最終更新:

59
Comment

【6483192】ブースターショット グレートリセット

投稿者: ダボス会議   (ID:BaOp9S7NK8Q) 投稿日時:2021年 09月 15日 11:53

7月
2021/07/13
ロイター通信より
(翻訳:AnswersNews)
米ファイザーと独ビオンテックは、新型コロナウイルスワクチンの2回目接種から6カ月経過すると感染のリスクが高まるとのデータがイスラエルから公表されたことを受け、欧米の規制当局に追加接種の許可を求める方針だ。

ただ、研究者の間では、3回目の接種が必要であるというコンセンサスはまだ得られていない。

アラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンでは先月、中国・シノファーム製ワクチンの接種を受けた人に対し、ブースターショットとしてファイザー製ワクチンの提供を開始。一方、WHO(世界保健機関)は7月9日、追加接種の必要性を判断するにはさらなるデータの収集が必要との見解を表明した。

この問題に対して、各国・地域がそのような選択肢を検討しているか、以下にまとめた。

米国
FDA(食品医薬品局)とCDC(疾患管理センター)は7月8日、現時点では2回の接種を完了した人に追加接種は必要ないとの声明を発表した。

EU
EMA(欧州医薬品庁)は7月9日、3回目の接種が必要かどうかを判断するのは時期尚早とした上で、現時点では確立されたレジメンで十分であることを確信しているとの見解を示した。一方、EUが最近、ファイザー/ビオンテック、米モデルナと結んだ供給契約には、追加接種分を購入する可能性が含まれている。

英国
英国では、ワクチンについて政府に助言する専門家らが、9月にも高齢者らに対する3回目の接種が必要になる可能性を指摘した。これを受け、英国政府は追加接種プログラムの検討を始めている。追加接種プログラムの実施はまだ最終決定されていないが、専門家らは念の為、準備を進めていくべきだと助言している。

英国は、ファイザー/ビオンテックのワクチンを追加で6000万回分購入し、あわせて1億回分を調達すると発表した。

ブラジル
ブラジルでは、公的機関であるブタンタン研究所の責任者が、現時点で使用可能なワクチンによる保護を強化するため、毎年接種の準備を行うべきだとの見解を表明している。

フィンランド
フィンランドは、3回目の接種を推奨するかどうかについて、8月に結論を出す予定だ。

フランス
仏保健省の関係者によると、政府は秋以降に3回目の接種を推奨するかどうか検討している。当局はすでにロジスティクスを整備し、地域の保健機関と連携して準備を進めているという。ただし、実施の配備には最高保健諮問機関の承認が必要で、同機関はまだ追加接種についての見解を示していない。

インドネシア/タイ
インドネシアとタイは、中国・シノバック製ワクチンを接種した医療従事者へのブースターショットを検討している。

イスラエル
イスラエル政府は7月11日、免疫が低い成人を対象に3回目の接種を行うと明らかにした。一般の人への追加接種は検討中という。

ロシア
ロシアの首都モスクワの診療所では、ワクチン接種から半年以上たった人を対象に、今月初めからブースターショットの提供を行っている。これにより、ロシアは追加接種を始めた最初の国の1つとなった。

シンガポール
シンガポールは5月、必要に応じて今年末から来年初めにかけて追加接種を行う計画を立てていることを明らかにした。

韓国
韓国は6月、全人口5200万人を対象に、来年のブースターショットに使用するmRNAワクチンを追加で確保する予定だと発表した。

スイス
スイス保健省は、来年必要になる可能性がある追加接種分も含め、4300万回分のワクチンを発注したと発表した。スイスは感染率が非常に低いとされているが、当局の規制緩和によって感染者数は増加傾向にある。

企業の対応は
モデルナは、追加接種用ワクチンとして現行の半量となる50マイクログラム接種の可能性を検討している。同社はスペインのロヴィ、スイスのロンザとの契約により、欧州で50マイクログラム接種製品の生産を年間最大6億回分まで増やす。低用量ワクチンの生産は年内にも始まるという。



9月度
2021年9月14日 1:14 (2021年9月14日 5:25更新)
イスラエル保健省高官は12日、新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種に必要な量の確保に向けて準備する考えを示した。「いつかは不明で、3回目接種(の効果)がより長続きすることを望む」と地元メディアに語った。米ブルームバーグ通信が伝えた。

イスラエルは2020年12月から米製薬大手ファイザー製のワクチン接種を世界的に速いペースで進め、一時は新規感染者が激減した。しかし感染力の強いデルタ型の拡大で今年6月に増加に転じたのを受け、8月に3回目の接種に踏み切っていた。

2回の接種を済ませた人は人口の6割強で、70歳以上に限れば9割超に達する。同国のデータは接種から時間がたつほど感染予防効果が低下する可能性を示している。

主要メディア記事転載以上

アメリカではバイデン政権の意向により強制接種の義務化の決定により、FDA管理職が辞任、医療従事者等が職場から離れる事態になっている。
スイスではワクチン証明利用についてのデモが行われている。
スウェーデンはワクチン証明の利用は行われていないため、暴動は起きていない。
デンマークは接種者が8割を占めた時点でインフルエンザ並みの対応をとることを決定した。ワクチン証明も廃止である。
シンガポールも接種率が高止まりしたまま、デルタ株の脅威にさらされている。
日本菅義偉政権のワクチン一辺倒からの引継ぎとしてワクチン担当大臣河野氏が、二階氏、麻生氏、石破氏や小泉ジュニア氏、福田ジュニア氏の支援を取り付けたので、独走状態だ。
河野総理大臣発足後、日本はワクチン証明デジタル化へと憲法改正なくまま、有事的法が決行される見込み、新しいライフスタイルができるように見えるが、その前に大不況が先です。
金融緩和の安倍晋三と真逆の方針の河野太郎氏は、緊縮財政派、皆様お覚悟を。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「健康管理に戻る」

現在のページ: 8 / 8

  1. 【6888978】 投稿者: エンデミック  (ID:J3SUZbQTj96) 投稿日時:2022年 08月 12日 20:47

    新型コロナの今後は 流行の波、繰り返す…日本の対策に懸念 国立病院機構三重病院・谷口清州院長
    https://www.zakzak.co.jp/article/20220808-GUPTAKL4Q5MRLFL64UT2AXVO7A/
    2022.8/8 06:30

    日本では国民の地道な感染対策に加え、ワクチン接種が流行の波を抑えるのに役割を果たした。ただ既存のワクチンはオミクロン株の感染予防効果が低い。接種から半年ほどたつと入院を防ぐ効果も徐々に落ちる。

    国内のオミクロン株は「BA・2」系統が多かったが、別系統の「BA・5」に置き換わりが進む。「BA・5は過去の自然感染やワクチン接種による免疫から逃れやすく、再感染が起きやすいと言われる」と谷口さん。時間がたって集団の免疫レベルが下がると感染者が増え、上がると減ることが繰り返されると予想される。ウイルスが消え去る望みはない。

    「何度も感染することで免疫が引き上げられて多くの人の症状が軽くなり、季節によって地域で流行を繰り返す『エンデミック』な感染症になっていくのではないか」と話す。


    何度も自然感染しましょう。

  2. 【6889168】 投稿者: どうぞどうぞ  (ID:YnfRmnURs/c) 投稿日時:2022年 08月 12日 22:58

    感染する毎に、入院リスク、重症化リスク、死亡リスクが短期で上昇するという結果も出ている。

    国民の6割が感染しても尚、日々400人が亡くなるアメリカを見ても

    「何度も感染することで免疫が引き上げられて多くの人の症状が軽くなり、季節によって地域で流行を繰り返す『エンデミック』な感染症になっていくのではないか」

    という世迷い言が信じられる方はどうぞ。
    ノーガードで世界中どこでも行って下さい。

  3. 【6889649】 投稿者: 外し屋  (ID:qigqJk53lck) 投稿日時:2022年 08月 13日 12:17

    スレ本文

    「日本菅義偉政権のワクチン一辺倒からの引継ぎとしてワクチン担当大臣河野氏が、二階氏、麻生氏、石破氏や小泉ジュニア氏、福田ジュニア氏の支援を取り付けたので、独走状態だ。
    河野総理大臣発足後、日本はワクチン証明デジタル化へと憲法改正なくまま、有事的法が決行される見込み、新しいライフスタイルができるように見えるが、その前に大不況が先です。
    金融緩和の安倍晋三と真逆の方針の河野太郎氏は、緊縮財政派、皆様お覚悟を。」

    見事な外しっぷり。
    ご本人の見解を伺いたいものです。

  4. 【6890163】 投稿者: さて、ランチは何かね?   (ID:DfBEdcK/hX2) 投稿日時:2022年 08月 13日 19:53

    ヘンリー・キッシンジャー、世界保健機関(WHO)での優生学に関する会議でのスピーチ2009年2月25日

    群れが強制接種を受け入れたら、勝負はついた!?そして、より大きな利益のためなら、何でも受け入れるようになる。
    子供たちは遺伝子組み換えや不妊手術を受けることができる。大義のために。
    羊の心を支配すれば、群れを支配することができる。ワクチンメーカーは何十億もの利益を期待できますし、この部屋にいる皆さんの多くは発明家です。
    大勝利のゲームです! 群れに裸で告げ、群れは我々にお金を払って駆除サービスを提供するのです。
    群衆が、強制ワクチンを受け入れたら、それでゲームは終りだ!

    奴等はなんでも受け入れる - 血液や内臓を大多数のために強制的に寄付させたり。大多数のために、奴等の子供は遺伝子操作をして不妊にしてやる。

    羊の心を支配して、群れも支配するのだ。ワクチン製造会社は何十億ドルも儲け、今日、この部屋にいる皆の多くは、その投資家だ。
    我々双方にとって、非常に好都合。我々は群れの頭数を減らし、
    奴等は我々の絶滅サービスに金を払う。

あわせてチェックしたい関連掲示板