最終更新:

50
Comment

【6491314】地上波が報道しないワクチン摂取後の副反応(後遺症)

投稿者: 炭素   (ID:8mmvp5fbv3.) 投稿日時:2021年 09月 22日 08:54

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061500660&g=int

新型コロナウイルスは心内膜炎を引き起こす特定の細菌と共存する例が多いと、米カリフォルニア大サンディエゴ校の研究チームが15日までに英科学誌マイクロバイオームに発表した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-06/QVSRZMDWX2PT01
保健省によると、同省当局者はウエートトレーニング後に心不全を経験した16歳の男子生徒について、新型コロナワクチンとの関連を今後、検証する。この生徒は6月27日に米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンの1回目を接種。その時には何も起きなかったが、7月3日に心不全を起こした。倒れる前にはスポーツジムで、負荷が非常に大きい器具を使ったトレーニングをしていたという。

https://twitter.com/covid19maskjp/status/1424097391267913732?s=20
万一の心筋炎を防ぐため、シンガポールでは既に *ワクチン接種後1週間(軍は2週間)は激しい運動(ランニング、競技スポーツ、球技、水泳、サイクリング、重いウェイトを持ち上げる、体育等)を避けること が当然のことになっています。

コロナワクチン 副反応データベース検索サイト

covid-vaccine.jp

https://covid-vaccine.jp/moderna-medi?limit=50&sort1=no&symptom=%E5%BF%83%E7%AD%8B%E7%82%8E

モデルナ 症状 心筋炎で検索⤴

https://covid-vaccine.jp/pfizer-medi?limit=50&sort1=no&symptom=%E5%BF%83%E7%AD%8B%E7%82%8E

ファイザー 症状 心筋炎で検索⤴



心筋炎とはその筋肉である心筋に炎症が起きてしまう事により、心臓のポンプとしての働きが低下して心不全を発症し、時に危険な不整脈を併発し生命をおびやかすこともある怖い病気です。. 原因としては、コクサッキーB群などのウイルス感染が多いといわれますが、細菌感染に伴うものや、薬剤によるもの、関節リウマチなどの膠原病によるものなどもあり、原因が特定できないものも少なくありません。. 心筋炎の患者さんの一部は炎症が長引き、心臓が大きくなりポンプとしての力が低下した状態になる 拡張型心筋症 などの心筋症に移行することもありますが、一般的に心筋炎が治った後の経過は良好であり、急性期をいかにのりきるかがポイントとなります。.

参照: kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000198.html

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce98363b2a8c86d6bfdae0326c607226cefb3401


上のヤフーは現在削除されています。
不特定多数のブログで記事の紹介がある。
何故、ヤフーの元ネタが削除されたかは不明

内容をコピペしたものを添付します。

英紙ガーディアンが12日(現地時間)に報道したところによると、米カリフォルニア大学トレイシー・ホッグ博士の研究チームが今年上半期、基礎疾患がない12歳から17歳までの米国人男性を対象に、ファイザー製新型コロナワクチン2回目接種後に現れた副反応を分析した結果をこのほど発表したという。この研究結果によると、12-15歳の男性は新型コロナにかかって入院するよりも、ワクチンの副反応による心筋炎と診断される可能性の方が4-6倍高いことが分かったとのことだ。

 研究チームは、基礎疾患のない12-15歳の男性のワクチン2回接種後の心筋炎発生率を100万人当たり162.2件、16-17歳の男性の場合は94件と推定した。女性の場合は同じ年齢帯でそれぞれ13.4件と13件だった。

 一方、研究チームは、米国の新型コロナ感染率を考慮すると、12-17歳の男性が今後120日以内に新型コロナで入院する確率は100万人当たり44人と予測した。

 研究チームは「ワクチン接種後に副反応が出た10代の男性の86%は病院の治療が必要だった」「モデルナ製ワクチンも同様の副反応が現れた」としている。

 ただし、今回の研究結果は、ピアレビュー(peer review=査読)がまだ行われていないことが分かった。ガーディアン紙は、この研究データがどれだけ信頼できるのか、英国でも同様の条件で同様の数値が出るかははっきりしない、と伝えている。

 その上で、「ワクチンの副反応による心筋炎は、ほとんどが2回目の接種後に現れる」「1回だけ接種すれば、子どもを(新型コロナから)守りつつ、副反応のリスクを下げることができる」と報道した。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「健康管理に戻る」

現在のページ: 1 / 7

  1. 【6491499】 投稿者: 中国ワクチンの中国人は?  (ID:ehqvxLfCESU) 投稿日時:2021年 09月 22日 11:44

    これが知りたい。

  2. 【6491834】 投稿者: 同じようなスレ  (ID:iLlyVxzLsX2) 投稿日時:2021年 09月 22日 16:10

    いい加減にしたらどうですか?

  3. 【6491877】 投稿者: プロポリス  (ID:rwGFPZcyQtw) 投稿日時:2021年 09月 22日 16:55

    ロチア・デントカリオサって細菌名がラテンっぽい
    マクロライド系の抗生物質イベルメクチンに効果があるのも頷けるわ。

  4. 【6491886】 投稿者: ちょっと気になった  (ID:dh1dad6M3Eo) 投稿日時:2021年 09月 22日 17:03

    >ロチア・デントカリオサって細菌名がラテンっぽい

    二名法だから

    >マクロライド系の抗生物質イベルメクチンに効果があるのも頷けるわ。

    抗生物質ではなく駆虫薬

  5. 【6491903】 投稿者: ぷ  (ID:tEQAmsvkjrU) 投稿日時:2021年 09月 22日 17:14

    >>マクロライド系の抗生物質イベルメクチンに効果があるのも頷けるわ。

    >抗生物質ではなく駆虫薬


    【興和】抗寄生虫薬「イベルメクチン」コロナ患者対象に治験
    2021年07月08日 (木)


     興和は、新型コロナウイルス感染症患者を対象に抗寄生虫薬「イベルメクチン」を投与する臨床試験を開始すると発表した。北里大学の大村智特別栄誉教授、花木秀明教授、愛知医科大学の三鴨廣繁教授、東京都医師会の協力を得て実施し、イベルメクチンの実用化を目指す。


     イベルメクチンは、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村氏が発見したマクロライド系抗生物質。動物薬として寄生虫駆除に用いられているほか、オンコセルカ症(河川盲目症)やリンパ系フィラリア症など、寄生虫感染症薬としてアフリカや中南米で使用されている。

    [ 記事全文 ]

    * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

    https://www.yakuji.co.jp/entry88113.html

    薬事日報より自分が正しい?

  6. 【6491914】 投稿者: ちょっと気になった  (ID:dh1dad6M3Eo) 投稿日時:2021年 09月 22日 17:25

    某神社の土の中の放線菌のブロス由来でマクロライド系抗生物質に分類されているけれど、抗菌作用はなく、作用的には駆虫薬。だから駆虫薬と書きました。

  7. 【6491946】 投稿者: 炭治郎  (ID:M.EOzgKNpto) 投稿日時:2021年 09月 22日 17:53

    ワクチンの中身のナノ物質の中に微生物(細菌)を混入させたのか?
    それとも不衛生な環境のもとで作られ、ワクチンの瓶の中に常在菌が混入され、たまたまロシアンルーレットのようにある一定数のロットNoに心筋炎が多発しているとか。

    新型コロナウイルス単品は、ただの風邪が、おそらく常在菌と結合して最強になるのが特徴っぽい。

    イベルメクチンでウイルスと共存している微生物をまず先にノックアウト
    その後は自己免疫で治癒って感じだな。

あわせてチェックしたい関連掲示板