最終更新:

95
Comment

【3974972】小保方さんの手記

投稿者: 読みますか?   (ID:e6D9HdAcR1M) 投稿日時:2016年 01月 28日 07:39

ニュースで少し内容を見て、やっぱり可哀想になりました。

やっぱり男達のプライド合戦に利用されただけのように見えますよね。

そして、こんな若い女性に全ての罪をかぶせて逃げてしまった男たち。彼らが本当の卑怯者ですよね。

小保方さん、日本なんか捨てて海外で研究をすればいいのに。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「おすすめの本に戻る」

現在のページ: 12 / 12

  1. 【3997084】 投稿者: きゃりー神ゅ神ゅ  (ID:GHktNbm8jIk) 投稿日時:2016年 02月 13日 07:06

    小保方君は真性の○○ではないかと考えている。宮崎議員や野々村議員、佐村河内と同種の類である。何かが欠落している。もちろん責任は本人にある。

    ただそれだけでは釈然としない。手記が売れるのは興味本位だろうが、何か病的な気配を皆が感じるからではなかろうか。笑




    w

  2. 【4000092】 投稿者: 奥入瀬  (ID:38ZP.MVEn9.) 投稿日時:2016年 02月 14日 22:19

    若山先生が不安そうな面持ちで発表会に臨んだのは黒幕だからではなく自分だけで実験した時には1度も細胞ができなかったのに、なぜか彼女がやるときだけ成功した事や、彼女の日頃の素行等が常識的な研究者とかけ離れていたのを奥様共々見ていたことから、彼女を信用できない人物だと薄々気付き、疑いを抱いていたから手放しで喜べなかったのでしょう。手記を出すなら一番の被害者であるご遺族から許可して頂いたうえで書き、印税で国に不正受給した研究費を全額返還することとご遺族へのお詫びにあてるべきだと思います。何から何まで絶歌に似ていますね。擁護してる方は早めに気づかないとお子さまから馬鹿にされてしまいますよ。特に医学部進学を考えているレベルのお子様は賢いから。著名な医学部教授の方々は最初の段階から彼女を疑って見てました。

  3. 【4004094】 投稿者: 科学と思い込み  (ID:/dysccJuRQI) 投稿日時:2016年 02月 17日 15:17

    >ただそれだけでは釈然としない。手記が売れるのは興味本位だろうが、何か病的な気配を皆が感じるからではなかろうか。

    この事件を俯瞰すると、実際は存在しなかった研究成果をねつ造と口八丁で信じさせる能力を持った女性がいて、日本科学トップの組織や研究者が疑うことなくそれを信じたという前代未聞の不可解さがあると思います。

    手記の読者には彼女のファンのほかに、事件の不可解さや彼女の能力、人格を解くヒントがあるのではないかと思う人が購入しているのではないでしょうか。すでに科学ではなく、事件にまつわる読み物だから大衆の話題になっているのだと思います。
    科学的にはほとんど得るものはないので、研究者は事件、手記ともにすでにほとんど話題にしていないようです。

  4. 【4004107】 投稿者: きゃりー神ゅ神ゅ  (ID:2egxeuLbvkk) 投稿日時:2016年 02月 17日 15:37

    >この事件を俯瞰すると、実際は存在しなかった研究成果をねつ造と口八丁で信じさせる能力を持った女性がいて、


    私はここも実は怪しいと思っていて、マトモな詐欺師とは異質な真性○○なんじゃないかと。


    >日本科学トップの組織や研究者が疑うことなくそれを信じたという前代未聞の不可解さがあると思います。


    マトモな詐欺師だったら理研は騙されなかったのだろうが、ここに理研の落とし穴があったと見てる。


    w

  5. 【4004118】 投稿者: 科学と思い込み  (ID:/dysccJuRQI) 投稿日時:2016年 02月 17日 15:46

    奥入瀬さん

    笹井さんの奥様が雑誌のインタビューに答えており、以下のようにお話しています。
    不正発覚後、事実関係が把握できず関係者がまとまらずにかなり混乱していた様子がうかがえます。ちょっと長いですが引用します。
    ttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160217-00505672-shincho-soci

    >「加えて、論文に瑕疵が発覚した後、主人は著者たちの足並みの乱れにも苦労していました。論文を取り下げるか否かという議論の時も、自分の論文なら良いですが、いろいろな著者がいるので、無闇勝手に判断ができません。『あれがもし自分の論文だったらすぐに引っ込める』とは言っていましたけど、主人は責任著者の一人で、筆頭著者でもありませんでしたから。

    >ハーバードの共著者は撤回したくないと言い、一方で(責任著者の)山梨大の若山(照彦)教授はちょっと慌てていらっしゃったのか、何かある度に個人的に意見や見解を発表してしまわれていた。若山先生の所属は大学なので、広報やスポークスマンの対応が追いつかず、先生は自分で対応するしかなかったためか、だいぶ混乱していらしたのだと思うんです。ただ、主人がその度、連絡や調整に追われていた部分はありました。4月に記者会見をした時も、若山先生と一緒に行うつもりが、調整が付かず、結局、先生はなしで行いました。本当なら、理研なら理研一本に絞って、この問題へのスポークスマンを立て、公式な情報をきちんと出し続けていれば良かったのだと思います」

    まるで、原因不明の未知の伝染病が広まっているときの当局の混乱ぶりのようです。何が起こっているのか関係者にはわからず、まとめる人もいない状態だったのでしょう。
    本来なら筆頭著者である小保方さんがとりまとめて説明するところですが、不正発覚後まもなく入院してしまい調査にはあまり協力的でなく、会見では科学的説明はほぼしないで未熟だったからとの言い訳に終始していました。それが関係者のさらなる混乱やマスコミの過熱報道につながっていったと思います。

  6. 【4004598】 投稿者: 奥入瀬  (ID:ErctLIT/Xlc) 投稿日時:2016年 02月 17日 21:12

    科学と思い込みさん、笹井氏奥様のご意見の情報ありがとうございます。やはり若山先生は彼女の胡散臭さを奥様も一緒だったから見抜き警戒していたのに、とんでもない詐欺事件の片棒担がされた事に気付いて動転してしまったのですね。一番の悪の根源はハーバードの詐欺師の親玉でしょうか。日本人の税金で一生デマカセ論文もどきを発表して食べていく算段だったのかな。日本人なんて性善説だから騙しやすいと思っていたのでしょう。彼女は発表の時と実験後では声のトーンも全く違えてしおらしげに演技して国民を欺いている。「愚弄してると言われた」と話した低くて太い声が彼女の地声ね、しかしやはり
    一番気の毒なのは笹井氏とご家族ですね。こんなイカサマ詐欺師達に論文箔付けに利用され、混乱時も一番真剣に対策に追われていたという。31才の大の大人を「未熟」なんて表現した老人にも責任があります。このデータ捏造研究費不正受給事件以来、「未熟」「未熟」と刑を逃れるのに多用され出してて極めて危険ですね。犯罪者はしっかり罰して頂かないと亡くなった方が浮かばれません。一部の正義感に突き動かされた研究者のネット書き込みにより悪事がばれ始めた時に女子医大の教授が意味深なツイートして学会をすっぽかして隠れた事の情報はどなたか知りませんか?

  7. 【4007076】 投稿者: 点々  (ID:3HbENpmYATU) 投稿日時:2016年 02月 19日 16:55

    警察が動き出しましたね
    多分、あのまま静かにしていたら警察も乗り出さなかったのではないでしょうか
    小保方、理研、双方痛み分けでいつかは風化していったのでしょうに
    欲を出した方が負け、となるのか

  8. 【4389837】 投稿者: 婦人公論100周年  (ID:OIy3uhXEswU) 投稿日時:2017年 01月 08日 20:54

    小保方さんの新連載が始まります。祝復活!^ ^

「おすすめの本に戻る」

現在のページ: 12 / 12

あわせてチェックしたい関連掲示板