“市立札幌開成中等教育学校” の掲示板

市立札幌開成中等教育学校の掲示板にはまだスレッドがありません。
ぜひ初めてのスレッドを作成して、掲示板を盛り上げてみませんか?

この掲示板に新規スレッドを作成する

“市立札幌開成中等教育学校”の学校情報

学校名
共学 市立札幌開成中等教育学校
住所
〒065-8558 北海道札幌市東区北22条東21-1-1
交通
地下鉄東豊線「元町」徒歩15分。
電話番号
011-788-6987
沿革
平成27年開校。
教育方針
自分と違う存在の意味を理解し受け入れていくことができる、自らの将来を切り拓く力と魅力ある個性を持った生徒の育成を目指しています。
施設・設備
教科ゾーンによって区分けした教科教室型の校舎です。体育館、格技室、テニスコート、雨天時練習場などの体育施設のほか、ガラス黒板、インターネット(全室)などが整っています。
学期
登校時間
昼食
(後期)
(前期)
プール
少人数授業
第二外国語
海外研修

学校概要国際社会で活躍する、自立した人間の育成プログラムを活用

中等教育の多様化、生徒の個性尊重に対応する中等教育学校として、将来の札幌や日本を支え、国際社会で活躍する、知・徳・体のバランスのとれた自立した人間の育成を目指しています。

学習内容国際バカロレアの理念に沿った教育課程

中等教育の1・2年次を基礎期、3・4年次を充実期、5・6年次を発展期として学びを深化させていき、6年間の成長が自覚できるようになっています。なお、1~4年次では2人担任制となります。
理科、数学、英語は「コズモサイエンス科」として専門的な授業が行われます。
4~6年次では「単位制」が導入され、5・6年次では興味・関心に応じて授業を選択することができます。
国際標準の教育プログラム「国際バカロレア(IB)」を活用して、全教科全学年で課題探究的な学習が行われており、グローバルな人材を育成しています。
1~4年次では学習の方法や概念が重視され、協働学習を通して、各教科の知識理解だけでなく、発展的で創造的な学習内容となっています。なお、5年次からは国際バカロレア機構が定めたカリキュラムと本校独自の探究プログラムのどちらかを選択することができます。

特色盛んな国際交流

2年次には道内宿泊研修(1泊2日)、4年次には海外見学旅行(5泊6日)、5年次には野外観察などが行われています。全校行事では、開成祭、体育祭、全校強歩、ウィンタースポーツ体験などが行われています。
スーパーサイエンスハイスクール事業として、種子島JAXA、屋久島、筑波研究学園都市、伊達発電所などで研修を行っています。また、スーパーグローバルハイスクール事業としての海外研修や留学は盛んで、アメリカ・イギリスのほか多くの国へ行くプログラムがあり、タイ・ベトナムなどからの生徒も多く受け入れています。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板

"北海道地方"カテゴリーの 新規スレッド

  • 現在表示可能なデータはありません。

"北海道地方"カテゴリーの 新着書き込み

  • 現在表示可能なデータはありません。