最終更新:

15
Comment

【6423627】重症患者の約60%もワクチンを接種済み

投稿者: 中和抗体   (ID:JSfoHyvUKTQ) 投稿日時:2021年 07月 24日 13:06

イスラエル首相「ファイザー製ワクチンの予防効果が、デルタ株には予想より弱い」7/19(月)クーリエ・ジャポン 17:28配信

新型コロナウイルスワクチン接種の速度戦を通じて、日常復帰を目の前にしていた“防疫模範国”でも、伝播力の強いデルタ変異の拡散の勢いはつかめずにいる。

イスラエル保健省は7月17日、前日付けで1118人が新型コロナ検査で陽性反応を示し、この4ヵ月間で新規感染者が初めて1000人を超えたと明らかにした。イスラエルは3月19日(1047人)以来、1日の感染者数1000人以下を維持してきた。

イスラエルは約930万人の全人口の56%を占める522万人あまりが2回目の接種をすべて終えるなど、早いペースでワクチン接種を進めてきた。

しかし、デルタ型変異株の拡大を受け、最近の新規感染者の半分以上はワクチンを接種していながらも感染しており、重症患者の約60%もワクチンを接種済みだという。

これに先立ち16日、イスラエルのナフタリ・ベネット首相はコロナ対応閣議で、「ファイザー製ワクチンの予防効果がデルタ変異株には予想より弱い」と評価した。ただ、同日の閣議で現在治療中の感染者約6500人のうち重症患者は58人と少ない水準を維持していることから、人数制限などの措置はとらないとしている。

成人人口の67.5%が2回目のワクチン接種を終えた英国でも16日、5万4674人まで新規感染者数が増えた。アストラゼネカ製ワクチンを2回接種したザビード英保健相も「コロナ陽性判定を受けた」と明らかにした。

英国は、1日の死者数が5月末から二桁以下に低く維持されていることを理由に、19日から大半の防疫規制を解除する方針だ。

大阪の大学の研究だったかな?
ワクチンにより中和抗体とADEが発生するが、接種後しばらくは中和抗体が優位だからADEが発生しても問題がない。だが中和抗体は時間の経過につれ下がってくる。ではADEはどうか?中和抗体が下がってもADEがそのままなら今度はADEが優位になる。
もしワクチンを先行していたイスラエルの状態がこれならば、3度目のワクチンが必要になり、ではいつまで定期的ワクチンを打ち続けなければならないのか?と言うことになる。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「健康管理に戻る」

現在のページ: 2 / 2

  1. 【6423834】 投稿者: 白血球  (ID:JSfoHyvUKTQ) 投稿日時:2021年 07月 24日 15:24

    赤血球にはABO等の血液型
    白血球にもHLAと呼ばれている血液型がある。
     
    HLA型はA,B,Cなど6種の遺伝子により決定される。


    白血球の血液型は免疫応答の強さと密接に関連している。

    人類が誕生して以降、ウイルス、細菌、原虫等種々の病原体に感染したと思われますが、薬が全く無い時代には、免疫力で感染を乗り越えるしか方法がなく、その時々に感染した病原体に対して免疫力を発揮できるHLA型を持った人だけが
    選択され、われわれ現代人が形成されてきたと考えられます。

    各地域によってHLA型の頻度が異なっており、HLA―Aの24(02)型は日本
    人の約6割の人が持っていますが、米国白人では約2割の人しか持っていません。



    一方Aの2(01)型は、日本人の約2割しか持っていませんが、米国白人では4
    -5割の人が持っています。


    このようなHLA型の地域差は各地域において経験してきた病原体が異なっていることを反映しているのではないかと考えられます。


    ある病原体に対しては弱い免疫応答しか発揮出来ないHLA型の人でも、ワクチンの接種を受ければ、免疫応答を増強できる可能性が高いと思われますので、接種をぜひ受けて頂きたいという考えもありますてきな?


    現在アメリカではファウチの爺さんがやり玉にあがっています。
    日本では報道されていませんが、この新型コロナウイルスが自然由来の動物から人への感染なのか、構成によるものなのか、アメリカの紳士的対応を日本は待つのみでしょう。

  2. 【6425918】 投稿者: 白血球  (ID:5/9G4k7SIrM) 投稿日時:2021年 07月 26日 11:45

    コロナ感染者の大半が変異株の中和抗体保有

     神戸大学感染症センター臨床ウイルス学分野教授の森康子氏らの研究グループは昨日(7月13日)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の第1~4波時に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の従来株および英国型変異(アルファ)株に感染し、神戸市内の医療機関を受診した81例の血清を用いて中和抗体価を解析。


    無症状や軽症を含むSARS-CoV-2感染者のほとんどがアルファ株やインド型変異(デルタ)株、ブラジル型変異(ガンマ)株、南アフリカ型変異(ベータ)株に対する中和抗体を保有することを確認したと発表した。


    「COVID-19回復者は他の変異株への再感染または重症化リスクが低い可能性が示唆される」としている。


    従来株とアルファ株の中和抗体が全例で確認
     研究は、兵庫県立加古川医療センターを受診したCOVID-19患者で、第1波(2020年3~6月)時の患者18例、第2波(2020年7~10月)時の患者20例、第3波(2020年10月~21年2月)時の患者23例、第4波(2020年3月~)時の患者20例の血清を用いて行った。

    患者の重症度の内訳は、無症状~軽症26例、中等症~重症19例、超重症(人工呼吸器装着)37例。

     解析対象の全例で中和抗体の保有が確認され、従来型とアルファ株の感染者で同程度の中和抗体価が認められた。

    また、ガンマ株抗体は99%(81例中80例)、ベータ株抗体も96%(81例中78例)とほぼ全例で中和抗体の保有が確認された。一方、これら2つの変異株はアルファ株に比べ中和活性が低いことも明らかになった。

     重症度別の解析では、重症度が高い例ほど変異株に対する抗体価が高い傾向が認められた。

    また、これまでの報告と同様、無症状例や軽症例ではいずれの変異株に対しても抗体価は低い傾向があったが、ほとんど全例が変異株に対する中和抗体を保有していたという。


    再感染リスクの評価には追跡調査が必要
     今回の研究結果から、研究グループは「COVID-19の回復者は他の変異株への再感染または重症化のリスクが低い可能性が示唆される」と指摘。また、森氏は会見で「ワクチン接種者も同様の効果があると考えられる」と述べた。

     一方、どの程度の中和抗体価であれば再感染が防げるか、または重症化を抑えることができるのかに関しては「直接的なデータはないため、今後追跡していく必要がある」と課題を提示。


    SARS-CoV-2変異株への再感染リスクの評価に向けて「今後はCOVID-19に対する中和抗体以外の免疫応答、例えば免疫記憶の持続や細胞性免疫などに関しても詳細に解析することが必要」としている。


    (Medical Tribune=時事)
    (2021/07/14 15:16)

    免疫から逃れるためにデルタ株が生まれた。
    拡大することは悪いことと決めつけている地上波のコメンテーターは、オリンピック開け後、どのような姿勢でテレビ報道をするのか静観している。

  3. 【6425928】 投稿者: 白血球  (ID:5/9G4k7SIrM) 投稿日時:2021年 07月 26日 11:56

    水疱瘡など幼少期に罹患している子の症状は軽症者がほとんどだが、大人になって水疱瘡に罹患し入院していくる人間がいる。

    子どもの頃、水疱瘡に伝播させたくて、わざと水疱瘡の家の子と遊んだりさせていたのは、大昔の話だ。今はワクチン接種で獲得免疫を働かせる。

    我が子は水疱瘡の罹患している子の近くで生活していても、水疱瘡だけには罹患しなかった。
    大人になってワクチン接種をしたが、自然免疫が水疱瘡の罹患を退いていたのだろうか?大人になれば、親からの自然免疫は弱体する、

    子どもの頃罹患して軽症でも大人になって自然免疫が弱まれば、重篤するウイルスが多い。

  4. 【6426581】 投稿者: 白血球  (ID:5/9G4k7SIrM) 投稿日時:2021年 07月 27日 00:16

    コロナウイルスが感染する新たな仕組みが見つかる
    2021年06月29日
     ワシントン大学医学部は、コロナウイルスが細胞に侵入する新たな仕組みを発見したと発表した。それによると、コロナウイルスが体内に侵入するためには、必ずしもアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体を必要としないという。

    ワシントン大学医学部によると、コロナウイルスは変異のおかげでACE2受容体を使わなくても人体に侵入することができる。

    同大学医学部は「この発見は、ウイルスが突然変異し、体に感染する新しい方法を見つける可能性があることを示している」と発表した。

    研究論文の著者たちは、大多数の学者は霊長類の腎臓の細胞を使った研究をしているが、この新たな研究では、ACE2が存在しないがん細胞を含むヒトの肺の細胞が使われていると指摘し、これらの細胞も、実験室で増殖された変異ウイルスに感染しやすいことが分かったと発表した。

    先に、専門家は、新型コロナウイルスの「デルタ」株は世界で大流行すると予想した。


    遺伝子情報によって突起部のスパイクタンパク質をワクチン接種して自然免疫の炎症性サイトカインを起こし獲得免疫をつくることに成功したはずだが、敵のデルタ株は突起部を受容体がなくても感染させる方法を編み出した。

    ACE2の受容体は子どもは未完成、喫煙者などや太っている人は肺に受容体が多く所有している。
    子どもの咽頭にウイルスが付着していても受容体が少なかった小さな子は発症するリスクが無かった。しかしデルタは受容体の有無関係なく感染させることを編み出したのだ。遺伝子情報のスパイクタンパク質による抗原は、細胞免疫でデルタ株をマクロファージ(食べて撃退)できない人間は熱を出す。

    しかし受容体を目的としていないから急激な肺炎症状にはならないと仮説をたててみた。

    これをワクチン効果で重傷者が減少というのが正解なのかどうか

    受容体を目的とする抗体が別の変異に気づき、自分の抗体を敵とみなし、免疫が暴走するかもと心配するのは素人の浅はかな考えであってほしいと願う。

  5. 【6426600】 投稿者: 白血球  (ID:JSfoHyvUKTQ) 投稿日時:2021年 07月 27日 00:49

    デルタが受容体を気にしないで体に侵入するというのは喜ばしい変異だと考えたいというか、願望だ。

    受容体について調べてみた。

    受容体は、内分泌系、神経系、免疫系からの情報伝達物質を認識し結合して、細胞内の核へ情報を伝える役目を果たす。

    その指令に基づき、細胞は目的とする酵素などを作り出す。
    受容体との関係はカギとカギ穴のようなしくみらしい。

    細胞膜受容体には、ペプチドホルモン(成長ホルモン)受容体があるという。

    成長ホルモンが分泌している間はACE2の受容体よりも別の受容体が働くのだろうか?なぜ子どもはACE2の受容体が未完成なのだろう?
    なぜ喫煙者はACE2の受容体が多いのか
    なぜ肥満はACE2の受容体が多いのか

    結合後、細胞内の情報伝達物質(細胞内シグナル伝達)を介して、DNAへ届くのだろう。それは自然免疫として親から子へ引き継がれる。


    内分泌かく乱化学物質は、受容体を巡ってさまざまな悪影響を与えるという。
    偽のリガンド作用
    本来のリガンドは必要なときだけ作られて作用します。ところが、内分泌かく乱化学物質は外から入ってきますから勝手にどんどん受容体と結合し、スイッチをオンにして作用(本来の作用とは別の作用)を開始してしまう。

    必要なときに本来のリガンドが受容体と結合するのを妨害する内分泌かく乱化学物質もあります。これは、スイッチをオフにするわけですから体内のホルモンなどの作用が行われなくなる。

    人間のからだ
    あちらをたてれば、こちらがたたず。

  6. 【6426730】 投稿者: 難しい  (ID:L6kEaL8SDlg) 投稿日時:2021年 07月 27日 09:40

    >なぜ喫煙者はACE2の受容体が多いのか

    肺の組織ではACE2は肺を損傷から守る役割を果たしていると言われています。喫煙でACE2の発現が増加するのは、たばこ煙に含まれるニコチンをはじめとする有害物資による肺損傷の進展から細胞を保護するためと考えられています。
    ここからは個人的な意見ですが、地方より喫煙率が少ないにもかかわらず東京で新型コロナ患者が多いのは人口集中以外に狭い家や大気汚染が関係しているのかもしれないですね。

  7. 【6428533】 投稿者: ニューロピリン1(NRP1)分子  (ID:5/9G4k7SIrM) 投稿日時:2021年 07月 29日 07:52

    ニューロピリン1(NRP1)分子は鍵がなくてもドアから侵入発現物質ということだそうな

  8. 【6428642】 投稿者: フーリン配列  (ID:5/9G4k7SIrM) 投稿日時:2021年 07月 29日 10:16

    ウイルスの持つスパイクタンパク質が変化することを変異するというらしいが、人体には蛋白分解酵素である「フーリン」というのがあるんだよね。

    フーリンちゃんは癌の体質かどうかと関係していて、甲状腺ホルモンの新陳代謝とも関係している。年をとれば新陳代謝が衰えるから、癌の進行は若者よりゆっくりなんだ。

    フーリンちゃんに相性がいいようにゲノムちゃんのウイルスは変異して宿主を探してるようだね。
    ワクチンでスパイクタンパク質を合成されて日本人の中でゆっくり育ちそうだね。

あわせてチェックしたい関連掲示板