最終更新:

77
Comment

【7010617】内視鏡検査か3Dか

投稿者: ダイコ   (ID:zR4L/Xh7vG6) 投稿日時:2022年 11月 21日 21:40

大腸がん検査で2回のうち一回が
陽性となり精密検査を受けます。
その際に今は3dという大量に下剤を
使わずに比較的に短時間で受けられる
レントゲン検査があるみたいです。
ただしレントゲンなのでポリープなどあった場合は
切除は出来ないみたいです。

昔からの内視鏡を最近受けられた方
いらっしゃいますか?
昔受けて苦しんだ記憶があります。

どちらを受けようか迷っています。

やはりきちんとみて頂ける内視鏡の方が良いですよね。

大腸がん検診でひっかかったのが
ショックで支離滅裂の文章で
申し訳ございません
是非情報をください。宜しくお願いいたします

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「健康管理に戻る」

現在のページ: 1 / 10

  1. 【7010663】 投稿者: そうね  (ID:nLLdI0Q06Lg) 投稿日時:2022年 11月 21日 22:30

    大腸がん検査を引っかかった、というのは血液反応が出た、という事ですか?それなら、あまり心配いらないのでは?私も、痔があるので、結構ひっかかります。
    先月も内視鏡検査に行ってきましたが、最近はきれいなクリニックで、麻酔で寝たままで、気がついたら終わってました。痛くも痒くもない。恥ずかしくもない。
    下剤は飲みますが、特に苦しいわけでもなく。

    大腸がんは女性のがんNo.1とのこと。こんな楽な検査なら、毎年でも行って予防しようと思いました。

  2. 【7010676】 投稿者: ダイコ  (ID:zR4L/Xh7vG6) 投稿日時:2022年 11月 21日 22:36

    返信ありがとうございます。
    2回のうち一回目が血液反応が出ました。
    精密検査を、との事です。

    そうですか
    今は苦しくないのですね。
    20年前に経験しています。
    苦しんだ記憶があります。

    3Dレントゲンというのも選択できる
    ようです。
    でも内視鏡できちんとみてもらおうと
    思います。

  3. 【7010677】 投稿者: 今年もしました  (ID:KyADdfEV/xQ) 投稿日時:2022年 11月 21日 22:37

    内視鏡検査は何度もしています。
    今は検査前の下剤も良くなっていて、飲むのも苦痛でなくなりましたし、お腹が激しく痛くなることもなくスムーズです。
    昔は大量の下剤を飲むのも苦痛でした。

    検査は、静脈内鎮静法をしてくれるクリニックを探したらよろしいかと思います。検査による苦痛は全くありません。うとうとしている間に終わってしまいます。

  4. 【7010702】 投稿者: ダイコ  (ID:zR4L/Xh7vG6) 投稿日時:2022年 11月 21日 22:54

    ありがとうございます。
    そのような設備のある病院を
    さがします。
    大腸がん検査の要精密検査も
    落ち込みますが良い機会だと考えるようにします。

  5. 【7010703】 投稿者: うん  (ID:5O19y0vjWug) 投稿日時:2022年 11月 21日 22:55

    とにかく実費でもいいので鎮静剤を打ってもらうといいです。
    でないと腸が長くカーブしてる場合など結構キツイです。
    しかしレントゲンなどでお茶を濁さず内視鏡一択と思います。
    はっきりと見えて見落としも減ります。
    断言できないけれど、便潜血で引っかかるのは5〜10%で、がん発見率は0.10〜0.15%らしいので案外?少ないです。
    気を楽に受けてきましょう。

    そして私が主治医に言われたことは必ず毎年検査を受け続ける事です。
    これは全てのがんに言える事。(がんによっては隔年もある)

  6. 【7010714】 投稿者: ダイコ  (ID:zR4L/Xh7vG6) 投稿日時:2022年 11月 21日 23:07

    本当にありがとうございます。やはり内視鏡ですよね。
    頑張ります。

  7. 【7010724】 投稿者: 大腸CT  (ID:hBqZYuYwuIg) 投稿日時:2022年 11月 21日 23:15

    大腸のレントゲンとは、大腸CTのことと思います。

    下剤(腸管洗浄剤)は、内視鏡も大腸CTも変わりません。腸管は徹底的に綺麗にしないとなりません。

    大腸CTは大腸に二酸化炭素ガスを注入して大腸を膨らませ、微弱なX線でCTスキャンします。

    検査時間は内視鏡よりはるかに短く苦痛も少ないです。
    分解能は内視鏡とあまり変わらないとも言われます。
    しかし、その場で結果をえられず、後にCTスキャンのデータを三次元合成してから医師が画像診断するので、結果を得るまでに時間がかかります。たぶん数日。

    大腸CTは検査時間や苦痛以外に内視鏡に勝るところはあまり無いように思います。内視鏡では、医師が違和感を感じる部位を詳しく見て、場合により組織を一部採取して病理診断にまわすこともできます。

    内視鏡検査については、評判の良い専門の医院や病院であれば、苦痛は少ないです。立派な大病院でも若手医師の練習台にされるとものすごく痛いことがあります(経験あり)。

    もちろん鎮痛剤を使ってもらうことはおすすめです。

    私の場合は、職場の人間ドックでは大腸内視鏡は下行結腸限定なので、オプション料金払って大腸CTにしています。これだと大腸全体を等見てくれるので。

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す