最終更新:

313
Comment

【5339038】2020年度の都内大学受験はさらに地獄!

投稿者: 留年も想定すべきかしら   (ID:LExnu9j/0bs) 投稿日時:2019年 03月 01日 12:23

今年は予想通り厳しい年になりましたね。

私大はA判定全て不合格なんてザラ
青山学院大学人気学科は一般入試の合格最低点が85%に届く勢い
明治立教のセンター利用の合格最低点はなんと95%
センター7科目で80%取れたのに、私大では東洋大学に不合格なんてザラ
模試の偏差値60くらい取れていたのに、日東駒専全部落ちるなんてザラ

おそろしい・・・まさに地獄です。

でも。来年の2020年度、都内の大学入試はさらに地獄ですよね・・・


予想としては、
MARCHの最上位学部は偏差値70.0
明治大学立教大学青山学院の人気学部は偏差値67.5
法政大学、中央大学、学習院大学の人気学部は偏差値65.0
法政大学、中央大学、学習院大学の不人気学部でも偏差値62.5
日東駒専の人気学部は偏差値60前後まで上がるだろうし

4年前までなら偏差値45程度だった国士舘大学や東京経済あたりでも、偏差値57~58くらいまで上がりそう・・・

逆に留年したことを考えて、共通テスト対策や4技能英語資格対策をしておいたほうがいいのかしら

うーん、戦略が必要ね

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「大学受験情報に戻る」

現在のページ: 14 / 40

  1. 【5348149】 投稿者: 難しい  (ID:Ff8AdKbj0tY) 投稿日時:2019年 03月 08日 07:47

    りすさんご返答ありがとうございます。
    では、この場合、何年度に受験する事になるのですか?

    2020年度の4月に入学する学生を2019年度の2月(1月でも11月でも)に選抜するのでは?今年度の大学の入試要項や試験問題に2019年度入学者選抜試験と書かれていたことは百も承知での質問です…

    「いつ受験するのか」を話題にするのと「いつ入学するための試験を受けるのか」に論点を置くのとで同じ事でも言い方が変わるだけではないのでしょうか。

    2020年度入試(スレ主さんの書かれている「2020年度の入試」という事ですね)という言い方が正解とは思いますが「2019年度に受験する」(2019年度では?と投稿された方はこちらの意味で書き込まれたのだと思いましたので)というのも間違いではないと思いますよ。2020年度に受験するとおかしな事になりますから…「の」と「に」の違いだと思いましたので日本語は難しいと書きました。

    今年度ではありませんが我が家でも願書を記入する際この話題がかなり論争になりました。天下の東大が間違えるはずはないと色々調べて確認した結果なので大丈夫だと思うのですが…(東大も他のところで間違いはありましたけどね…)

  2. 【5348172】 投稿者: 麻亜里  (ID:V0gPh00kClE) 投稿日時:2019年 03月 08日 08:10

    難化をさせることが教育の将来にとって必要ならば仕方ないけど、今の状況をもたらしたのは、アベノミクス政策の柱として掲げられた「地方創生」のためというのは納得いかないです。

    大学の定員抑制すれば地方大学進学者が増え、地方創生効果がありそうだという程度で内閣府により実施されてしまい、文部科学省の教育への波及の分析などを試算すら適当に終わらしてしまった。

    統計不正もそう、働き方改革もそう、外国人労働者もそう、モリカケ問題もそう、柱政策を実現するためには根拠すらねつ造してしまうという、やり方が問題です。

  3. 【5348217】 投稿者: なかなか  (ID:BPvf4n4LFPI) 投稿日時:2019年 03月 08日 08:39

    年度のズレは入試の世界特有のものなのか私も何度経験しても頭が混乱します。
    一般常識が易々と通じないところが教育行政ってことなんだろうと思ってます。

  4. 【5348272】 投稿者: 郷に入れば郷に従え  (ID:tBhilucNXl2) 投稿日時:2019年 03月 08日 09:27

    〇〇年度入試というのは、〇〇年度に入学する者を選抜する試験という意味合いで統一されているようですね。
    独特とはいえ、実際そのような解釈で運用されているのでしたら、利用者も一本化して認識した方が良いのではないですか?
    たとえば受験要項をネットで調べる際など、年度を見誤ると大変な事態になりかねません。
    入試の細かい内容が変わったとき、締め切り日など、うっかり勘違いしてしまう可能性がありますから。
    大学入試業界での共通ルール?のようなものであるのなら、それが正しいと考えるのが合理的だと思います。

  5. 【5348277】 投稿者: 郷に入れば郷に従え  (ID:tBhilucNXl2) 投稿日時:2019年 03月 08日 09:30

    なかなか様は混乱するとおっしゃってるだけでしたね。ついなかなか様宛てにしてしまい、大変失礼しました。

  6. 【5348368】 投稿者: おそらく  (ID:GaRYtyZXgXE) 投稿日時:2019年 03月 08日 10:28

    >〇〇年度入試というのは、〇〇年度に入学する者を選抜する試験という意味合いで統一されているようですね。

    これが正解ですね。
    今年受験の我が子の募集要項は全て2019ですし、過去問も最新版は2019です。
    今就活スタート解禁直後の三年生は「2020就活生」と呼ばれます。
    四月から入学する学生、四月から入社する社員、を選抜する試験
    という考え方ですね。

    本当に紛らわしくて混乱するのも仕方ないと思います。
    現場で携わる仕事してても、一瞬考えます。

  7. 【5348935】 投稿者: ?  (ID:auSGu3NQx/6) 投稿日時:2019年 03月 08日 18:47

    子供に募集要項の年度記載に不安があったので大学側に問い合わせたことがあります。

    皆さんが書かれているように2020年度(2020年4月)に入学する学生を選ぶ試験なので2020年度入試ということです。
    例えば来年の国立大前期試験は2020年2月に行われます。これは年度で表すと2019年度の2月になります。
    つまり2020年度の4月(2020年4月)に入学する学生を選ぶため2019年度の2月(2020年2月)に入学試験を行うのです。
    難しいさんが正解です。

    何年度の入試なの?と聞かれたら2020年度です。
    何年度に受験するの?と聞かれたら2019年度です。(入試の世界は独特だからと2020年度ですと答えてはいけません)

    ヨコですが以上が大学側の回答でした。

  8. 【5349028】 投稿者: 地獄  (ID:deOH.TFp6jQ) 投稿日時:2019年 03月 08日 19:54

    来年の受験生は
    三丁目寄りの二丁目。
    昨年、今年ほど地獄ではないが地獄ではある。

あわせてチェックしたい関連掲示板