最終更新:

57
Comment

【2861777】アナタのお気に入り5作品は?

投稿者: いつつ   (ID:Wbc4lAyQ0aI) 投稿日時:2013年 02月 14日 15:48

これまでの人生で読んだ作品の中で
特に「お気に入りの5冊」を教えて下さい。
1投稿5作品のみでお願いします!


 ~私のお気に入り5作品~

  ミーナの行進

  ワイルドスワン
  
  錦繍

  流れる星は生きている

  氷点

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「おすすめの本に戻る」

現在のページ: 7 / 8

  1. 【2929482】 投稿者: 今のところ  (ID:Kz7D61Y4fiY) 投稿日時:2013年 04月 12日 20:54

    村上春樹「雨天炎天」

    浅田次郎「椿山課長の七日間」

    重松清「きよしこ」

    東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

    内舘牧子「十二単を着た悪魔」


    です

  2. 【2929500】 投稿者: あや  (ID:4HE1qFj2oZg) 投稿日時:2013年 04月 12日 21:11

    銀河鉄道の夜

    コインロッカー・ベイビーズ

    屍鬼

    オーデュポンの祈り

    獣の奏者

    かな。

  3. 【2946993】 投稿者: 姫君*  (ID:/5mtcg8GgwQ) 投稿日時:2013年 04月 28日 15:51

     有川浩さん  「図書館戦争シリーズ」
     
     東川篤哉さん 「謎解きはディナーのあとで」

     村山早紀さん 「コンビニたそがれ堂」

     夏川草介さん 「神様のカルテ」

     森見登美彦さん「ペンギンハイウェイ」

  4. 【2947880】 投稿者: ぶるうびい  (ID:3seSwsdDOFg) 投稿日時:2013年 04月 29日 14:49

    恩田陸「夜のピクニック」
    高田郁「澪つくし料理帖シリーズ」
    池井戸潤「空飛ぶタイヤ」
    百田直樹「影法師」
    藤野恵美「ハルさん」

    今までの人生の中でのベスト5となると絞りきれなかったので、比較的最近の中の5冊を選びました。
    このスレ好きです。

  5. 【2990215】 投稿者: 乱読積読  (ID:BaGjq6yXZfU) 投稿日時:2013年 06月 02日 12:09

    「獣の奏者」 上橋菜穂子
    「it」 スティーブン・キング
    「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」 村上春樹
    「亡国のイージス」 福井晴敏
    「大草原の小さな家」シリーズ ローラ・インガルス・ワイルダー

    次点で「十二国記」「錦繍」「天使の牙」

  6. 【3007666】 投稿者: ぽんぽこ  (ID:fIJEuwYcrWk) 投稿日時:2013年 06月 17日 18:01

    青木理「絞首刑」
    鎌田彗「屠場」
    山本譲司「獄中記」
    帚木蓬生「閉鎖病棟」
    高田郁「銀二貫」

    私には重い内容のほうが残りやすいらしく
    すごいタイトルが並んでしまいましたが
    最後の銀二貫はとてもやわらかであたたかい小説です。

  7. 【3148393】 投稿者: 昭和人  (ID:3Uh1oCT9o2U) 投稿日時:2013年 10月 17日 17:08

    錦繍、流れる星は生きている、氷点、私もとても好きです。

    『しろばんば』井上靖(『天平の甍』も良かったです)
    『母のない子と子のない母と』壺井栄
    『蛍川』宮本輝(『星々の悲しみ』も)
    『兎の眼』灰谷健次郎
    『流れる』幸田文

    こうしてみると昭和に書かれた作品ばかりですね。

  8. 【4884612】 投稿者: 酉年生まれ  (ID:TV8gJbesBao) 投稿日時:2018年 02月 14日 16:31

    5作品なら選べると思ったのですが、意外に難しい。
    でも、1年に一度は読み返す作品といえは…

    『ジェーンエア 』シャーロット・ブロンテ
    『沈黙』遠藤周作
    『ケインとアベル』ジェフリー・アーチャー
    『羊をめぐる冒険』村上春樹
    『氷点』三浦綾子

    でも、他にも好きな本が沢山ありすぎて、やっぱり選べないかも!(笑)

    かなり前のスレですが、皆さんのコメントを読ませていただいて、「わー!読んでみたいなー」と思う本が沢山ありました。

    上に書いた『ジェーンエア』や私的次点の『自負と偏見』は新潮文庫版の古いものを何十年も読んできたのですが、違う翻訳家のものを読んでみるのも良いかな?と思っています。

あわせてチェックしたい関連掲示板