仲良し姉妹の中学受験

やっと終わった

春期講習も受けず、ひたすら四則混合逆算をやってました。
というか、栄冠をぐるぐる回してました。
もうねぇ、前の日に直しまでやったのに、翌日はすでに記憶のかなたで全然解けないというのが連日。
3週間やったところで、ようやく「前日やったことを覚えていた」確認が終了。
そろそろ、最初のころにできたところを忘れてるんじゃないかと心配なぐらい・・・。

案の定、最近やってなかった「-□」「÷□」のやり方はすっかり忘れてます。
はぁぁぁぁぁ。
計算の単元終わっちゃうんですけどー。

そして、久しぶりに国語の本科とか栄冠とかに取り組んでますが、すっかり「面倒くさい」モード。
いつものリズムに戻すのもたいへんそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント