最終更新:

228
Comment

【5132434】就職ルール廃止vs23区大学定員抑制

投稿者: 学生へ理解を得る努力を!   (ID:8Fm9MaCuqDE) 投稿日時:2018年 10月 01日 00:03

政府は、就職ルール見直しについて本格的に議論を開始する意向であるが、これには「働き方改革法案」において「制限労働制」を加えられなかったことへの経団連への貸しが影響していると思われる。

就職ルールを廃止すれば、首都圏への就職を希望する地方大に通う学生は、就職活動において大きなハンデとなることは火を見るより明らかである。

政府は、首都圏から地方への新しい流れを作るとして、多くの反対の声もあったなか「東京23区大学の定員抑制」の法案を通したばかりである。

「東京23区大学の定員抑制」については、首都圏に住む学生を地方大に行かせることを目的としているが、その効果を疑問視する声が多い、

「就職ルール廃止」と「東京23区大学の定員見直し」の効果を考えれば、両案を大学生に説明し理解を得ることは難しいのではないか?

やっていることの方向性が違う。
政府は、教育を重要課題としながらも、どちらも「学生のため」という、最大の目的を忘れてしまってはあまいか?



政府が未来投資会議で10月から議論
毎日新聞 2018年9月6日 02時30分(最終更新 9月6日 02時37分)
LINE facebook twitterTimeline google+ はてな
 政府は5日、採用・就職活動の在り方の見直しに向けた議論を始める方針を固めた。成長戦略を検討する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)で10月から議題として取り上げる見通しだ。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「大学受験情報に戻る」

現在のページ: 5 / 29

  1. 【5134667】 投稿者: 就職協定  (ID:u6aEMD2OslM) 投稿日時:2018年 10月 03日 13:32

    ビジネスのお付き合いで、採用責任者座談会を聴きに行ったことがあります。経団連所属三社、外資一社。
    この外資の採用責任者が凄かった。

    うちは経団連に所属していないので就職協定とは関係ありません。
    インターンシップから早期採用内定を採用のメインルートとします。
    経団連の採用活動解禁時には採用活動は終わっています。
    そもそも、経団連の就職協定は、日本の大学のグローバル化のために、日本政府が、外資に優先選考権を与え、最優秀層を外資に就職させる、とのポリシーで設けられたもの。
    従って、弊社は経団連所属企業とは全く異なるタイムスケジュールで採用を行います。
    一方、経団連所属企業におかれましては、政府の外資最優先の趣旨にのっとり、協定厳守でお願いしたいし、協定破りには法的手段も援用して断固抗議していきます。本当に実行しますから、ブラフだと思わないでいただきたい。

    座談会の主催者は参っていました。経団連所属企業の責任者は制度趣旨など反論を試みましたが、外資側から、二枚舌、経団連は約束など破るためにあることを入社前に教えるために就職協定を設けてあるのか、などと怒鳴られ、さんざんな会になりました。

    ほとなく、日経に、IBMの責任者がインタビューに答える形で就職協定無視を宣言しました。

    あままでも抜け駆けの嵐でしたが、今後はさらに弱肉強食でしょう、

    しかし、企業も馬しかではなく、優秀層確保にはコストを惜しまなくなつています。
    全国どこても、がいこくでも、優秀ならなにも心配いらない。
    平均的なら圧倒的に大都市の大学が有利。

  2. 【5134686】 投稿者: まあ、  (ID:GHJrxLE/ZLw) 投稿日時:2018年 10月 03日 13:51

    世界情勢が大きく変わり、
    23区の大学は大学入試も就活も優秀な
    外国人と競争・共創して流れ、ですよね。

    今迄と同じ感覚で生きていたら時代遅れに
    なりそうです。

  3. 【5134920】 投稿者: 我慢  (ID:lP3lx9UkNTk) 投稿日時:2018年 10月 03日 19:14

    地方の人が首都圏の足を引っ張りたい気持ちもわかりますけど、教育についてそれをやっていたら、地方も一緒に沈みますよ。
    地方に生まれたら、多少優秀でもその地域から出ることは出来ない。
    そんな檻で囲まれたような制度作られて、地方創生のためにやっているので我慢下さいと言われても納得できないっしょ!

  4. 【5134987】 投稿者: 地方が不利になりますね  (ID:8SqLUP8ugSI) 投稿日時:2018年 10月 03日 20:31

    地方にいたら、就活機会が限られます。
    企業にも採用予定人数はあります。
    囲い込みが終了したら、そこまでです。
    頑張って就活機会を作ろうとすると費用がかかります。
    交通費(新幹線代)は学生にとって安いものではありませんから。

  5. 【5134993】 投稿者: ワンナイト  (ID:C5Xm5leFIb.) 投稿日時:2018年 10月 03日 20:39

    首都圏学生を地方大に行かせたいと考えている政府。
    「効果がない」「世紀の愚策」と言われても引かずに押し通した。
    そこまでしたのにどうして「就職ルール撤廃」には諸手を上げて賛成なのでしょうか?
    「働き方改革」で経団連に貸しを作ったからでしょうか?
    経済政策優先の経済産業省秘書官が上手く官邸の根回しをして、安倍さんの了解を取ったのでしょうか?
    なんとも不可思議な綱引き。
    23区抑制の意味のなさが更に浮き上がって来た気がします。

  6. 【5135055】 投稿者: この様にして  (ID:RD4kY8VidJs) 投稿日時:2018年 10月 03日 21:34

    格差って広がっていくのだと思います。
    親の経済力が住む場所を決め、
    子どもの選択の幅を決める。

  7. 【5135405】 投稿者: 地方創生にならない  (ID:pO0XTp/h5Sk) 投稿日時:2018年 10月 04日 08:20

    どこの大学を選ぶかは、どこに就職をするのかに影響するのは当たり前。
    就活に少しでも有利な大学を選ぶでしょう。
    自己研鑽のために大学にいく人もいるけど、就職のためが圧倒的に多いのだから。

    で、東京23区大抑制すると、地方大に進学する人が増えるって本当なの?
    地方創生大臣は適当な事を言ってないか?
    どこにそんな根拠たるの?
    実際に定員厳格化政策の効果はどう出たの?

    嘘の根拠で学生を苦しめているように見える。

  8. 【5136646】 投稿者: 富士吉田  (ID:LYhpZJ4t6Sc) 投稿日時:2018年 10月 05日 08:32

    内閣府主導なのがとても不思議でしょうがありません。
    文部科学省で教育の総定員と少子化の関係性について、将来の大学の在り方として議論していくなら分からなくもないです。
    急に地方創生のために始めるというのは、議論もなく暴挙に感じます。

あわせてチェックしたい関連掲示板