【先行視聴スタート】「自分から学べる子に!本当に『子どものためになる』ほめ方」セミナー

「自分でできる子に育つほめ方 叱り方」の著者、島村華子先生の特別セミナーの会員限定先行視聴がスタートしました。「子どもへの接し方はこれでいいの?」「なかなか子どもが言うことをきかない!」と悩む親御さんに必見のセミナーです!
また会員になると、読者のお悩みに島村先生が回答「子育てのお悩みQ&A」をご覧いただけます。

特別セミナー「自分から学べる子に!本当に『子どものためになる』ほめ方」見どころ

前編:お子さんに対して、無意識のイメージを持っていませんか?無意識のイメージや見方は行動の根源に。だからこそ、イメージを見直すことの大切さについて解説します。

後編:過度な「おざなりほめ」はほめられたい依存症を作り出ことに。効果的なほめ方として「プロセスほめ」を目指す!など、「ほめ方」について詳しくアドバイスしています。

「子育てのお悩みQ&A」のご相談を紹介

第1回:「できることよりできないことに目がいってしまう」
できることより、できなかったことについつい目がいってしまう。子どもとどう向き合えばよいでしょうか?(小学生のお母さまからの相談)

第2回:「没頭力がすごい息子。興味のあることを伸ばしてあげたい」
興味のあることだけを武器にして、子どもの力を伸ばしていってあげたい。これからの人生を切りひらいていけるように、どう褒めて伸ばしていけばいいのでしょうか。(10歳の息子さんがいるお母さまからの相談)

第3回:「アクティブリスニングが大事とわかっていてもなかなかできない」
子どもと話をするとついアドバイスしてしまう。寄り添って話を聞く上で、これをまずは心がけておいたほうがいい、ということとはあるでしょうか?

島村先生

講師:島村 華子先生のご紹介

オックスフォード大学 修士・博士課程修了(児童発達学)。モンテッソーリ&レッジョ・エミリア教育研究者 。
上智大学卒業後、カナダのバンクーバーに渡りモンテッソーリ国際協会(AMI)の教員資格免許を取得。カナダのモンテッソーリ幼稚園での教員生活を経て、 オックスフォード大学にて児童発達学の修士、博士課程修了。現在はカナダの大学にて幼児教育の教員養成に関わる。 専門分野は動機理論、実行機能、社会性と情動の学習、幼児教育の質評価、モンテッソーリ教育、レッジョ・エミリア教育法。

エデュナビ会員とは

会員登録するとさまざまなサービス特典があります!
・最新の学校情報、中学受験Q&A動画、子育て・教育に役立つ情報をメール配信
・講演会などの各種募集、プレゼントに優先的ご応募可能