最終更新:

33
Comment

【5798432】『猫を棄てる 父親について語るとき』

投稿者: 村上春樹氏の新刊   (ID:W9xkVGkYec.) 投稿日時:2020年 03月 17日 15:36

2020年4月発刊の『猫を棄てる 父親について語るとき』では、春樹さんのお父さんについて語られます。

春樹さんのお父さんは、甲陽学院国語科の教師でした。

これにことよせて、あの頃の思い出、あの頃の甲陽について語りましょう。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5798436】 投稿者: 補足  (ID:W9xkVGkYec.) 投稿日時:2020年 03月 17日 15:37

    元は、昨年5月の文藝春秋に寄稿されたものです。

  2. 【5798464】 投稿者: 甲陽パラダイム  (ID:La2McooUCP6) 投稿日時:2020年 03月 17日 16:02

    甲陽学院を中心とした知の枠組みに期待。

  3. 【5798734】 投稿者: 紅葉パラダイス  (ID:pdHBPisMLtU) 投稿日時:2020年 03月 17日 19:48

    紅葉パラダイス、というとても面白い施設が昔琵琶湖にあった、という話しをしていた父親についても語りたいですね

  4. 【5798835】 投稿者: こんなひとも  (ID:6puQ7Xkp..E) 投稿日時:2020年 03月 17日 21:00

    「猫のしっぽつかんで 振り回し 陸橋から投げた」と 自慢げにしゃべっていた人の 息子が 甲陽にいるらしい。

  5. 【5798891】 投稿者: 甲陽と灘  (ID:/Qynlvyxt4o) 投稿日時:2020年 03月 17日 21:32

    入試形式、地域、沿革、校風など何から何まで似ている二校。違いを見極めたい。

    二校の違いを一言で言えば、灘は母親志向(マザーコンプレックス)、甲陽は父親志向(ファーザーコンプレックス)だ。

    今後この本質が露になる。

  6. 【5799082】 投稿者: でもね  (ID:OR7k4LmsJDQ) 投稿日時:2020年 03月 18日 00:26

    甲陽の教師だった春樹さんの父は息子を甲陽に進学させず、公立中学から名門神戸高校というエリートコースを歩ませた。
    甲陽より名門公立高校の方が魅力的だったんだね。

  7. 【5799111】 投稿者: 有名な逸話  (ID:/Qynlvyxt4o) 投稿日時:2020年 03月 18日 01:03

    春樹さんは甲陽学院中入試には不合格でした。

    2年前の日経新聞、産経新聞にも記事が出ていました。

    https://r.nikkei.com/article/DGKKZO32860420R10C18A7MM0000
    https://www.google.com/amp/s/www.sankei.com/column/amp/180716/clm1807160003-a.html

    >私にはまったく力がないから、なんの意味もない。現に私の息子は、この学校の入試に落ちている。息子とは、ノーベル文学賞有力候補の作家、村上春樹氏である。OBで元警視総監の池田克彦氏が先日、日経のコラムで書いていた。

あわせてチェックしたい関連掲示板