年後半!という危険性もあるけど・・・。

4年からだと、こういう基礎的なことをやるんだー、5年から入るより楽かも?とは思いますが、これも初めての子だったら、そんな悠長なことは思えないかもなぁ。

通学たいへん

走子の中学生活が始まりました。
通学がたいへんそうです。
朝が早いのもあるけど、電車の混み具合に文句を言う毎日。
うちから見ると上りだからね。
通勤の皆さんと時間が一緒になっちゃうんだよね。

友達に「遠い!」と文句を言うと、「もっと近くの学校にすればよかったんじゃないの?」と言われる様子。
もっと近くにも、私立はたくさんあるしね。
「遠いのが嫌なら、公立でよかったんじゃないの?」と言うと、「それはイヤ」だそうで。

学校はとにかく楽しそうです。
これで近ければ文句ないんだけどな~。

木曜日なんて、普段家を出る時間の数分前に起床!
30分前に起こしたのに。

そろそろ、私の母のように、「あと5分で出ないと遅刻!」という時間まで起こさないようにしようかなー。
ふふふ。

やっと終わった

春期講習も受けず、ひたすら四則混合逆算をやってました。
というか、栄冠をぐるぐる回してました。
もうねぇ、前の日に直しまでやったのに、翌日はすでに記憶のかなたで全然解けないというのが連日。
3週間やったところで、ようやく「前日やったことを覚えていた」確認が終了。
そろそろ、最初のころにできたところを忘れてるんじゃないかと心配なぐらい・・・。

案の定、最近やってなかった「-□」「÷□」のやり方はすっかり忘れてます。
はぁぁぁぁぁ。
計算の単元終わっちゃうんですけどー。

そして、久しぶりに国語の本科とか栄冠とかに取り組んでますが、すっかり「面倒くさい」モード。
いつものリズムに戻すのもたいへんそうです。

算数苦戦中

予想通りの展開ですが、ただいま、算数苦戦中です。
四則混合逆算、やっぱり苦手です。

問題点はこんなにある。
1.1桁で割る割り算が暗算でできない。
2.2桁で割る割り算で、おおよその数の商を出せない。
3.割り算の筆算のための掛け算を、また筆算でやる。
4.÷□、-□の逆算のやり方をすぐ忘れる。
5.分配法則がうまく使えない。
6.文章題の場合、文章内に□とか「ある数」という表記がないと立式が困難。

ちなみに、走子が教えてたのが、間違ってた!
特に上の問題点6に相当する問題。
「最初の式が違うよ!」という状況。
2人とも、国語力がないんだろうなぁ。

春休み中になんとかしたいんだけど、「できなくていいし!」とすぐ投げ出すので、どうやったら投げ出さなくなるか、探り中です。

結果偏差値

2016年受験の日能研結果偏差値が発表されたようです。
走子の第一志望校、思ったほど偏差値は上がってなくて、やっぱり実力不足だなと思い知ったところ。

そして、進学する予定の学校は、予想より高かった。
これはまずい・・・。
走子の年間平均偏差値より気持ち上ぐらいだろうと思ってたら、5も上だった。
しかも、走子が合格したときの回に至っては、10近く上だった。
走子は奇跡的に入った模様。
てことは、入学後、下位になる可能性が高いってことだよねぇ。
真ん中より若干下ぐらいのスタートのつもりだったけど、相当下かもしれず、入学直後のテスト結果が、今から恐ろしいです。

中学受験に向かう理由それぞれ

走子と喋子は、どちらも共学希望で中学受験に向かいましたが、そもそも「なぜ中学受験か」というところが実は違ってたりします。

走子の場合。
地元の公立中学回避が理由。(確かに荒れてるけど、「自分もそっちに行っちゃいそう」という理由・・・。それもどうかと思う)
なので、最低希望ラインはかなり低めでした。
生徒数の多い共学志望だけど、最悪、こじんまりした女子校でもよいという感じだった。
学校に友達は多いし、内申もそこそこ取れそうなタイプなので、高校受験のほうが楽そうだったんだけどなぁ。

喋子の場合。
行きたい私立(共学)がある。
女子校に行くぐらいなら、公立に行くつもりでいるらしい。
姉がいるせいか、「最低ラインは姉の学校」みたいな生意気な感じ。
まだ新4年生の時期なので、無謀なレベルの学校を志望校に設定してもいいはずなんだけど、ピンと来ないと、さっさと志望校から外すので、実はあまり志望校のレベルは高くなかったりする。(これが吉と出るか、凶と出るか・・・)
ちなみに、内申は期待できないタイプ。なので、親としては、高校受験を回避したい。

私自身は公立回避が最大の理由だったけど、その割に、余裕で入れそうな学校を受けませんでした。
今思うと、結構危険な受験だった・・・。

懐かしの逆算

走子が苦労した逆算が出てきました。
初回は単純な逆算ですね。
いきなり四則混合逆算だったから大変だったのではないかと、今になると思います。
喋子を見ていると、先週の四則混合算のほうが、計算順序に苦労してました。
苦手なのは「□×○⁺△÷★」みたいなの。+や-の前と後を別々に計算するパターンがだいたいダメです。
最初のほうを先に計算して、なぜか△あたりが無視されてずらずら計算しちゃうことが多いです。
セオリー通りに計算順序を書けばいいのに、書かないし。

今週の逆算のほうが簡単らしいです。
へぇ~。
たしかに、「ここから入れば、逆算もそんなに大変じゃなかったのかも」とは思うけど。

たぶん、来週の四則混合逆算が、4年生最初の山場ではないかと思っています。
これで春休み突入だから、春休みは四則混合逆算の特訓?

カリテ嫌い

このたび、カリテがひどい状況です。
走子なら、「通常通り」な評価なんだけど、喋子にとっては、「名前張り出し(クラス3位以内)にならない」時点で「ダメな感じ」らしい。
ダメでもいいんだけど、テストの振り返りをやるのが大変です。
宿題やるのも大変だけど、さらに大変。
本部系の振り返りシートは、全科目のうちの1問をやり直しと、漢字を書き直しと、今後どうするかみたいなシートだった。
でも、今、喋子が使っているシートは、国語と算数を3問以上ずつ解きなおすシート。
正答率高いほうから3問ずつでも、相当時間かかります。
間違えた問題をやり直すのがイヤなのはわかるけど、毎回、以下の会話をやるのは辞めたい・・・。
「もう受験しないし!」
「じゃあ、高校受験にするの?」
「高校受験もしない!」
「じゃあ、中学卒業したら働いてね」
「働かない」
「じゃあ、どうするのよ」
「何もしない!」
「中学卒業して、何もしないってのはないんだよ。高校行くか、働くかしてくれないと」
これで相当時間使います。
高校受験と中卒で働くのはなぜか回避したいらしく、30分後とかに、キレながら直しが始まる。
今日なんて、半分寝てたし。

計算ミスが多いので、今みたいに計算の単元が続くのは、結構苦痛なようです。
計算じゃなくなったらできるのか?
今も、文章題は全然内容理解できてないけど・・・。

1か月経った

気が付けば、受験終了からちょうど1か月が経ちました。
走子と、「まだ1か月しか経ってないの?もっとずーっと前な気がする」と話しています。
たぶん、受験が終わってから、塾も習い事も何もなく、のーんびりしているからだと思うんですが。
本当に、はるか昔の気分。

のんびりと言っても、学校では卒業の準備が着々と進んでいるし、入学前の宿題はたっぷりあるんですが、やっぱり通塾がなくなったっていうのが大きい。
塾がない日も、自習に行ってたので、実質週6日通ってたしね。
そして、中学入学まであと1か月。これも、相当先な気分でいるけど、これが危険な状況な気がする・・・。
最初は、入学前の宿題をまじめにやってたけど、だんだんサボり気味。
中学の勉強は面倒見ないと言ってあるので、中身の詳細チェックはしてないけど、このところあまり進んでない気がするな~。
3月末頃になって焦るんじゃなかろうか。

受験が終わってから、入学までの間って、なんだかフワフワしてますね。
私の中学受験は、今では考えられないけど、3月初旬に受験して、結果が中旬に出るようなスケジュールだったので、「卒業式が終わったら、すぐ入学」みたいな感じで、フワフワする余裕もなかった。
中学に入ってからも勉強しなきゃいけないことを考えると、受験終了から2か月も空いちゃうのって、どうなんだろう?と思う今日この頃。

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント