“ノートルダム女学院中学高等学校” の掲示板

この掲示板に新規スレッドを作成する

最終更新:
スレッドの並び順: スレッド作成日 書き込み日時
スレッドのタイトル 書き込み数 スレッド作成者 最終書き込み
ノートルダム女学院高等学校内の放課後のお稽古について。 2 保護者A 16/02/01 01:44
(保護者A)
女学院の英語 0 ダムすき… 12/11/19 23:29
(ダムすき…)

「京都府に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“ノートルダム女学院中学校・高等学校”の学校情報

学校名
女子校 ノートルダム女学院中学校・高等学校
住所
〒606-8423 京都府京都市左京区鹿ヶ谷桜谷町110
交通
地下鉄東西線「蹴上」徒歩20分。
電話番号
075-771-0570
学校長
栗本 嘉子
沿革
昭和27年ノートルダム女学院中学校開校。同28年ノートルダム女学院高等学校開校。
教育方針
キリスト教精神に基づき、海外の文化の優れたところを取り入れ、日本の良いものを大切にするしなやかさを備えた女性になるように、21世紀のLady教育を実践しています。
施設・設備
施設には、聖堂、茶室、最新の設備を備えた教室、学習合宿など多目的に活用できる和室、読書などで静かに過ごせる図書室、体育館などがあります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要「徳と知」を身につける教育

Virtus et Scientia「徳と知」を建学の精神として、教育活動を行っています。「徳」は人間の内面の力を、「知」は人間の知恵を意味し、この2つを身につける教育を行っています。

学習内容段階的に力をつける3コース

論理的思考力・コミュニケーション能力などを養いながら有名私大進学を目指すプレップ総合コース、海外大学進学も視野に入れながら、英語とグローバルマインドを身につけるグローバル英語コース、主体的な探究心を伸ばしながら難関国立大・難関私大理系進学を目指すSTE@M探究コースが設けられています。
プレップ総合コースでは、中1・2で基礎的な言語能力を習得。中3・高1で論理的思考力を育成し、高2・3でコミュニケーション能力を活用することに努めます。グローバル英語コースでは、中1・2で英語の土台を築き、中3・高1で英語を活用する力を養い、高2・3で英語を通して世界と関わることに努めます。3か月間の留学プログラムによって、ホームステイと現地校での授業・交流などを通して実践的な英語力を身につけます。STE@M探究コースでは、中1で体系的な知識を定着させ、中2・3で好奇心・探究心を育成。高1で探究心を主体的・独創的に活用し、高2・3で探究型思考力を武器に受験対策に取り組みます。

特色クラス対抗の合唱祭

7月に行われる合唱祭では、選曲・指揮・伴奏を音楽科の先生の指導の下、クラスで選ばれたマネージャーを中心に、準備を重ねてクラス対抗で競います。
クラブ活動は、体育系ではバスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部など、文化系ではコーラス部、オーケストラ部、軽音楽部などが元気に活動しています。
グローバル英語コースでは10日間のヨーロッパ研修が行われ、現地の人々と交流します。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板