最終更新:

2
Comment

【6943555】市川と渋幕の教育機関としての違い

投稿者: クーリトルリトル   (ID:to5H/ZWcQlU) 投稿日時:2022年 09月 24日 01:05

学力と進学実績でいえば渋幕が千葉ナンバーワンですが、
あくまでイメージですが教育機関として優秀というよりも
賢く優秀な生徒の地力の成果の可能性も高いのではと思います。

一方実績と偏差値では負けてる二番手の市川ですが
教員やフォローの質としては市川と渋幕では違いがあるのでしょうか?

優秀な子が優秀な進路に進学するのではなく、
そこそこの子が指導によって開花する方に期待したくなります。

此処でいう質というのは、例えばマーチレベルを早慶レベルまで引き上げることができる指導とか、
塾なしでも落ちこぼれないフォロー体制の充実とかの意味となります。

お子様がご兄弟でそれぞれに通っていると違いも分かるのかもしれないのですが、
皆さまはどうお考えでしょうか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6952477】 投稿者: そうですねぇ  (ID:/6oQaOJDmaw) 投稿日時:2022年 09月 30日 22:50

    「そこそこの子」というのが、Y55〜60くらいならば、どちらの学校も合格は難しいですね。

  2. 【6954299】 投稿者: たしかに  (ID:Zr3OhfBc0/o) 投稿日時:2022年 10月 02日 11:42

    たしかに「そこそこの子」というのがどのくらいを指しているのかによるかと。
    順当マーチのレベルの子はそもそもその二校に合格できない可能性大な気がします。中学受験の偏差値、とくにサピックスのを見るとあまり感じないですが、高校受験の偏差値を見ると千葉県内全部の中学生の中で「そこそこ」では合格できそうにない感じです。東邦が高校募集をやめた余波かもしれません。

    逆に言うと、渋幕はもちろんですが市川に合格出来るならば、早慶に届く可能性は多いにあるのではないでしょうか。大学受験は学校の体制よりも本人次第のところがあると思います。

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す