仲良し姉妹の中学受験

面積と周りの長さ

予想通りの展開ですが、周りの長さの次の週が面積なので、大混乱となっています。
長方形の面積の求め方が「縦×横×2」という謎の公式になっている様子。

よく考えたら、今まで、数直線上の数量しかなかったのに、いきなり二次元ですからね。
面積って何?っていうところから、ピンと来ないんだろうと思います。

「一辺が1cmの正方形の数が面積だよ」と言ったら、長方形の中に、一辺が1cmの正方形をぎっしり書いて数えようとする。
それって、掛け算の概念もつかみきれてないってことだよね・・・。

面積の単位換算は、走子も最後まで苦戦したので、これは今は身につかなくてもいいや。
・・・としても、そもそも面積自体がよくわかってないんだから、どうにもならない。

さらに、予想通り、今週は面積の逆算ですよ。
もう、全然追いついてない感じです。

走子は、学校で面積の概念を習うほうが先だったから、「面積とは?」みたいなところはすんなり入ったけど、喋子は日能研のほうが先に習ったので、なかなか入りづらい感じ。

ふと思ったけど、初めての子を新小4から入れて、喋子みたいな状態だったら、「この子は中学受験に向いてないんじゃないか」と思っちゃうかも。
我が家は、1年遅れで受験勉強を始めて、終了した子がいるから、最終的な見通しがなんとなく立っていて、「4年は何もしなくても、5年で食らいついていけば追いつける」と思います。だから、今習ってることが全然身についてなくても、「仕方ない」と思える。

新小4から入る利点は、できない子のほうが大きくて、「どっかで追いつくために必死でやる時期」を作らずに済むってことだと思うのです。
必死にやらないから、ダラダラやってて、気が付くと6年後半!という危険性もあるけど・・・。

4年からだと、こういう基礎的なことをやるんだー、5年から入るより楽かも?とは思いますが、これも初めての子だったら、そんな悠長なことは思えないかもなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント