最終更新:

180
Comment

【6602704】関西中学受験 出願状況

投稿者: 2022年   (ID:V5Ru3KyE46U) 投稿日時:2021年 12月 28日 18:34

今年は出願者数が昨年より大きく減っている学校が多いようですが、コロナによる経済状況の変化が原因でしょうか?
すでに締め切られた学校でも100人以上減っている学校があり驚きです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「関西地方中学受験に戻る」

現在のページ: 12 / 23

  1. 【6612456】 投稿者: 私もなるほど  (ID:PCQLZ2sb7z.) 投稿日時:2022年 01月 08日 12:22

    たしかにそうだと思うことが多くありました。ありがとうございました。

    1/15のみざっくり

    灘  減少35
    甲陽 減少65
    星光 減少20
    洛星 増加40
    六甲 増加25

    初日出願者の総数は減っているのは減ってますね。この5-60人を多いとみるかそんなもんとみるか。そんなもんという気がしますね。

    ボーダー層のトレンドが強気か弱気がで言うと弱気の年という感じ。世の中は不安定で保守的で手堅くの空気なのかな。

  2. 【6612477】 投稿者: N  (ID:5vLKtq1uSRI) 投稿日時:2022年 01月 08日 12:44

    保守的で手堅く
    まさにそうだと思います。
    塾も確実に合格してほしい。
    六甲、高槻クラスは学習環境も進学実績も良いですからチャレンジせず堅実に、、、、というご家庭が増えてそうですね。
    大学受験とは違い浪人できませんから私個人としては良い傾向かと思います。

  3. 【6612518】 投稿者: 影響  (ID:AYqUwu5G9J2) 投稿日時:2022年 01月 08日 13:11

    神女43名減

    昨年から16%減はかなり大きいですが、どこに流れたんでしょうね。玄人ブログだと合格者偏差値も1ポイントくらい下がりそうとのことですから、ボーダー層は恩恵を受けるかもしれないですね。

  4. 【6612530】 投稿者: ほんとそう  (ID:aWN3aWnMPcc) 投稿日時:2022年 01月 08日 13:23

    受験勉強ってそうあるべきだと思うんですが、向き合った時間とエネルギー、もちろん実力に見合う希望の学校にみんなが入れるのが理想ですよね。

    私立校間に競争があるのは仕方ないし、いい学校が増えるのはいいことだけど、あんまり毎年ころころトレンドが変わるのは受験生側からするとデメリットが大きいかな。

    頑張ったら頑張ったぶん見返りがあるのが勉強のいいところなので、そういう結果を受験生がきちんと受け取れるような安定した入試のしくみをきちんと話し合ってほしいな。私学の面々には。

    チャレンジを煽りすぎて目的を達成できない受験はその後の勉強へのモチベーションを下げてしまいかねないから、おっしゃるように私も適温がよいと思いますね。プロセスにおいても同じかな。

    もちろん競争がないと伸びないということへの理解も必要。ちょっとだけ手の届かないくらいの目標が常にあるのが理想なんでしょうね。

    ともかくみなさん、行きたい学校に行けますように。

  5. 【6612549】 投稿者: ふむふむ  (ID:i4Y8xZ3X.fU) 投稿日時:2022年 01月 08日 13:37

    同女が前期後期共に25%程度も減らしてますね。
    前年の揺り戻しにしては大きすぎやしませんか。
    人気校に何があったのでしょうか。
    締切日が十一日残り福ですからその日にドカッと?
    ないわな。

  6. 【6612565】 投稿者: しかし  (ID:YoFBpsZNZwQ) 投稿日時:2022年 01月 08日 13:45

    神女も1日受験にしないとホント終わるよ。
    鉄緑に通いやすいだけのブランドはハリボテだから、これ以上痛むと一気だよ。

  7. 【6612574】 投稿者: 67  (ID:oOsRoxpAN/2) 投稿日時:2022年 01月 08日 13:50

    中学受験塾の知り合いに聞いたら
    京都は中学受験の入塾者ががかなり減っているとのこと。
    コロナ禍の他、堀川などの公立進学校の躍進もあり
    中学受験をする意味がなくなりつつあるみたい。

  8. 【6612582】 投稿者: 神女は事情が異なるかも  (ID:efycLByiDZo) 投稿日時:2022年 01月 08日 13:53

    神女は西大和が女子募集をはじめた2014年と翌2015年に大きく受験者が減ったみたいです。当時は両校試験日が重なっていたので間違いなく従来の志願者層が流出したとみてよいでしょうね。

    ところが両校の試験が別日程となると段々と神女志願者が増えてきて昨年2021年はここ10年で最多。一転今年はおそらくここ10年で最少になるんじゃないでしょうか。

    今年は同一日の四天王寺、高槻、須磨などの受験者が増えている様子もなく逆に減っている。西大和は試験日が別日程。外的要因はほぼ変化してないのに、神女志願者が大幅に減少。

    単純に昨年厳しかったことの反動ではなかろうか。

あわせてチェックしたい関連掲示板