最終更新:

76
Comment

【4166093】国語の教科書に載ってた印象深い作品

投稿者: サヨくん   (ID:TkEtrPCnbtY) 投稿日時:2016年 07月 01日 19:23

国語の教科書に載ってた印象深い作品はありますか?
私は「夏の葬列」

子供の頃疎開先の畑で自分を助けようとした少女を突き飛ばしてしまい、少女は機銃掃射に倒れてしまう。
以来ずっと罪の意識に苦しんできた彼は偶然訪れたその地で葬列に出会う。
そして遺影を見ると、それは少女の成長した姿に相違なかった。
「よかった。あの時あの子は死ななかったんだ」
と、長年の罪悪感から解放されたのもつかの間、実はその遺影は戦争で娘を機銃掃射で失い発狂した母親のものであったことを知る。

と、いったような内容だったと思います。
私はこの作品がとても印象に残っています。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「おすすめの本に戻る」

現在のページ: 1 / 10

  1. 【4166102】 投稿者: 小学校だけど  (ID:AKG7npTI8b.) 投稿日時:2016年 07月 01日 19:32

    サーカスのライオン。
    悲しくて、ラストを何回も読んだのを覚えてる。

  2. 【4166106】 投稿者: サヨくん  (ID:TkEtrPCnbtY) 投稿日時:2016年 07月 01日 19:44

    「サーカスのライオン」は川村たかしさんの作品ですね。
    いいお話です。
    安岡章太郎の「サーカスの馬」という作品も教科書に出てきました。
    これも、印象深いお話でした。

  3. 【4166108】 投稿者: 私は  (ID:DNSf7ieTa9s) 投稿日時:2016年 07月 01日 19:47

    壊れて捨てられた(メリーゴーランドの)木馬の話が記憶に残っているのですが、ハッキリ思い出せません。ご存知の方、教えてください。

  4. 【4166120】 投稿者: 短冊  (ID:J5IZfyEsiVY) 投稿日時:2016年 07月 01日 19:54

    井上靖さんの「晩夏」 です。いまでも煙るような夏の終わりの雨の日には思い出します。そしてパイナップルの缶詰が食べたくなります。「夏の葬列」は衝撃的なお話でしたね。私の中では封印したかったのですが、子供の塾の教材にもなっており、改めて震撼させられました。
    不思議なことに中高の時より小学校時代のお話の方が覚えています。

  5. 【4166130】 投稿者: あんころもち  (ID:rcn.kubopTA) 投稿日時:2016年 07月 01日 20:01

    「火垂るの墓」野坂昭如著。
    みんなで泣きました。

    「宇治拾遺ものがたり」。
    かいもちひを食べた小坊主さんが昼寝した様子が、かわいかったです。

  6. 【4166139】 投稿者: サヨくん  (ID:87PpXG4ln/w) 投稿日時:2016年 07月 01日 20:08

    井上靖の「晩夏」はいいですね。
    避暑に来た都会の少女に眩さを感じる田舎の少年。
    何ともいえない叙情的な作品です。

  7. 【4166231】 投稿者: ふしぎなたけのこ  (ID:RGQhDWs.AMg) 投稿日時:2016年 07月 01日 21:32

    小学校の頃、新しい国語の教科書をもらうと、すぐに一番最後にある長い物語を読んでいました。

    このたけのこの物語、すごく夢があって大好きでした。

    あとは、車の色は空の色。あまんきみこさんの物語、挿し絵とともに素敵です。
    これをきっかけにたくさん読みました。

あわせてチェックしたい関連掲示板