最終更新:

12
Comment

【3966078】私は、長崎の名門・青雲に行きたかった

投稿者: 10代の自身の青春時代は後悔の連続   (ID:vVUpKC.orLY) 投稿日時:2016年 01月 21日 07:53

自分は、佐賀市内の公立進学校に進んで、その学校を卒業した人間ですが、

実を申しますと、私は高校入試の段階のみ、貴校・青雲高校を受験しました。

結果は、青雲高校の入試問題に歯が立たず、特に、当時、青雲入試の中でも、英語・数学・理科の教科の入試は難しい!と私自身、感じました。

その私の青雲高校の入試の話は、1981(昭和56)年2月の頃の話です。

それから、かなりの時間が流れ、私も、昨年秋に人生50年の50歳になりましたが、

学歴社会というものを私自身が否定する訳ではありませんが、

たとえ、名の有る大学へと進めなくても、

長崎の名門?青雲高校ぐらいは進みたかった! 中高一貫私学の青雲高校で、10代の多感な時期・思春期を青雲の学び舎で勉強にスポーツにと、学びたかった。

学問を修めたかった・・・という気持ち・考えは今も、あります。

今、私は大都会・東京の街で、満員電車に揺られて通勤中。

又、話がしたくなった時に、このスレッドに文章を書いて、長崎の皆さん、青雲高校に関心の有る方々に、私の人生経験上、役に立つ話を後ほど、文章に書いてお知らせしますね。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【3967325】 投稿者: スレ 主  (ID:vVUpKC.orLY) 投稿日時:2016年 01月 22日 07:49

    「努力するコトの大切さ」

    10代の頃の私自身の青春時代(当然ながら、中・高時代も含まれる)は、後悔(航海)の連続でした。

    まさしく私の人生、その通り!でした。

    長崎の名門・青雲に入る事だけが人生のすべてではないけれど、

    惜しくも、長崎・青雲高校に、努力したけど、届かなかった受験生も、その努力は決して、ムダになんかならない!

    その努力は、やがて、どこかで花が開き、実を結ぶものと私は強く確信して居ります。

    私が人生50年の人生経験を通じて、話している「言葉」だから、間違いありません。

    私は佐賀の、一応の公立進学校を進んだ後、或る出会いが有り、私学の雄・慶応を受験し続けました。

    慶応(大学)も、自身の高校受験時代の青雲同様、入る事が出来なかったけれど、
    慶応大学何するものぞ!の男の一念で勉強しました。努力しました。

    慶応も、青雲も、私にとって結果的に夢で終わりましたが、それで、私スレ 主の人生が終わった訳ではない!

    慶応(大学)を男らしく潔く諦められた時、私は「慶応は、あの江川(=江川卓=元巨人の江川)を落とした大学だから、そんじょそこらの人間を取らない。」と自覚して認識しました。

    努力は報われます。報われる!と自分(己)を信じて、努力する者だけが報われるのです。

    たとえ、その結果が私スレ 主のように、残念な結果に終わったとしても、

    その努力は決して、ムダに終わらないし、いずれどこかで、花が開き、実を結ぶものです。

    慶応大学の入試科目に「小論文」という試験科目があり、「小論文」を真剣に勉強し、努力していた私は、その後、相当の文章力を身に付け、近いうち、小説を自費出版しようかと言うところまでになりました。


    青雲高校に憧れ有る受験生の皆さん、青雲に入る・入れないは兎も角、受験生たる者、まず何よりも、努力して下さい。

    努力されて下さい。

  2. 【3969234】 投稿者: 通りすがり  (ID:H4H0XD.IA9o) 投稿日時:2016年 01月 23日 19:58

    実は私もスレ主さんと同じくらいの年代で青雲高校を受験した者です。
    今思えば進学塾にもいかず教科書と参考書だけで青雲高校合格を夢見た自分に呆れてしまいます。もちろん不合格でしたが、あの学校で学びたかったという気持ちはスレ主さんの気持ちに同感するところがあります。
    結局長崎県の某県立高校へ進学し、しばらく勉強にも身が入りませんでした。それが仇になったのか大学は国立には行けず東京理科大学となりました。しかし、この大学の厳しさは、ここで学んだ人しかわからないものがあり、人生どうなるかわからないものだと思いました。青雲に落ちたからこの大学に通えて、もっともっと努力する場を持てたんだと。大学卒業時には上位10%内の成績も取れ、それなりの企業に就職できました。
    高校進学や大学進学、その時、その時の目標になり、だから頑張れるのだと思います。万が一夢希望がかなわなくても、その時の努力は残ります。あの時頑張れた、今大変だけどあの時に頑張ったことからしたらたいしたことない、そんな気持ちでずっとずっと頑張っていくことが大切なことじゃないかと思います。
    大人になってかなりの時間がたった今でも、中学生だったあの頃の自分の努力に勇気づけられています。
    今、自分は何をしなければならないのか、どんな時にも、いくつになってもそれを考えて的確な判断のもと頑張れば、結果はどうであれ悔いのない時を過ごすことができると思います。
    頑張ってください。

  3. 【3973602】 投稿者: スレ 主  (ID:vdiUcJzLR4o) 投稿日時:2016年 01月 27日 07:55

    通りすがり さん、返信のレス文を付けて下さって、ありがとうございます。

    青雲高校に限らず、公立高校とは事情が違い、一般に私学進学校と言われる学校は、

    やはり、「進学実績」がその学校の“バロメーター”であり、言うなれば、「死活問題」に近い問題

    であるので、毎年、それなりの「進学実績」を修める進学校は、

    受験生に対し、一定以上の学力が有る受験生をわが校の生徒に選抜して、

    3年後に、大学の「合格実績」になる様に、マスプロ教育ではない教育を施しているのです。

    ですから、「入試における(受験生を選び抜く・学校側の選択の)問題」というのは、

    避けて通れない問題であり、学校側にも、「(生徒を)選ぶ権利」も有れば、「(受験生を)断る権利」も有る訳ですから、

    その結果がたとえ、過去の問題とは言え、私スレ主や通りすがりさんのように「残念な結果」に終わったとしても、

    それで、自身の人生が終わる訳ではありませんので、その努力して来た経験なり、体験なり知恵を 

    今度は、別の方向にベクトルを向けるなどして、人間、人生上、「方向転換」する事も、より重要だと私は思います。

    つまり、私がイイタイコトは、長崎の青雲高校に憧れを持って、受験勉強に勤しんだり、努力するコトは大変良いコトですが、

    残念な結果に終わった場合、そのショックを引きずるな!と私は言いたいのです。

    通りすがりさんやこのスレッドを拝見する方々に、私が別の掲示板に書いた、大変タメになる

    と考えられるスレッドを紹介します。

    慶応受験時に私が出会った麻布高校・英語科の猪飼正秋先生と

    私の今から18年前の「やり取り・対話」をスレッドにしており、エデュの皆さん、私スレ主と

    麻布・猪飼師とのやり取りのスレッド「故 猪飼正秋先生、ありがとう」のスレッドを、

    よろしかったら、お読み下さい。

    学問は、4年制大学卒業と同時に終わってしまう人も居れば、大学を卒業した後、社会人になっても続けて行く人も居られるようです。

    麻布の猪飼師と私スレ主のやり取り・対話を読む事は、社会人になっても、学問を続けて行く人たちにとっては、大変ありがたい話の内容です。

  4. 【4691813】 投稿者: 長崎の報道関係者  (ID:ixQOkpt2G4o) 投稿日時:2017年 09月 04日 22:44

    長崎の青雲高校ぐらいに入りたかった51歳様へ。
    都内通勤満員電車で揺られ散々な日々をお過ごしと思います。エールを送ります。
    高校入試は義務教育ではなく年齢制限ないし、今からでも是非受験してください。高齢者の受験は長崎県内で話題になるでしょう。取材行きます!

  5. 【4704358】 投稿者: 報道関係者?  (ID:ZpuzcvEnbrA) 投稿日時:2017年 09月 15日 22:58

    ぐらいって・・・ 
    それに、51歳って高齢者ですかね?
    うちは身内が報道関係者ばかりでしたが、こんな書き込みはしないです。
    このような内容を、報道関係者然として発言されるのは、ちょっと残念ですね。

    まあ、お読みになる側は、世の中様々な方がおり、これが報道関係者の全てじゃないということぐらいご承知でしょうが。

  6. 【4843314】 投稿者: スレ 主  (ID:IXGIbJFS8H6) 投稿日時:2018年 01月 20日 10:18

    >今思えば進学塾にもいかず教科書と参考書だけで青雲高校合格を夢見た自分に呆れて
    しまいます。
    >もちろん不合格でしたが、

    私なりに、このレス文を添削し、わかりやすい文章に書き換えてみよう。

    >今にして思えば、進学塾にも行かず、(学校の授業と)教科書と参考書だけで青雲高校合格を
    夢見た受験当時の自分に呆れてしまいます。もちろん結果は不合格でしたが、

    という文章になるのだが、以上の文章を読んで理解出来るのは、
    青雲高校に合格したかったら、学校(=多くは、公立中学)の授業をこなすだけじゃダメ
    という事になる。
    そこで、九州No.3の青雲高校に合格・入学したかったら、
    学校の「授業」と塾の「勉強」を併用・並立・両立させて、
    制限時間内に「問題を解いて」、「合格答案」を作成出来る「学力」を身に付け
    なければならない。
    因みに書くと、青雲は高校から編入するよりも、中学から入学した方が高校よりは入り易い
    になるだろう。

  7. 【4843472】 投稿者: スレ 主  (ID:IXGIbJFS8H6) 投稿日時:2018年 01月 20日 12:18

    >制限時間内に「問題を解いて」、いわゆる「合格答案」を作成出来る「学力」

    この「学力」「実力」「能力」が無いと、主要な進学校や大学入試の合格はムリ!です。
    したがって、時間を計って問題を解いたり、
    問題集・過去問を解くという「勉強」は実戦的で、良い勉強法です。
    ですが、問題が解けないとか、入試問題がわからない!という段階の受験生は、
    ハッキリ言って「学力」「実力」が無い!と考えて良いです。
    そこで、受験を諦めてしまうのか?
    それとも、「基礎」(=原点)に戻って、根気よく丹念に勉強をやり直すコトが出来るか?

    これも、受験という「ゲーム」の明暗を分ける「人生ドラマ」です。

あわせてチェックしたい関連掲示板