最終更新:

9
Comment

【5564129】関西から慶應義塾湘南藤沢中等部

投稿者: 国内生   (ID:CnU2T98j5NM) 投稿日時:2019年 09月 09日 01:54

2019年度から湘南藤沢の入試が変わり、
国内生(帰国生以外と定義)が「算・国・英・体育」受験をできるようになりました。学内の英語クラスも3クラスに分かれ、上位クラスではより実践的な授業が可能となったのではないでしょうか。

慶應義塾大学への内部進学が成績順に補償され、
医学部枠も7枠あり、
優秀であれば、スカラーでの1年間の海外留学も夢ではありません。

学校は、受験勉強ばかりしてきた生徒より、勉強と並行して何かに情熱を注いできたエネルギッシュな個性を求めているようです。全国的にも、特に地方には少ないカラーの学校だと思います。

引越を覚悟で受験を検討されている方がおられましたら
情報交換をさせて頂きたいと思います。
(これまでに、国内生の英語受験をメインで扱うスレッドはなかったように思います)

2019年の現在、国内生の英語入試が許される学校は多くありません。また、毎年のように詳細も変わりますので、気を配って確認する必要があります。。

東京学芸国際(外国語作文・日本語作文のみ)
渋渋
広尾(算も英語で出題)
高槻
西大和

学芸国際・渋渋は、英検1級ホルダーが多数受験しており、高度なエッセイを書く必要があるためハードルが高いです。

今後どうなるかわかりませんが、
湘南藤沢の英語は英検準1級レベルでも対応可能だと言われており、渋谷系に比べてお得感があります。英文法さえ押さえれば攻略可能ではないでしょうか。

中学受験で英語が使える学校は、国・算の入試問題が難しいところばかりですね。湘南藤沢の偏差値や倍率も、初等部の影響もあってか、このところ上昇しています。特に女子はR4で67程度ないと厳しいのではないでしょうか。

小学生時代に英語や音楽や運動を頑張った人に
もっと選択肢が増えればよいですね。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「関西地方中学受験に戻る」

現在のページ: 2 / 2

  1. 【5567347】 投稿者: 同志社国際は?  (ID:NXXnR8liUns) 投稿日時:2019年 09月 12日 07:43

    同志社国際中の国内一般生の入試で英語受験が可能ですよ。
    社会、理科、英語から選べます。

    入学後に帰国生と同じホームルームで過ごすので、多様性という面では希望に叶うかと…
    1学年120~130人程度の小規模な学校ですが、2/3は世界各地で生活経験のあるお子さんです。国内生の方が少数で、様々な価値観の友人の中で生活していますよ。
    英語も中学生は確か6段階のレベル別のクラス編成で、一番上のクラスにいるお子さん達は、学校での日常会話も英語でしていたりします。

    クラブ活動もそこそこ盛んだと思います。
    運動部も普通の学校程度には揃ってますし。
    女子はチアやダンスは人気があるようです。

    関西圏でもスレ主様のご希望に近い学校があるよということで、情報提供させていただきました。

  2. 【5567452】 投稿者: あのね  (ID:0GaU75rlSGE) 投稿日時:2019年 09月 12日 09:36

    スレ主さんは何を求めてSFCに行かせたいの?

    >優秀であれば、スカラーでの1年間の海外留学も夢ではありません。
    これって高校の派遣留学制度のこと? 
    だとすると塾内4校の中での枠ですよ
    英検1級のエッセイのハードルが高いと言っているようでは夢でしょうね
    英検準1級ホルダーの小学生なんてゴロゴロいます

    それと慶應は附属ではありません、お間違えのないように

あわせてチェックしたい関連掲示板