最終更新:

1
Comment

【5006971】成績証明書について

投稿者: yamamoto syuuhei   (ID:XML8iz8aplI) 投稿日時:18年 05月 27日 11:06

中学校の成績証明書というものがあります。発行期限の5年間以内に発行したものです。その中のある教科の評定がどうしても納得出来なかったので、当時(中学校時代)の教師に抗議をしました。当時の教師が過ちを認めて、謝罪してくれました。それを受けて教育委員会のトップである学校教育課長が当該の教科の評定を書き換えてくれて、○○市教育委員会と書いてくれました。書き換えた当該の教科の部分には教育委員会で使用している更新という印鑑を押してくれました。法的には書き換える前と後とどちらが有効だと思われますか。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5007046】 投稿者: 普通なら  (ID:NZ3QLo.SYeQ) 投稿日時:18年 05月 27日 12:27

    正式に教育委員会が修正したのなら、修正後の成績証明が法的にも正しいものとなるでしょう。

    でも、法的に、というのは何か法律的な手続きを行った場合に、はっきりしますから、何もアクションを起こさなければ、実効性はないかもしれません。

    例えば、その成績によって精神的な苦痛を受けたとか、志望していた高校に合格できなかったなどの、実質的な被害があれば、損害賠償を請求できるかもしれません。
    その際に、その成績証明書が書き換えられたことは、大きな意味を持ちます。

    何を考えて成績証明の修正を申し込んだかによる、ということだと思います。

あわせてチェックしたい関連掲示板