“宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校” の掲示板

この掲示板に新規スレッドを作成する

最終更新:
スレッドの並び順: スレッド作成日 書き込み日時
スレッドのタイトル 書き込み数 スレッド作成者 最終書き込み
宮崎県立泉ヶ丘高校附属中学校の情報下さい 6 転勤族の妻 16/05/18 18:53
(泉ヶ丘高等学校附...)

「東北地方に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校・高等学校”の学校情報

学校名
共学 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校・高等学校
住所
〒885-0033 宮崎県都城市妻ヶ丘町27-15
交通
JR日豊本線「都城」徒歩10分。
電話番号
0986-23-0223
沿革
明治32年創立の都城中学校を前身として。昭和23年高等学校開校。平成22年中学校開校。
教育方針
ふるさとみやざきへの誇りを持ち、次代を切り拓く人材を育成します。特に自然科学への探究心や、郷土の産業・医療面で活躍できる資質の養成を重視しています。
施設・設備
図書室、視聴覚室、礼法室、大会議室、武道場、体育館、グラウンド、同窓会館「義友会館」などが備えられています。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
少人数授業
第二外国語
海外研修

学校概要質実剛健の精神を受け継ぐ

建学の精神に「質実剛健」を掲げています。知恵と品格を備え、勇気をもって物事に対応し、たくましく生き抜く人間を育てます。

学習内容6年間を見通した効率的なカリキュラム

自ら学ぶ姿勢とそれを支える健全な体力、知性を育む教育、相手の立場や周囲の状況を把握し誠実に対応できる豊かな人間性に重きを置いた教育活動が行われています。
中高6年間を2年ごとのステージに分け、段階に応じた指導を展開しています。中1・2は、習得期として一人ひとりが自分に合った学習方法を身につけます。中3・高1は充実期として、学んだ知識を生かし、さらに発展的な学習に取り組んでいきます。高2・3では応用・創造期として、演習などに多く取り組んで学力を高めます。なお、高校には普通科と理数科が設置されています。
学校独自の科目として、読解力を育てる「Dタイム」や英会話中心の授業を行う「Cタイム」を設けています。また、自学自習を支援する「SETの時間」や補習授業の「オフタイムサポート」など学習サポートの体制も充実しています。
宮崎大学や南九州大学の出前授業も実施されています。

特色質実剛健の精神が発揮される行事と部活

都泉祭は、文化の部に引き続いて体育の部が行われます。文化の部では、中学生は全員合唱や展示・発表を行い、体育の部では中1から高3までがバトンをつなぐ団対抗リレーなどに熱戦が展開されます。ほかに大学探訪・企業探訪、百人一首大会、福祉交流体験などが実施されています。高校の修学旅行では東京や長野を訪れ、国会議事堂を見学し、スキー実習に取り組みます。
部活動は、新聞部、放送部、水泳部、陸上部など多くが全国・九州大会で活躍しています。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。