“仙台市立仙台青陵中等教育学校” の掲示板

仙台市立仙台青陵中等教育学校の掲示板にはまだスレッドがありません。
ぜひ初めてのスレッドを作成して、掲示板を盛り上げてみませんか?

この掲示板に新規スレッドを作成する

“仙台市立仙台青陵中等教育学校”の学校情報

学校名
共学 仙台市立仙台青陵中等教育学校
住所
〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘7-144
交通
JR東北本線「仙台」よりバス。
電話番号
022-303-5551
沿革
平成21年創立。
教育方針
確かな知性と豊かな人間性を備え自らの手で未来を拓く人間、他と協調しながら日本及び世界に貢献する人間の育成を目指しています。
施設・設備
体育館、グラウンド、プール、物理実験室、多目的室、視聴覚室、音楽室、中講義室、大講義室、コンピュータ室などがあります。
学期
登校時間
昼食
(後期)
(前期)
制服
プール
少人数授業
第二外国語
海外研修

学校概要高い志を持つ生徒の育成

宮城県唯一の公立中等教育学校として開校し、知性を高め、感性をはぐくみ、意志を鍛えるという教育方針の下、人間的に成長した高い志を持つ生徒の育成に努めています。

学習内容1~3年次に設けられた独自の3科目

1日あたり45分×7コマの授業体制となっています。国語、数学、英語の授業はほぼ毎日あります。
特に前期課程では、他の生徒とのコミュニケーションや連携、自分の目で見たりふれたりする体験学習を重視ししており、1~3年次に設けられた「ことばと論理」「オールイングリッシュタイム」「数楽タイム」は本校独自の科目となっています。
「ことばと論理」はものの見方や考え方を広げるための授業で、論理的な思考力や表現力を深めるような学習内容となっています。「オールイングリッシュタイム」は英語でのコミュニケーション力を高めるための授業で、英語のみで授業が行われます。「数楽タイム」は多様な見方や考え方を深めるための授業で、観察や実験の中から課題を追究します。
このような学習により、大学での学びで必要となってくる「構想力」「論理力」「伝達力」を育てています。

特色5年次に10日間の海外研修

前期課程の1年次にはオリエンテーション合宿、天文台学習などが行われています。2年次には野外活動、科学館学習、ファイナンスパーク、3年次には研修旅行(九州)などが実施されています。
後期課程の4年次には首都圏大学訪問が行われ、5年次には海外研修(ニュージーランド)が行われています。
全校での行事として体育祭、合唱祭、理科特別講演(宮城大学)、青陵祭などが行われています。
部活動は、文化系には吹奏楽部・合唱部、運動系にはサッカー部・バスケットボール部などがあります。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板