【インターエデュからのお知らせ】 本日、8月22日(火)の10:00〜10:40の間、不具合によりサイトにアクセスできない状態となっておりました。
ご利用のみなさまにご不便をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

“千葉日本大学第一小学校” の掲示板

「千葉県に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“千葉日本大学第一小学校”の学校情報

学校名
共学千葉日本大学第一小学校
住所
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台8-34-2
交通
東葉高速線「船橋日大前」徒歩15分。新京成線・東葉高速線「北習志野」よりスクールバスあり。
電話番号
047-463-6621
学校長
石井 和生
沿革
昭和61年開校。平成8年現校名に改称。
教育方針
「時代に即した教育、国際人としての躾と道徳、自然とのふれあいと体力増進」の教育方針を掲げ、自ら学び、明るく元気で、思いやりや協調性のある子どもの育成を目指しています。
施設・設備
中庭、音楽室、体育館、ホール、本館プレイルーム(多目的ホール)、図書室、検索学習室、メディアルーム、保健室などがあります。
併設・系列
千葉日本大学第一中学校・高等学校 日本大学第一中学・高等学校
登校時間
昼食
制服
宗教
編入制度
(欠員発生時)

学校概要調和のとれた人間形成

教育理念「絆を重んじ、良き生活習慣をもった次世代人の育成」のもと、知識面、体力面、精神面の調和のとれた人間形成を目指しています。

学習内容学習効率を上げる授業

算数、英語、理科、音楽、図工では、専門の教員が授業を行う専科制が導入されています。より深く、専門的できめ細やかな指導により、個性を伸ばし、学習効果や学習意欲を高めています。
国語、算数、理科、社会の4教科を重視し、授業内容だけでなく、校内での競技会(漢字の書き取り・計算)や各種の検定への挑戦、オリジナル問題集の採用、チームティーチング、少人数制、習熟度別授業など、さまざまな方向から学習効率向上のための工夫がなされています。
物事をしっかりと見聞きし、的確に判断しながら自らの態度を決定していくためには、自分の力で課題を見つけ、その解決のために努力する習慣が重要とし、「題解決能力の養成に力を注いでいます。
特に英語の授業は週2時間設けられ、興味を引き出すとともに英語力の養成が図られています。歌やゲームを楽しみながら、無理なくリスニング力とネイティブ並みの発音がを身につくようになっています。

特色系列校の強みが生きる校外学習

小学校から大学までの一貫教育が行われています。そのため、各集団への所属意識を高めるための行事や校外学習が実施されています。
1学期には、運動会、東葉高速鉄道見学(2年次)、さくら音楽集会、日大薬草園見学(4年次)、修学旅行(6年次)、日本語の話し方教室(5年次)、2学期には、リレー大会、自然教室(4年次)、水道局出前講座(4年次)、日大理工学部留学生との交流(3年次)、自然教室(3年次)、食品工場見学(3年次)、清掃工場見学(4年次)、校外学習(5年次)、学芸発表会、3学期には、席書大会、総合展、自然教室(5年次)、日大人力飛行機見学(5年次)、校外学習(6年次)、漢字・計算大会、ひなまつり集会(1・6年次)などが実施されます。
クラブ活動は4年次から参加します。サッカー、ゴルフ、コンピュータなどがあります。

※本データは2017年5月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板