仲良し姉妹の中学受験

算数苦戦中

予想通りの展開ですが、ただいま、算数苦戦中です。
四則混合逆算、やっぱり苦手です。

問題点はこんなにある。
1.1桁で割る割り算が暗算でできない。
2.2桁で割る割り算で、おおよその数の商を出せない。
3.割り算の筆算のための掛け算を、また筆算でやる。
4.÷□、-□の逆算のやり方をすぐ忘れる。
5.分配法則がうまく使えない。
6.文章題の場合、文章内に□とか「ある数」という表記がないと立式が困難。

ちなみに、走子が教えてたのが、間違ってた!
特に上の問題点6に相当する問題。
「最初の式が違うよ!」という状況。
2人とも、国語力がないんだろうなぁ。

春休み中になんとかしたいんだけど、「できなくていいし!」とすぐ投げ出すので、どうやったら投げ出さなくなるか、探り中です。

結果偏差値

2016年受験の日能研結果偏差値が発表されたようです。
走子の第一志望校、思ったほど偏差値は上がってなくて、やっぱり実力不足だなと思い知ったところ。

そして、進学する予定の学校は、予想より高かった。
これはまずい・・・。
走子の年間平均偏差値より気持ち上ぐらいだろうと思ってたら、5も上だった。
しかも、走子が合格したときの回に至っては、10近く上だった。
走子は奇跡的に入った模様。
てことは、入学後、下位になる可能性が高いってことだよねぇ。
真ん中より若干下ぐらいのスタートのつもりだったけど、相当下かもしれず、入学直後のテスト結果が、今から恐ろしいです。

中学受験に向かう理由それぞれ

走子と喋子は、どちらも共学希望で中学受験に向かいましたが、そもそも「なぜ中学受験か」というところが実は違ってたりします。

走子の場合。
地元の公立中学回避が理由。(確かに荒れてるけど、「自分もそっちに行っちゃいそう」という理由・・・。それもどうかと思う)
なので、最低希望ラインはかなり低めでした。
生徒数の多い共学志望だけど、最悪、こじんまりした女子校でもよいという感じだった。
学校に友達は多いし、内申もそこそこ取れそうなタイプなので、高校受験のほうが楽そうだったんだけどなぁ。

喋子の場合。
行きたい私立(共学)がある。
女子校に行くぐらいなら、公立に行くつもりでいるらしい。
姉がいるせいか、「最低ラインは姉の学校」みたいな生意気な感じ。
まだ新4年生の時期なので、無謀なレベルの学校を志望校に設定してもいいはずなんだけど、ピンと来ないと、さっさと志望校から外すので、実はあまり志望校のレベルは高くなかったりする。(これが吉と出るか、凶と出るか・・・)
ちなみに、内申は期待できないタイプ。なので、親としては、高校受験を回避したい。

私自身は公立回避が最大の理由だったけど、その割に、余裕で入れそうな学校を受けませんでした。
今思うと、結構危険な受験だった・・・。

懐かしの逆算

走子が苦労した逆算が出てきました。
初回は単純な逆算ですね。
いきなり四則混合逆算だったから大変だったのではないかと、今になると思います。
喋子を見ていると、先週の四則混合算のほうが、計算順序に苦労してました。
苦手なのは「□×○⁺△÷★」みたいなの。+や-の前と後を別々に計算するパターンがだいたいダメです。
最初のほうを先に計算して、なぜか△あたりが無視されてずらずら計算しちゃうことが多いです。
セオリー通りに計算順序を書けばいいのに、書かないし。

今週の逆算のほうが簡単らしいです。
へぇ~。
たしかに、「ここから入れば、逆算もそんなに大変じゃなかったのかも」とは思うけど。

たぶん、来週の四則混合逆算が、4年生最初の山場ではないかと思っています。
これで春休み突入だから、春休みは四則混合逆算の特訓?

カリテ嫌い

このたび、カリテがひどい状況です。
走子なら、「通常通り」な評価なんだけど、喋子にとっては、「名前張り出し(クラス3位以内)にならない」時点で「ダメな感じ」らしい。
ダメでもいいんだけど、テストの振り返りをやるのが大変です。
宿題やるのも大変だけど、さらに大変。
本部系の振り返りシートは、全科目のうちの1問をやり直しと、漢字を書き直しと、今後どうするかみたいなシートだった。
でも、今、喋子が使っているシートは、国語と算数を3問以上ずつ解きなおすシート。
正答率高いほうから3問ずつでも、相当時間かかります。
間違えた問題をやり直すのがイヤなのはわかるけど、毎回、以下の会話をやるのは辞めたい・・・。
「もう受験しないし!」
「じゃあ、高校受験にするの?」
「高校受験もしない!」
「じゃあ、中学卒業したら働いてね」
「働かない」
「じゃあ、どうするのよ」
「何もしない!」
「中学卒業して、何もしないってのはないんだよ。高校行くか、働くかしてくれないと」
これで相当時間使います。
高校受験と中卒で働くのはなぜか回避したいらしく、30分後とかに、キレながら直しが始まる。
今日なんて、半分寝てたし。

計算ミスが多いので、今みたいに計算の単元が続くのは、結構苦痛なようです。
計算じゃなくなったらできるのか?
今も、文章題は全然内容理解できてないけど・・・。

1か月経った

気が付けば、受験終了からちょうど1か月が経ちました。
走子と、「まだ1か月しか経ってないの?もっとずーっと前な気がする」と話しています。
たぶん、受験が終わってから、塾も習い事も何もなく、のーんびりしているからだと思うんですが。
本当に、はるか昔の気分。

のんびりと言っても、学校では卒業の準備が着々と進んでいるし、入学前の宿題はたっぷりあるんですが、やっぱり通塾がなくなったっていうのが大きい。
塾がない日も、自習に行ってたので、実質週6日通ってたしね。
そして、中学入学まであと1か月。これも、相当先な気分でいるけど、これが危険な状況な気がする・・・。
最初は、入学前の宿題をまじめにやってたけど、だんだんサボり気味。
中学の勉強は面倒見ないと言ってあるので、中身の詳細チェックはしてないけど、このところあまり進んでない気がするな~。
3月末頃になって焦るんじゃなかろうか。

受験が終わってから、入学までの間って、なんだかフワフワしてますね。
私の中学受験は、今では考えられないけど、3月初旬に受験して、結果が中旬に出るようなスケジュールだったので、「卒業式が終わったら、すぐ入学」みたいな感じで、フワフワする余裕もなかった。
中学に入ってからも勉強しなきゃいけないことを考えると、受験終了から2か月も空いちゃうのって、どうなんだろう?と思う今日この頃。

新4年生の授業

新4年生の授業が始まって1か月が過ぎました。
この時期、算数の単元はしばらく計算しかないので、内容的には受講する必要性を感じない。やっぱり。
でも、どうやって1週間の学習を回すか、家庭学習で主にやるべきことは何か、とかは、新4年生の時期は丁寧に教えてくれてるなぁという印象。
本部系と関東系の違いによるものかもしれないけど。
算数に関しては、毎回どこをやってくるか、細かく指定があり、通常のパターンは「栄冠の問研はやらないけど、補充問題はやる」なんだけど、補充問題の一部はやらなくてよいことになってたり、余裕があれば問研もやるように指示があったり、各回によって微妙に違う。
テストの振り返りも、あまりたくさんやらなくていいとか、正答率が高いほうから取り組むようにとか、細かい指示があります。

ガウディアで学習習慣はついてるつもりだったけど、毎日何をやるか決められてるわけじゃないので、勝手が違うようです。
学習習慣をつけるという意味では、4年生の受講も意味があるのだろうと思います。
だから、「好きな科目1科目から受講可能」なんだと思うのです。

ちなみに、喋子の校舎では、4科受講から2科受講に変更した子がかなりいたようです。
4科は負担が大きいからねぇ。A1クラスで6年までいっちゃうと、2科目で十分だったりするし。

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント