“立命館慶祥中学校・高等学校” の掲示板

立命館慶祥中学校・高等学校の掲示板にはまだスレッドがありません。
ぜひ初めてのスレッドを作成して、掲示板を盛り上げてみませんか?

この掲示板に新規スレッドを作成する

“立命館慶祥中学校・高等学校”の学校情報

学校名
共学 立命館慶祥中学校・高等学校
住所
〒069-0832 北海道江別市西野幌 640-1
交通
JR千歳線「新札幌」、地下鉄東西線「新さっぽろ」などよりスクールバス。
電話番号
011-381-8888
学校長
久野 信之
沿革
昭和10年札幌経理学校として創立。平成8年立命館慶祥高等学校開設。平成12年中学校開校。
教育方針
人生の中で最も大切な6年間に可能性を伸ばす教育によって、社会を生き抜き、世界に寄り添う力になる「本物の体験」「本当の学力」を持つ人材の育成を目指しています。
施設・設備
アッセンブリルーム、情報教室、音楽室、美術室、和室、スタジオ、アリーナ、格技場、トレーニングルーム、グラウンド、野球場、フットボール・ラグビー場、テニスコートなどがあります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要グローバル人材の育成

新たな時代を見据え、地球規模の課題を解決できるグローバル人材として、「世界に通用する18歳」の育成を目指しています。文部科学省のスーパーサイエンスハイスクールに指定されています。

学習内容早朝から夜まで続く合宿講習

中学1年次より生徒の能力に合わせてSPコース・一貫コースが設けられ、高校2年次までSPコースが細分化されながら、進級時に入れ替えが行われます。高校3年次にはSPコースα・β(東大・京大・医学部医学科)、立命館コース(立命館大学・立命館アジア太平洋大学)、難関大コース(難関国公立大学・難関私立大学)の志望別となった教育プログラムで、それぞれの進路を目指します。
一貫コースでは、習熟度別に2クラスを3つに分けた少人数制での指導が行われ、基礎学力の定着と学力の伸張が図られています。
SPコースでは、早くから大学入試に対応するプログラムとなっており、学力向上のほかに課題解決型学習やアクティブ・ラーニングなどが導入されています。
大学入試対応プログラムとして、高大連携講座や早朝から夜まで6日間続く合宿講習が実施されています。

特色7か国から選択できる海外研修旅行

中学1年次には道内研修旅行、中学2年次には京都研修旅行、中学3年次にはニュージーランド海外研修を実施。ほかに、中学校の行事として、吹奏楽部定期演奏会、合唱コンクールなどが行われています。高校2年次には海外研修旅行が行われています。そのほか、高校の行事として、春の講演会、体育祭、ブラックジャックセミナーなどが実施されています。海外研修旅行のコースは7か国からの選択で、それぞれテーマが決められています。年度によって、コースや行き先が変わることがあります。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板

"北海道"カテゴリーの 新規スレッド

  • 現在表示可能なデータはありません。

"北海道"カテゴリーの 新着書き込み

  • 現在表示可能なデータはありません。