仲良し姉妹の中学受験

カリテ嫌い

このたび、カリテがひどい状況です。
走子なら、「通常通り」な評価なんだけど、喋子にとっては、「名前張り出し(クラス3位以内)にならない」時点で「ダメな感じ」らしい。
ダメでもいいんだけど、テストの振り返りをやるのが大変です。
宿題やるのも大変だけど、さらに大変。
本部系の振り返りシートは、全科目のうちの1問をやり直しと、漢字を書き直しと、今後どうするかみたいなシートだった。
でも、今、喋子が使っているシートは、国語と算数を3問以上ずつ解きなおすシート。
正答率高いほうから3問ずつでも、相当時間かかります。
間違えた問題をやり直すのがイヤなのはわかるけど、毎回、以下の会話をやるのは辞めたい・・・。
「もう受験しないし!」
「じゃあ、高校受験にするの?」
「高校受験もしない!」
「じゃあ、中学卒業したら働いてね」
「働かない」
「じゃあ、どうするのよ」
「何もしない!」
「中学卒業して、何もしないってのはないんだよ。高校行くか、働くかしてくれないと」
これで相当時間使います。
高校受験と中卒で働くのはなぜか回避したいらしく、30分後とかに、キレながら直しが始まる。
今日なんて、半分寝てたし。

計算ミスが多いので、今みたいに計算の単元が続くのは、結構苦痛なようです。
計算じゃなくなったらできるのか?
今も、文章題は全然内容理解できてないけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント