最終更新:

1163
Comment

【5058626】2019年大学受験(超困難)

投稿者: 真面目に心配   (ID:LDu6ZxkeujQ) 投稿日時:2018年 07月 17日 19:02

2018年入試で大量の浪人生が出ており、今年は大手予備校が受け入れ制限をかける事態になっています。
2019年はこの浪人生が現役生を押しのけます。

2018年は大学抑制の影響を受けた年であったが、主に東大ボーダー層という優秀層が一番影響を受けた年でもあった。
2019年は次のランクであるマーチは勿論、日東駒専にも大波が押し寄せることが予想されている。

最難関女子高でも苦戦を強いられた結果から、今年女子は推薦に群がる状況が加速しています。
女子は地方大に行かない傾向が強く、また、文系の生徒が多く、浪人を嫌うことから、影響をもろに受けて結果としてレベルを下げる受験をすると見込まれる。

近畿圏も立命館など大きな抑制を受けた大学があり、難化が進んだのがデータからも顕著であり、ランクを下げる受験に進むことはほぼ間違いなし。

西日本の大学は「西日本豪雨」の影響もあり、通常受験とは言い難い。

大学入試改革が2020年から始まるため、2019年は浪人したくないと考える受験生が増えそう。

首都圏大抑制を政府は3月に閣議で決定した。


、、、
確実に言えるのは、多くの学生はランクを下げた受験をせざるを得ないということです。

これで良いのか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「大学受験情報に戻る」

現在のページ: 111 / 146

  1. 【5082653】 投稿者: 前衛党  (ID:8Z8WbWpCu9Q) 投稿日時:2018年 08月 12日 00:59

    さきほど暇つぶしに読んでいた本に面白いことが述べてあった。
    AO試験等の欺瞞性についての疑義につき私も筆者と同感ゆえ、長いがご紹介させて頂く。

    「 たとえば平成には、東京大学をふくめて多くの大学が、ペーパーテストでは測れない能力をみるとして、面接中心の入試を導入しました。要は、地頭のよさをみるということでしょう。
    しかし『面接で大学の先生に好印象をあたえる能力』は、地頭という点では同じであっても、当然ながら『池袋西口の公園まわりでヤンキーに一目おかせる能力』とはちがいます。そして、前者は受験生の脳内に折りたたまれて入っているわけではなく、ふだん家族が見ているテレビのチャンネルや、自宅の本棚にならぶ書籍の種類、教室で級友からふられる会話の話題などの、総体として存在します。
    つまり、地頭的な能力観を取り入れると、大学受験は『階級化』するのです。」

    筆者はさらに続けていう。

    「ペーパーテストで『なにを詰め込めばいいか』が明確だったことが、どんな環境で育った人でも、勉強さえすればある程度、学歴の取得をつうじて社会的に上昇できるという平等性を担保してきました。『試験で測るのは、個人の内側に蓄積可能なタイプの『能力』にしぼる』というタテマエは、そうした公平性を確保する方便としての、意味があったのです。
    それに無自覚なまま、あたかも『地頭』も同様にあつかえるかのように面接入試を拡大して、日本の大学はいま、戦後的な平等社会のインフラという最後の機能さえも、失おうとしています。
    與那覇潤『知性は死なない』」(文藝春秋、2018)
     

  2. 【5082836】 投稿者: カフェ  (ID:xsa.NlckIhI) 投稿日時:2018年 08月 12日 10:15

    更に難化さするのかなぁ。
    不安。

  3. 【5082837】 投稿者: 入試動向分析  (ID:I1QLUmPTX2U) 投稿日時:2018年 08月 12日 10:16

    http://eic.obunsha.co.jp/analysis/201808/

    2018年入試は、センター試験の英語リスニングと国語の難化による得点伸び悩みが影響し、安全志向が高まった。さらに、国立大の「文系・教員養成系縮小」の学部改組、推薦・AO入試の募集枠拡大に伴う後期縮小の影響もあり、国立大文系志望者が、新増設の多い公立大への志望変更、さらに私立大文系学部への併願を増やしたものと見られる。


    19年入試では、私立大が推薦・AO入試も一般入試も「志願者増、合格者絞り込み」で難化が予想され、難関~中堅上位校では厳しい入試が続くものと見られる。 学部系統別では、全体として経済・社会系を中心に文系が激戦化、「文高理低」傾向が続く見込み。一方、医・薬など“理系の資格系”はやや人気ダウンか。また、看護・医療・栄養系は増設が多いものの、「文系人気」から志願者は18年並みで、既設の学部・学科は易化しそうだ。

  4. 【5082855】 投稿者: ラッキー  (ID:T9hNTueLVT2) 投稿日時:2018年 08月 12日 10:31

    今後、ますます重要性を増す理系学部への道は、近年の受験生にとってはラッキー。

    一方、文系学部受験生にとっては不運続きかもしれない。

    大学受験で苦労し、オリンピック後の就活で苦労し。。。また、その頃には今よりAIの影響が出ているだろう。

    4、5年は、このスレをどのような気持ちで読み返すことになるのだろうか。

  5. 【5082879】 投稿者: 入試分析動向  (ID:I1QLUmPTX2U) 投稿日時:2018年 08月 12日 10:53

    理系でも、学部によっていろいろ、人生いろいろ。


    データの読める文系は、新時代でも強く、
    文理融合の時代へ移行する。

  6. 【5082891】 投稿者: 前衛党  (ID:8Z8WbWpCu9Q) 投稿日時:2018年 08月 12日 11:07

    私にはそのような盲目的理系信仰の理由がよく分からない。
    この国は古来から文系主導であり、現在も変わらない現状だ。
    聞けば、最近の入試も文系に人気があるという。
    それでありながらの根強い理系信仰は、
    あるいは数学コンプレックスの裏返しなのかもしれない。

    たしかに「AI」がどうのこうのと騒がしい。
    だが、-俗論語る如く―それで文系の仕事が消滅するものであろうか。
    おそらくそうはなるまい。
    ワープロの登場時、それでペーパーレス社会になると喧伝されたものだ。
    だが逆に紙の需要が増したという。

    20世紀の私の小学生時代、21世紀にはクルマが空を走り、
    月に別荘を持つと聞かされてきた。
    残り5分の4で、はたしてそれが見込めるものか。

    陳腐だが、受験生諸氏は好きな学問を選ぶことに尽きると思う。
    識者が声高に述べる「未来論」の多くは外れに終わっている(と感じられる)。
    他人の思惑に踊らされるほど、つまらない生き方はない。

  7. 【5083127】 投稿者: おもろい  (ID:tAwFb81zK36) 投稿日時:2018年 08月 12日 15:41

    >この国は古来から文系主導であり、現在も変わらない現状だ。

    古来っていつからですか。関西人の私は古墳時代〜飛鳥時代を連想してしまうのだけれど。
    文科、理科と分け始めたのは東京帝大からかな?戦前、学徒出陣に行かされたのは文系の方だったので、理系信仰が残ったとか?

  8. 【5083131】 投稿者: おもろい  (ID:tAwFb81zK36) 投稿日時:2018年 08月 12日 15:42

    戦前じゃなかった、戦中でした。

あわせてチェックしたい関連掲示板