最終更新:

23
Comment

【5078478】湊かなえ、重松清 最近読まなくなった

投稿者: うーん、   (ID:Kks/XOEFyuw) 投稿日時:18年 08月 08日 01:18

素人の言えたことではないですが、湊かなえの告白や、夜行観覧車、重松清のエイジ、君の友達などは好きでした。だから、湊かなえの少女や、重松清のエビスくん、青春夜明け前、など、(それ以外も読んだのですが、代表的に)も読みました。
湊かなえは面白かったけれど、
ミステリーといえるのかな?と思います。
恩田陸の六番目の小夜子も推理要素がはいっていなくて、ちょっと変わった雰囲気はでているけど、ミステリーと言えない感じが似ています。
重松清は中坊のような、えろい描写があって、知らないで読んだらびっくりしました。それに、その描写はいらないのではないかと。あと、お涙頂戴な感じがします。
それで最近読まなくなりました。

みなさんはどう思いますか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「おすすめの本に戻る」

現在のページ: 1 / 3

  1. 【5078510】 投稿者: まあ  (ID:19gbbkjVVPE) 投稿日時:18年 08月 08日 06:12

    子どもでも読める平易さ。成長したんだろうね。
    次のステージに進むがよい。

  2. 【5078526】 投稿者: それ  (ID:P0CyAYNVxXE) 投稿日時:18年 08月 08日 06:53

    最近の作家では、桐野夏生はけっこう読みごたえあります。
    グロテスクとか、OUTとか、柔らかな頬とか。
    佐藤愛子はエッセイで注目されてるけど、小説も血脈は面白かった。

  3. 【5078541】 投稿者: 分かる気がする  (ID:8JZRx7KK/82) 投稿日時:18年 08月 08日 07:21

    学生時代は1日に2〜3冊、つい5年ほど前までは毎日1冊は必ず小説を読んでいましたが、最近は何を読んでも食傷ぎみ。
    人気の作家さんはどんどん新作を要求されているのか、昔の小説のようには充分に時間や手間をかけてプロットを練って書いてないような気がします。途中で展開が読めてつまらない。
    それでも文章や表現が素晴らしければ引き込まれますが、最近は情景の説明なんかには行数も割かないし、心情描写もお喋りしてるような感じで平易だし、字も大きくて1ページあたりの内容も減っているし。こういう表現があるのか!と驚嘆するようなことはありません。

    ここ2〜3年は、内田樹や青木保、養老孟司あたりをよく読むようになりました。佐藤愛子のエッセイなども面白いですね。

  4. 【5078577】 投稿者: ワンアップ  (ID:A.uaF9QipXw) 投稿日時:18年 08月 08日 08:13

    スレ主さんが成長されたのだと私も思います。
    私のおすすめは吉田修一です。

  5. 【5078606】 投稿者: そうね  (ID:DaZdOqSSF2A) 投稿日時:18年 08月 08日 08:40

    湊かなえはストーリー作りは上手いのかもしれないが、文章が下手。
    重松は量産し過ぎて、書くことなくなっちゃたのかな。
    ワンパターンなところもあったし、それを脱却しようとエロ路線に行ってみたけど、失敗した。

  6. 【5078666】 投稿者: ささゆり  (ID:YUPiixKQR3c) 投稿日時:18年 08月 08日 09:34

    たしかに〜〜

    重松清が好きで、一時期はほとんど読んでいましたが・・。
    「きよしこ」とか好きでした。でも、ちょっと路線がかわったかなと
    思い始めて、読まなくなりました。夫婦生活の描写も、必要だったらいいのですが、ここでいらんでしょって描写が増えたような気がして。

    恩田陸は、真ん中くらいまでは猛烈に面白く、どんな結末だろうとわくわく読みますが、最後に収集がつかなくなって「おい、こら!」的な終わり方の物が多いのに気がつき、あまり読まなくなりました。

    桐野夏生の「柔らかな頬」
    おもしろかったです。型にはまらない実験的な作品を書いていて、
    いいですね〜

    ここのところ、高田郁の「澪つくし料理帳」とか「銀二貫」「あきない世傳」など、文庫本出版を待ちつつ読んでいました。無理な設定や奇をてらった人間がでてこず、人間模様をスキッと描いてくれるので、気持ちよく読めますし、面白いです。時代物にはまったのは初めてです。

    私も歳をとったのかな?
    複雑で奇抜な話や、きわどいシーンのでてくるものは疲れますね。

  7. 【5078681】 投稿者: 主婦  (ID:8t6Tk.Llh9k) 投稿日時:18年 08月 08日 09:43

    乾くるみ 「イニシエーションラブ」. 読書に目覚めたキッカケになった本です。最後に どんでん返しが起こる小説です。最後のページで、思わず「あぁ!!」と言ってしまいました。ミステリーと言われてますが読みやすいです。 湊かなえさんは、描写が苦手で読みません。すみません。

あわせてチェックしたい関連掲示板