仲良し姉妹の中学受験

学校で習うと分かる

ヨウ素液をデンプンに垂らすと何色になるか?

大人だと深く考えなくても反射的答えられそうですが、走子は全然頭に入っていませんでした。
それが、学校で習うと一発で頭に入ったようです。

理科は、学校で実物を見ないと頭に入ってこないようです。

この前も、顕微鏡の使い方が全く分かっておらず、学校で実物も見たことがないことが判明。
一度触れば、どういう手順で使うか分かりそうなんだけど、わざわざ自宅に顕微鏡を用意するほどのことでもないし、学校で使う日が来るのをひたすら待つのみ。
いつ出てくるのかなあ。。。
出来れば早く出てきてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  1. 数子 数子 より:

    アンダンテさん>
    あれから、顕微鏡の本物っぽいおもちゃを買って、与えてみました!
    「へぇぇぇ」なんて言いながら触ってましたが、本物と違って、接眼レンズを変えられないので、どの順番にセットするかは怪しげでしたが、授業で出てきたときに、興奮気味に「顕微鏡触れたーーー!」と教えてくれました。
    顕微鏡に親しむキッカケにはなったかな?と思います。
    貴重な情報、ありがとうございました!

    #コメントへの返信方法が分からず、遅くなりました。スミマセン。つくづくアナログな私・・・。

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント