“北嶺中学校・高等学校”の学校情報

学校名
男子校 北嶺中学校・高等学校
住所
〒004-0839 北海道札幌市清田区真栄448-1
交通
地下鉄東豊線「福住」よりバス、またはスクールバス。
電話番号
011-883-4651
学校HP
http://www.kibou.ac.jp/hokurei/
学校長
谷地田 穣
沿革
昭和61年北嶺中学校設立。平成1年 北嶺高等学校開設。
教育方針
合理的な教育課程を編成し、規律・責任・礼儀を重視した人格形成と、英才の育成を目指した教育を推進しています。
施設・設備
体育館、記念ホール、ラウンジ、格技場、美術/技術教室、図書室、ICT学習室、油彩室、音楽室、自習室、理科室などがあります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生
偏差値

中学入試 60(60-60)

学校概要少数精鋭の男子校

少数精鋭の男子校です。豊かな情操を培うだけでなく、おおらかな人間性を養い、広い視野から社会に貢献できる人間の育成を図っています。

学習内容週6日制・50分授業で授業時間数を確保

中学・高校の学習内容を系統的に整理して、重複部分を省略した合理的なカリキュラム編成で、英語・国語・数学では高校の教育課程を高校2年次で修了し、高校3年次では大学受験に向けた演習中心の授業になります。
最大のメリットである少人数制の学校という特色を活かし、教師は生徒一人ひとりの学習進度を把握することによって、個別のテキストによる添削指導などを実施しています。一般の学校では難しい個別指導が可能で、塾や予備校に依存せずに十分に大学受験への対応ができます。また、週6日制・50分授業で、主要教科の授業時間数を確保しています。
夏期講習や冬期講習、放課後の補習は中学3年次の夏休み以降から始まります。英語・数学・国語に関しては、教科ごとにハイレベルとスタンダードの2コースが設けられ、高校3年次はさらに細分化されたクラスで学びます。
進路指導として、東大などへの大学見学ツアーなども実施されています。

特色寮独自のイベントも実施

行事には、ラグビー大会、柔道大会、登山、音楽発表会、北嶺祭(文化祭)、芸術鑑賞、球技大会などが催されています。
国際理解教育として、修学旅行には「ハーバード大学&マサチューセッツ工科大学 グローバルリーダー養成プログラム」が実施されています。
学生寮(青雲寮)が設けられており、スポーツフェスティバルやスキー遠足など寮独自のイベントもあります。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板