“自由の森学園 中学校・高等学校” の掲示板

自由の森学園 中学校・高等学校の掲示板にはまだスレッドがありません。
ぜひ初めてのスレッドを作成して、掲示板を盛り上げてみませんか?

この掲示板に新規スレッドを作成する

“自由の森学園中学校・高等学校”の学校情報

学校名
共学 自由の森学園中学校・高等学校
住所
〒357-8550 埼玉県飯能市小岩井613
交通
西武池袋線「飯能」、西武新宿線「狭山市」、JR八高線「高麗川」・「東飯能」、JR青梅線「小作」よりスクールバス。
電話番号
042-972-3131
学校HP
http://www.jiyunomori.ac.jp/
学校長
中野 裕
沿革
昭和60年創立。
教育方針
人間の尊厳を基調にして、若者の可能性にはたらきかけ、異質で多様な能力を引き出し、自由と自立の理念を育むことを教育目標にしています。
施設・設備
多目的ホール、音楽ホール、美術棟、木工室、体育館などの施設が整っています。食堂は、添加物の入っていない安全な食材だけを使用して運営されています。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要芸術による教育を重視

多彩な授業で、生徒各自に自らの才能と興味を発見させ、個性を育成しています。また、創造力や表現力、感性の豊かさを育てるため、芸術による教育を重視しています。

学習内容授業は「つくるもの」

中学校では、特定の教科に偏ることなく幅広く学び、生徒の興味・関心を広げています。授業を「つくるもの」と位置づけ、どの授業にもディスカッションが多く取り入れられています。定期テストはなく、各教科のまとめとなる課題やレポートを提出しています。
高校でも、自ら学ぼうとする姿勢を重視し、中学同様ディスカッションから生まれる多角的な視点通して、つくり上げる授業を展開しています。3年間を通して教科がバランスよく配置されたカリキュラムで、1年次から選択講座が設けられています。選択講座は、「言葉」「自然」「異文化」「創る」などの分野に約100講座設置され、ディスカッションや発表、ものづくり、フィールドワークなどを取り入れて実施されています。また、芸術系の教科を重視し、豊かな表現力を育成しています。中学同様に定期テストはなく、教科で学習した内容に沿った課題やレポートを提出して、「学習の記録」を作成します。

特色国威祭理解教育を重視

行事・部活動ともに生徒が自主的に運営しています。学園祭は、ねぶたの御輿が見もので、後夜祭で登場します。ほかに、体育祭や音楽祭などが行われています。生徒が企画する学年ワークでは、学年ごとに各地に出かけていきます。
国際理解教育として、選択講座のスタディー・アブロード講座では、カナダへ出かけて、ホームステイを行います。また、韓国や台湾を訪問する講座もあります。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板