最終更新:

14
Comment

【5973138】この夏は「特別な夏」パネル芸の小池都知事

投稿者: キャッチフレーズ   (ID:deRv.qa0M8.) 投稿日時:2020年 08月 06日 18:56

専属のコピーライターでもいる?

特別な夏って逆に浮かれそう

キンチョウな夏だろ

お盆や夏休み期間 都外への旅行 帰省控えて

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「健康管理に戻る」

現在のページ: 2 / 2

  1. 【5977400】 投稿者: 特別な夏  (ID:CtoSL9e6Y8E) 投稿日時:2020年 08月 10日 10:02

    百合子の忘れることのできない「特別な夏」の甲子園を観ています。

  2. 【5978250】 投稿者: 特別な夏は、差別の夏だった  (ID:CtoSL9e6Y8E) 投稿日時:2020年 08月 11日 01:41

    吉村・大阪知事「帰省問題ない」お盆休み、移動自粛求めず

    吉村知事は「医療が十分ではない地方も多いので、大騒ぎは控えてほしい」としつつ「家族で盆を過ごすのは行政が自粛を求めるものではない」と話した。

    小池百合子
    今年の夏はコロナとの闘いとなる特別な夏。
    安全・安心の生活を取り戻すため、大切な人の生命を守るため、旅行や帰省、会食や外出は一切お控えください。

    特別な夏
    「さっさと帰ってください!!」帰省先で中傷被害
    自主的にPCR検査を受けても、帰省先で思わぬ事態に遭遇してしまう。

    帰省差別?差別する人間を取り締まる法律があったと思うが、
    日本人同士は適用されない?

  3. 【5978658】 投稿者: 個人的に  (ID:dewWJ.gCRrI) 投稿日時:2020年 08月 11日 13:57

    >帰省先で中傷被害 自主的にPCR検査を受けても、


    自分だったら、自主的に二回PCR検査を受けて、直近が二週間前で陰性とでたと主張する人なら、この人は安心だと接触されますか?

    検査の精度と言い、検査後の経過日数と言い、その主張は安全性の根拠にはまるでなりません。なのになぜそれを正当化の理由と前面に出すのですか?

  4. 【5978759】 投稿者: 特別な夏  (ID:CtoSL9e6Y8E) 投稿日時:2020年 08月 11日 15:22

    >検査の精度と言い、検査後の経過日数と言い、その主張は安全性の根拠にはまるでなりません。なのになぜそれを正当化の理由と前面に出すのですか?


    報道の姿勢がPCR検査拡充を狙っているので正当化を前面に押し出している。

    帰省にかかわらず、普通にマスクなしで回覧板を回したりしています。
    そんなにピリピリした感じは無いです。

    おっとソーシャルディスタンスと笑いながら、ちょっと離れるぐらいかな?

  5. 【5984647】 投稿者: お粗末な大都市  (ID:tjbthLOg/I2) 投稿日時:2020年 08月 17日 09:45

    小池百合子が壊滅させた歌舞伎町にいま、中国資本が大量流入している
    …「小さな店は限界だ」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3cbe8218707f95708acc6c1c21611c487be831d4

    お粗末すぎる「感染防止徹底宣言ステッカー」
    あくまで自己申告で、自分でプリントアウトして貼るなんともお粗末な代物

  6. 【5995952】 投稿者: 都民をバイ菌扱い  (ID:i3gOnQFoM6E) 投稿日時:2020年 08月 27日 07:55

    東京都民は他府県からいじめに遭ってる。
    小池都知事が軽症者用隔離施設を解約し、陽性者ほぼ全員を病院送りにし、医療体制が逼迫。"Go To"で政府と東京除外を巡って揉めた結果、周囲に誤った印象をうえつけた。
    小池百合子は東京都民をウイルス扱いに蔑んだ。

  7. 【6291905】 投稿者: へ?  (ID:zNxRhFGQMbw) 投稿日時:2021年 04月 08日 10:51

    新型コロナ療養施設に転用するため37億円かけたのに…1度も使われないまま再改修へ https://www.tokyo-np.co.jp/article/96368
    東京五輪・パラリンピックで警備に当たる警察官が使う東京都内4カ所の臨時宿舎について、新型コロナウイルス軽症者の滞在施設に転用するため約37億円かけて改修したものの、一度も使われなかったことが7日、警察庁への取材で分かった。元に戻すため約11億円かけて再改修する。
     軽症者の受け入れ判断を担う東京都が、後に確保できたホテルを優先的に使用したという。都や警察庁によると、臨時宿舎は江東区、江戸川区、大田区の臨海地区内の計4カ所にあり、全国から派遣される五輪警備担当の警察官用。当時、昨年6月の完成予定で工事が進んでいた。
     しかし、感染の急拡大で昨年3月に五輪延期が決定。政府は、当面使用しなくなった宿舎の活用を指示した。警察庁は4カ所で約800人の受け入れを想定し、相部屋を仕切って個室にしたほか、看護師の常駐スペースを設け、トイレや風呂など水回りも改修、昨年4月に工事を終えた。
     その後、都がコロナ滞在施設として利用しないとの意向を示したことから元に戻すことが決まった。 (共同)

    病棟つくって使用せず病床逼迫で自粛の秋から冬
    病床一度も使用せず?

あわせてチェックしたい関連掲示板