“京都女子中学校・高等学校”の学校情報

学校名
女子校 京都女子中学校・高等学校
住所
〒605-8501 京都府京都市東山区今熊野北日吉町17
交通
京阪本線「七条」徒歩15分。
電話番号
075-531-7334
学校長
林 信康
沿革
明治32年私塾「顕道女学院」設立。同43年京都女学校に改称。
教育方針
仏教精神に基づく高い教養を身につけることにより、現代社会の第一線で活躍できる優れた知性と豊かな心を兼ね備えた女性の育成を目指しています。
施設・設備
11万冊を超える蔵書数を誇る図書館、礼拝などに使用する講堂、体育館、25m×10コースが設けられたプール、音楽室2室などの設備があります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要グローバル社会に貢献できる女性の育成

親鸞聖人の教えをもとに、「自立」「共生」「感謝」という3つの理念に基づく教育を行うことにより、女子の能力・特性を最大限に伸ばし、グローバル社会に貢献できる女性の育成を目指しています。

学習内容早い段階から進路を見すえた学習

中学からの入学生は難関公立大・医歯薬理系学部を目指す?類、国公立大・難関私大を目指す?類、京都女子大への進学を前提とした10年一貫教育を行うウィステリアコースに分かれます。?類と?類では先取り学習が行われるほか、?類では高度なレベルの教材を使用した授業があります。?類ではていねいな補習体制によって学力の伸長を図ります。
高校からの入学生は高1では中学からの生徒と別クラスで、英数国で先取り授業が行われます。高2で中学からの生徒と混合クラスになり、?類(国公立大・文系)、?類(国公立大・私立大理系)、?類(難関私立大文系・京都女子大)に分かれます。
放課後には進学保守講座が開講されており、無料で受講することができます。私立大文系への指定校推薦枠は、?類が優先されます。

特色団結力を示す学校行事

学校行事には、演劇・展示・コーラスの各ジャンルで力のこもった発表をする9月の文化祭、学年ごとに応援合戦を繰り広げる10月の体育祭などがあります。
全国大会出場の実績をもつ少林寺拳法部、コーラス部などをはじめ、陸上競技部、弓道部、ダンス部など体育系15部、オーケストラ部、軽音楽部、演劇部など文化系21部が熱心に活動しています。
ウィステリアコース・科では中学でオーストラリア、高校でアメリカへ約2週間の海外研修が行われています。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板